2021年5月1日 ディボーション

エズラ記 2章


『神の国の民として、先陣をきる勇気』

●学んだこと: 

 バビロン捕囚から50年。半世紀もの年月は、親から子へ、またその孫へと代替わりをしていた。

 拉致されたバビロニアの地で、堅実に生活を築き、家族を増やし、氏族別、所属別に集まっては、礼拝を捧げていたことだろう。旧約時代だって、若者はイマドキだ。

「親父はさ~、グーゾー中毒だったんだってさ」、「ダサっ、ほんものの神さま知んないのか~」

 そんな平穏な日々に突然、しかもよその国の王さまから、エルサレムに帰って神殿を再建しなさいというお達し。まさに寝耳に水である。2世、3世にとってはエルサレムの方がずっと異国のはずだ。

 さらにこれは命令ではなく通達で、自由意志だという。

1:3「あなたがた誰でも主の民に属する者には、その神がともにいてくださるように。」と、

自分が神さまの民に属していると思えば、それだけでエルサレムに引っ越していいですよ、と促している。国籍が神の国ならば! さらにバビロンに残るのも自由で、旅立つ者を後方支援しようと、民族の結束まで応援してくれる。

 神さまが霊を奮い立たせると、大胆かつ細やかな思いやりをゆきわたらせることができる。全ての民を愛する神さまの粋な計らいだ。

 2章は帰還した者たちの名簿を淡々と記載している。民数記の時は神さまに命じられて、氏族や部族ごとに家系を登録したけれど、ここでは民が自発的にカウントしているようすだ。

主の民のどこに属しているか分かった方が、賛美も礼拝も、神殿の再建など役割分担もスムーズに決まる。そういう合理的な面と、ユダヤの民として家系を尊重する、アブラハムの教えを守っていたということの証でもある。

 系図書きが見つからなくなった人は、当分祭司職はできないけど、別の奉仕が割り当てられる、救済措置もありそうだ。

 あれ? 1章で出てきたリーダー、シェシュバツァルが、2章ではゼルバベルと呼び名が変わっているぞと、小さな発見もある。

 氏族の名前を声に出して読んでみる。アラフ族~羊を連れてエルサレムに引っ越しかな、エラム族~小麦を担いでいるのかな、ザト族~どんな方言で話しているんだろう? 道中、喜び勇んで賛美していたんだろうな! 帰還者たちの実像に想いを馳せる。

 それにしても、なんと勇敢な先陣か!

 平穏、安泰な生活や持ち家や農地を捨て、少しの家財道具だけでの大移動。しかもミッションはただ一つ、”主の神殿の再建”。

 2世、3世たちはソロモンの神殿を見たことがないのだ。見たことのないものを再建する、言ってみれば”賭け”でもある。いやでもきっと彼らは、神さまの霊の後押しに奮い立って、信じきって、真っしぐらに先頭に立ったのだろう。資金すらも手弁当で工面して。

 名簿の記載が目立つ2章だけれど、妙に信仰の勇気を奮い立たせてくれる。

●祈り:

「慰めよ、慰めよ、わたしの民を。

ーーあなたの神は仰せられるーー

エルサレムに優しく語りかけよ。

これに呼びかけよ。

その苦役は終わり、その咎は償われている、と。

そのすべての罪に代えて、

二倍ものものを主の手から受けている、と。」 (イザヤ40:1~2)

 神さま、あなたの慰めと愛を感謝します。アーメン

閲覧数:28回

最新記事

すべて表示

エステル記 9章 『悲しみが喜びに』 エステルの命がけの王との交渉によって逆転の人生となったユダヤの民。アダルの月 の十三日に王の命令と法令が実施された。(ユダヤ暦、アダルの月は太陽暦の2~3月頃) 「だれもユダヤ人に抵抗する者はいなかった。彼らへの恐れが、全ての民族に下ったか らからである。」2節。 ここでも神様は密かに働かれる。神だけが人の心を変えることができるのだから。 しかし、ユダヤ人の敵

エステル記8章 ハマンの企みは、見事に粉砕され、モルデガイをかけようとした木に、自らがかけられることになりました。 この出来事を、ユダヤ人を善としハマンを悪役にするような勧善懲悪的ドラマとして見るならば、まさに『半沢直樹』のような倍返しを彷彿させる痛快な結末です。そしてユダヤ人は、今も、このエステル記の出来事を記念してプリムの祭りを祝います。 しかし、これは単純にユダヤ人が善で、ハマンは悪役という

エステル記 7章 『ユダヤ民族にもいのちを与えてください』 ●学んだこと:  エステル妃の有名な名言ー。 4:16 「私は、死ななければならないのでしたら死にます。」  姿も美しく、顔だちも良く、彼女を見るすべての者から好意を受けていたエステルだが、発言は単刀直入でかなりカゲキだ。 7:3 「王様。もしも私があなた様のご好意を受けることができ、また王様がよろしければ、私の願いを聞き入れ