• HCCnichigo

2021年4月4日 ディボーション

Ⅱ歴代誌19章


 18章においてヨシャファテは、北イスラエル王国のアハブと同盟を結んで戦いに出て行った。しかしアハブは、神に逆らい、預言者を迫害する、悪い王であった。そのアハブと組んだことで、ヨシャファテは、先見者エフーから「悪者を助け、主を憎む者を愛するというのですか。」(2節)と指摘されるのである。

 この事の発端は、18章1節にあるように、アハブと姻戚関係を持ったことにある。策略家であるアハブにまんまと利用されたのだ。私たちは一つなのだから一緒に戦おうと仕向けられてしまったのだ。(18:3)

 しかしヨシャファテ自身は、真実に神を求める王であったので、神は彼を王にとどめてくださった。ヨシャファテは、この神の憐みのゆえに、この出来事の後、いよいよ真実に神を求めていくようになる。

 巨視的に概観すると、ヨシャファテは良い王であった。しかし、一つ失敗してしまった。その失敗を赦されたことで、いよいよ主を求めていく王になった。という流れである。


 1節に「ユダの王ヨシャファテは、無事にエルサレムの自分の家に帰った。」とある。アハブは戦死したが、ヨシャファテは無事であった。

 この「自分の家に帰った」という言葉は、彼の本来のいるべき所に帰ったということだ。アハブと戦いに出ていった戦場は、本来彼がいるべき場所ではなかった。神の御心の場所ではなかったのだ。しかし、彼は自分の家に帰ることが出来たのだ。帰る家がある、それも神の恵みである。

語られたこと

 誰しも、失敗することがある。しかし、その失敗が失敗のままで終わってしまうか、祝福に変えられるかは、その失敗の中で神の恵みを経験するかどうかで決まるのだと思う。

 ヨシャファテは、戦場から「自分の家」に帰ることが出来た。生きて帰って来れたことに、神の恵みを見たのだろう。この恵みの経験のゆえに、この後彼は、いよいよ真実に神を求め従って行ったのである。

 私も、どんな中にあっても、そこに置かれている神の恵みを見出すものでありたい。 

祈り

 天の父なる神さま。私たちが、たとえ失敗しても、神の恵みのゆえに立ち上がらせてくださることを感謝します。この恵みのゆえに、いよいよ主を愛し、喜びをもって主に従う者でありますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


14回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年4月12日 ディボーション

歴代誌 第二 27章 『どんな道を歩むのか?』 人生50年も生きていると様々の事に遭遇する。しかし、そんな私でもまだ体験したことが無い事に遭遇した。銃の乱射事件の犯人が立て篭もった場所の近所に住んでいたために帰宅出来なくなった。被害者が出ないように、周辺地域は侵入禁止になってしまった。友人を送って帰宅した夜の8:30の出来事。ありがたいことに、この事件を教えてくれた姉妹が泊めてくれたので早朝の事件

2021年4月11日 ディボーション

Ⅱ歴代誌26章 26章が、ウジヤ王の物語である。預言者イザヤは、この時期から預言者活動を始めたのだが、南ユダ王国の滅亡の足音が聞こえ始めてきた時期でもある。 5節には「神を認めることを教えたゼカリヤが生きていた間は、神を求めた。また彼が主を求めていた間は、神は彼を栄えるようにされた。」とある。 しかし16節「しかし、彼が強くなると、その心は高ぶり、ついに身に滅びを招いた。彼は自分の神、主の信頼を裏

2021年4月10日ディボーション

歴代誌二 25章 『語りかけることをやめない神さま』 ●学んだこと: 列王記の時もそうだったけれど歴代誌も、こうして終盤に差しかかると記者たちの文章は定型化し、少々素っ気なくなってくる。末路を知っているからだろうか。 25章の始めではアマツヤ王の評価が簡潔に記される。 25:2 彼は主の目にかなうことを行ったが、全き心をもってではなかった。 中途半端で優柔不断な信仰者だったというわけだ。 そして章

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

​【リンク情報】
  • Facebook
  • YouTube

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com