2021年4月6日 ディボーション

二歴代誌21章


『神を信じていたユダ王国』

●ユダの王ヨシャパテは彼の父、アサのように神さまに忠実に生きたので、ユダの国は平穏であった。それが前の章までの話です。

 そしてユダの時代はヨシャパテから、その子ヨラムの時代へとバトンタッチされました。ヨラム王は祖父や父のように神を大切にして歩まず、神のないイスラエルのように歩み始めました。それは奥さん、アタルヤ(イスラエルの王、アハブの娘)の力が大きかったからです。(6節)

その結果、ヨラム王は兄弟を殺し、ユダの国にいたエドムの人たちやユダの国々の心が離れていったのです。やがてエドムの人々はユダの信仰を揺るがす国になるのです。(11節) ちなみにエドムの祖先はエサウで、イスラエルの祖先はイサクです。アブラハムが祝福された子孫がしっかりと二つの国民となって残るのです。

ヨラム王が8年間王であった時代、彼は財産を失い、不治の病にかかり死に至りました。ただ、神さまとダビデ王との契約だけがユダの国を守ったというのが21章です。あまりこの章は読みたくないところですが、こういう事があるというのが聖書です。

●お祈り

天のお父様、ユダ王ヨラムは神様から離れ、ドンドンと悪事を働いたという歴史を読みました。しかし他人事ではありません。もし、神さまを抜きにして妻を愛し、主人や友人を愛していると不幸になることを学びました。誰でも陥りそうな出来事です。どうか、神から離れたヨラム王のようではなく熱心に神を求めるものとさせてください。あなたの十字架の愛を忘れないようにさせてください。あなたが選んだように、神さまの好まれる道を選べる者となさせてください。

あなたへの信仰が、あなたとの関係がしっかりと見え、繋がり続ける事が出来るように助けてください。また、あなたが備えられた人との関係をしっかりと見極める力と判断する勇気を与えてください。あなたは死に至るまで忠実であり、復活されたことを感謝します。

イエス・キリストの御名によってお祈りします。 アーメン

閲覧数:17回

最新記事

すべて表示

エズラ記1章 『神の摂理の深さ ~神さまは、ご自分の民をあきらめていなかった!~』 通読箇所は、再び旧約聖書に戻り、いよいよエズラ記が始まった。この書を1日1日じっくり読めるのは、実に楽しみだ。 1章の始まりから、キュロス王の解放宣言で、この書は始まる。70年の捕囚期を経て、その捕囚に終止符が打たれたのだ。ハレルヤ! しかし、誰が思ったことだろう?「平安を与える計画、あなたがたに将来と希望を与える

ユダの手紙 新約聖書 ユダの手紙 「神の愛のうちに自分自身を保ち、永遠の命に導く、私たちの主イエスキリストのあわれみを待ち望みなさい。」(21節) 「愛する者たち、私たちがともにあづかっている救いについて、私はあなた方に手紙を書こうと心から願っていましたが、聖徒たちにひとたび伝えられた信仰のために戦うよう、あなたがたに勧める手紙を書く必要が生じました。」(3節) 喜びの中にある時に主に違う道を示さ

ヨハネの手紙 第三 2021年4月28日 デイボーション ヨハネの手紙  第三 この短いヨハネの手紙 第三からガイオの謙遜さが真理にもとずいた歩みかたであるということが示された。 ガイオは、兄弟たち(巡回伝道者たち)や, 異教人たちへの接し方にたいしては、主にあってなされたふさわしいもてなし方、つまり他者の為に心から喜んで仕えること、旅人を主にあってふさわしいおくりかたをしてきた。そのガイオの行動