2021年4月5日 ディボーション

旧約聖書 歴代誌第二 20章

『賛美の力』

●語られたこと

 賛美と聞いて何を思い浮かべるだろうか?主を褒め称える歌?それだけでは無い。悲痛な心の叫びをのせて賛美して良いのだと言う事をこの章で示された。


 ユダの王、ヨシャファテの時代。モアブ人、アンモン人の大群が向かって攻めてきた。またか・・・と思う。しかしそれは過去の王たちが行った過ちゆえに神様が下された罪の刈り取りによる出来事。自分の蒔いた種は自分で刈り取らなければいけない。そんな事をヨシャファテに言ったらきっと、「なんで僕が先祖の罪を刈り取らなければいけないの!」と言うかもしれない。


 全くその通り。人生において自分が何をしたんだ?と思うような仕打ちに合うことは多々ある。しかし、実は分かっていないだけかもしれない。知らず知らずのうちに、小さな罪の種を蒔いてそれが神様の時に大収穫の日が来る。良い種だけを撒けるなら良いが、悪い種も日々蒔いている私。ヨシャファテも歴代誌の記録の中には無いが、小さな罪の種を蒔いていたのかもしれない。それを気づかされた。 


 しかし、そんな時に私たちが何をすべきかがここには示されている。賛美だ。

 「彼は民と相談し、主に向かって歌う者たちと、聖なる装いをして賛美する者たちを任命した。彼らが武装した者の前に出て行って、こう言う為であった。『主に感謝せよ。その恵はとこしえまで』彼らが喜びと賛美の声をあげ始めると、主は伏兵を設けて、ユダに攻めて来たアンモン人、モアブ人、セイル山の人々を襲わせたので、彼らは打ち負かされた。(21-22節)


彼らは、父なる神様は私たちを愛し、私たちを滅ぼさない、と言う信仰があった。堅い信仰のゆえに、信じて祈り、絶体絶命の中で主にこい願った。悲痛の叫びでもある賛美。それを主は聴いてくださると言う事を示された。


 イエス様の受難のゆえに私たちは主に赦された存在。「これらすべてにおいても、私たちを愛して下さった方によって、私たちは圧倒的な勝利者です」(ローマ人への手紙8:37)異邦人である私にも愛を注ぎ、守ってくださる父なる神様とイエス様の存在によって、今私は神様の御計画の中の豊かな人生を歩ませていただいている。何と有難いことか。今日も忘れること無く歩みたい。

●祈り

 天の父なる神様。今日も沢山の気づきをありがとうございます。喜べる時も、悲しい時も私はこれからも賛美します。あなたに向かって賛美します。この心がブレる事ないよう毎日強めてください。

 主、イエスキリストの御名によってお捧げいたします。アーメン。

閲覧数:17回

最新記事

すべて表示

エズラ記1章 『神の摂理の深さ ~神さまは、ご自分の民をあきらめていなかった!~』 通読箇所は、再び旧約聖書に戻り、いよいよエズラ記が始まった。この書を1日1日じっくり読めるのは、実に楽しみだ。 1章の始まりから、キュロス王の解放宣言で、この書は始まる。70年の捕囚期を経て、その捕囚に終止符が打たれたのだ。ハレルヤ! しかし、誰が思ったことだろう?「平安を与える計画、あなたがたに将来と希望を与える

ユダの手紙 新約聖書 ユダの手紙 「神の愛のうちに自分自身を保ち、永遠の命に導く、私たちの主イエスキリストのあわれみを待ち望みなさい。」(21節) 「愛する者たち、私たちがともにあづかっている救いについて、私はあなた方に手紙を書こうと心から願っていましたが、聖徒たちにひとたび伝えられた信仰のために戦うよう、あなたがたに勧める手紙を書く必要が生じました。」(3節) 喜びの中にある時に主に違う道を示さ

ヨハネの手紙 第三 2021年4月28日 デイボーション ヨハネの手紙  第三 この短いヨハネの手紙 第三からガイオの謙遜さが真理にもとずいた歩みかたであるということが示された。 ガイオは、兄弟たち(巡回伝道者たち)や, 異教人たちへの接し方にたいしては、主にあってなされたふさわしいもてなし方、つまり他者の為に心から喜んで仕えること、旅人を主にあってふさわしいおくりかたをしてきた。そのガイオの行動