• HCCnichigo

2021年4月9日 ディボーション

歴代誌第二 24章

『神とその宮に対して・・・』

15~16節

 ここには、祭司エホヤダが130歳という長寿を全うして亡くなられたことが書かれている。

祭司エホヤダという人…

 彼は王国を刷新した人とも言えるだろう。過激なアタルヤ政権下に、ヨアシュの命を守り通し、神の宮で育てた祭司だ。

 そして、ヨアシュを立派に育て上げ、それからもヨアシュ王の良き理解者、良き相談相手として、祭司の中でもかしらと呼ばれる祭司長に召し出され、生涯を歩んだ。そのエホヤダが130歳でこの世を去った記録が24章に残されている。

 16節には、「彼はダビデの町に王たちとともに葬られた。」とある。異例にも、あのダビデの町に王たちとともに数えられる偉大な一人として、このエホヤダは葬られたのだ。

 その理由とは、「彼がイスラエルにおいて、神とその宮に対して良いことを行なったからである。」このように一文にまとめられたことばに心が留まる。

 彼は、「神とその宮に対して『良いこと』を行なった」のである。神様に対して、そして彼にとっては祭司と召されたその神を礼拝するその宮に対して「良いこと」を行なった。

 私自身も、エホヤダの生涯を想いつつ、主の目に適う本当に「良いこと」だけに人生をささげたい。

天のお父様、

あなたとあなたの宮に対して良いことを行なったエホヤダのように、私自身をも整え、あなたの栄光、あなたのご計画のために用いてください。アーメン。

10回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年4月30日 ディボーション

エズラ記1章 『神の摂理の深さ ~神さまは、ご自分の民をあきらめていなかった!~』 通読箇所は、再び旧約聖書に戻り、いよいよエズラ記が始まった。この書を1日1日じっくり読めるのは、実に楽しみだ。 1章の始まりから、キュロス王の解放宣言で、この書は始まる。70年の捕囚期を経て、その捕囚に終止符が打たれたのだ。ハレルヤ! しかし、誰が思ったことだろう?「平安を与える計画、あなたがたに将来と希望を与える

2021年4月29日 ディボーション

ユダの手紙 新約聖書 ユダの手紙 「神の愛のうちに自分自身を保ち、永遠の命に導く、私たちの主イエスキリストのあわれみを待ち望みなさい。」(21節) 「愛する者たち、私たちがともにあづかっている救いについて、私はあなた方に手紙を書こうと心から願っていましたが、聖徒たちにひとたび伝えられた信仰のために戦うよう、あなたがたに勧める手紙を書く必要が生じました。」(3節) 喜びの中にある時に主に違う道を示さ

2021年4月28日 ディボーション

ヨハネの手紙 第三 2021年4月28日 デイボーション ヨハネの手紙  第三 この短いヨハネの手紙 第三からガイオの謙遜さが真理にもとずいた歩みかたであるということが示された。 ガイオは、兄弟たち(巡回伝道者たち)や, 異教人たちへの接し方にたいしては、主にあってなされたふさわしいもてなし方、つまり他者の為に心から喜んで仕えること、旅人を主にあってふさわしいおくりかたをしてきた。そのガイオの行動