2021年4月7日 ディボーション

歴代誌 第二 22章

『心を尽くして主を求めること』

語られたこと:

 惜しまれることなく世を去ったエルサレムの王ヨラムの後継者になったのは、たった一人の

息子アハズヤであった。だが、この息子アハズヤも母アタルヤの助言によって悪をおこなって悲惨な人生をおくった。

 神に油そそがれたエフーによってアハズヤは殺されたが、しかし、人々は、「これは心を尽くして主を求めたヨシャファテの子である」と言って彼を葬った。神の憐れみによって人々を通してなされたこのことが心に響かされた。親でなくても先祖に誰かが「心を尽くして主を求める」なら、必ず神の報いがあることが語られた。私達も子や孫達のために、今この時を、「心を尽くして主を求める」日々を歩んでいけるようになっていくことではないだろうか。

アハズヤの死後、母親のアタルヤは残酷この上もないことをして国を治めたが、神はすでに次なる後継者となる者の為に助け人をおこされていた。それは、善良な祭司エホヤダとその妻

エホシェバは、次の王なとなるヨアシュを6年間神の宮に身を隠した。残酷なアタルヤから

幼い子を6年間も守り通してこられたのは、神の守りと善人なエホヤダとその妻のエホシェバ

のお陰だと思った。神に不可能なことはなに一つない。神はどんな小さな願いも、たとえそれが、地位や名声のある人なしにかかわらず「心を尽くして主を求める」ならば必ず願いは答えられると信じていくことである。

祈り:

 愛する天の父なる神様、今日という日を迎えさせていただき、又、みことばにふれさせていただけたことを心から感謝します。どんな時にもあなたを求めていくことができますように

導いて下さい。感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン。

閲覧数:23回

最新記事

すべて表示

エズラ記1章 『神の摂理の深さ ~神さまは、ご自分の民をあきらめていなかった!~』 通読箇所は、再び旧約聖書に戻り、いよいよエズラ記が始まった。この書を1日1日じっくり読めるのは、実に楽しみだ。 1章の始まりから、キュロス王の解放宣言で、この書は始まる。70年の捕囚期を経て、その捕囚に終止符が打たれたのだ。ハレルヤ! しかし、誰が思ったことだろう?「平安を与える計画、あなたがたに将来と希望を与える

ユダの手紙 新約聖書 ユダの手紙 「神の愛のうちに自分自身を保ち、永遠の命に導く、私たちの主イエスキリストのあわれみを待ち望みなさい。」(21節) 「愛する者たち、私たちがともにあづかっている救いについて、私はあなた方に手紙を書こうと心から願っていましたが、聖徒たちにひとたび伝えられた信仰のために戦うよう、あなたがたに勧める手紙を書く必要が生じました。」(3節) 喜びの中にある時に主に違う道を示さ

ヨハネの手紙 第三 2021年4月28日 デイボーション ヨハネの手紙  第三 この短いヨハネの手紙 第三からガイオの謙遜さが真理にもとずいた歩みかたであるということが示された。 ガイオは、兄弟たち(巡回伝道者たち)や, 異教人たちへの接し方にたいしては、主にあってなされたふさわしいもてなし方、つまり他者の為に心から喜んで仕えること、旅人を主にあってふさわしいおくりかたをしてきた。そのガイオの行動