• HCCnichigo

2021年4月5日 ディボーション

旧約聖書 歴代誌第二 20章

『賛美の力』

●語られたこと

 賛美と聞いて何を思い浮かべるだろうか?主を褒め称える歌?それだけでは無い。悲痛な心の叫びをのせて賛美して良いのだと言う事をこの章で示された。


 ユダの王、ヨシャファテの時代。モアブ人、アンモン人の大群が向かって攻めてきた。またか・・・と思う。しかしそれは過去の王たちが行った過ちゆえに神様が下された罪の刈り取りによる出来事。自分の蒔いた種は自分で刈り取らなければいけない。そんな事をヨシャファテに言ったらきっと、「なんで僕が先祖の罪を刈り取らなければいけないの!」と言うかもしれない。


 全くその通り。人生において自分が何をしたんだ?と思うような仕打ちに合うことは多々ある。しかし、実は分かっていないだけかもしれない。知らず知らずのうちに、小さな罪の種を蒔いてそれが神様の時に大収穫の日が来る。良い種だけを撒けるなら良いが、悪い種も日々蒔いている私。ヨシャファテも歴代誌の記録の中には無いが、小さな罪の種を蒔いていたのかもしれない。それを気づかされた。 


 しかし、そんな時に私たちが何をすべきかがここには示されている。賛美だ。

 「彼は民と相談し、主に向かって歌う者たちと、聖なる装いをして賛美する者たちを任命した。彼らが武装した者の前に出て行って、こう言う為であった。『主に感謝せよ。その恵はとこしえまで』彼らが喜びと賛美の声をあげ始めると、主は伏兵を設けて、ユダに攻めて来たアンモン人、モアブ人、セイル山の人々を襲わせたので、彼らは打ち負かされた。(21-22節)


彼らは、父なる神様は私たちを愛し、私たちを滅ぼさない、と言う信仰があった。堅い信仰のゆえに、信じて祈り、絶体絶命の中で主にこい願った。悲痛の叫びでもある賛美。それを主は聴いてくださると言う事を示された。


 イエス様の受難のゆえに私たちは主に赦された存在。「これらすべてにおいても、私たちを愛して下さった方によって、私たちは圧倒的な勝利者です」(ローマ人への手紙8:37)異邦人である私にも愛を注ぎ、守ってくださる父なる神様とイエス様の存在によって、今私は神様の御計画の中の豊かな人生を歩ませていただいている。何と有難いことか。今日も忘れること無く歩みたい。

●祈り

 天の父なる神様。今日も沢山の気づきをありがとうございます。喜べる時も、悲しい時も私はこれからも賛美します。あなたに向かって賛美します。この心がブレる事ないよう毎日強めてください。

 主、イエスキリストの御名によってお捧げいたします。アーメン。

16回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年4月12日 ディボーション

歴代誌 第二 27章 『どんな道を歩むのか?』 人生50年も生きていると様々の事に遭遇する。しかし、そんな私でもまだ体験したことが無い事に遭遇した。銃の乱射事件の犯人が立て篭もった場所の近所に住んでいたために帰宅出来なくなった。被害者が出ないように、周辺地域は侵入禁止になってしまった。友人を送って帰宅した夜の8:30の出来事。ありがたいことに、この事件を教えてくれた姉妹が泊めてくれたので早朝の事件

2021年4月11日 ディボーション

Ⅱ歴代誌26章 26章が、ウジヤ王の物語である。預言者イザヤは、この時期から預言者活動を始めたのだが、南ユダ王国の滅亡の足音が聞こえ始めてきた時期でもある。 5節には「神を認めることを教えたゼカリヤが生きていた間は、神を求めた。また彼が主を求めていた間は、神は彼を栄えるようにされた。」とある。 しかし16節「しかし、彼が強くなると、その心は高ぶり、ついに身に滅びを招いた。彼は自分の神、主の信頼を裏

2021年4月10日ディボーション

歴代誌二 25章 『語りかけることをやめない神さま』 ●学んだこと: 列王記の時もそうだったけれど歴代誌も、こうして終盤に差しかかると記者たちの文章は定型化し、少々素っ気なくなってくる。末路を知っているからだろうか。 25章の始めではアマツヤ王の評価が簡潔に記される。 25:2 彼は主の目にかなうことを行ったが、全き心をもってではなかった。 中途半端で優柔不断な信仰者だったというわけだ。 そして章

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

​【リンク情報】
  • Facebook
  • YouTube

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com