top of page
  • hccnichigo

2021年4月4日 ディボーション

Ⅱ歴代誌19章


 18章においてヨシャファテは、北イスラエル王国のアハブと同盟を結んで戦いに出て行った。しかしアハブは、神に逆らい、預言者を迫害する、悪い王であった。そのアハブと組んだことで、ヨシャファテは、先見者エフーから「悪者を助け、主を憎む者を愛するというのですか。」(2節)と指摘されるのである。

 この事の発端は、18章1節にあるように、アハブと姻戚関係を持ったことにある。策略家であるアハブにまんまと利用されたのだ。私たちは一つなのだから一緒に戦おうと仕向けられてしまったのだ。(18:3)

 しかしヨシャファテ自身は、真実に神を求める王であったので、神は彼を王にとどめてくださった。ヨシャファテは、この神の憐みのゆえに、この出来事の後、いよいよ真実に神を求めていくようになる。

 巨視的に概観すると、ヨシャファテは良い王であった。しかし、一つ失敗してしまった。その失敗を赦されたことで、いよいよ主を求めていく王になった。という流れである。


 1節に「ユダの王ヨシャファテは、無事にエルサレムの自分の家に帰った。」とある。アハブは戦死したが、ヨシャファテは無事であった。

 この「自分の家に帰った」という言葉は、彼の本来のいるべき所に帰ったということだ。アハブと戦いに出ていった戦場は、本来彼がいるべき場所ではなかった。神の御心の場所ではなかったのだ。しかし、彼は自分の家に帰ることが出来たのだ。帰る家がある、それも神の恵みである。

語られたこと

 誰しも、失敗することがある。しかし、その失敗が失敗のままで終わってしまうか、祝福に変えられるかは、その失敗の中で神の恵みを経験するかどうかで決まるのだと思う。

 ヨシャファテは、戦場から「自分の家」に帰ることが出来た。生きて帰って来れたことに、神の恵みを見たのだろう。この恵みの経験のゆえに、この後彼は、いよいよ真実に神を求め従って行ったのである。

 私も、どんな中にあっても、そこに置かれている神の恵みを見出すものでありたい。 

祈り

 天の父なる神さま。私たちが、たとえ失敗しても、神の恵みのゆえに立ち上がらせてくださることを感謝します。この恵みのゆえに、いよいよ主を愛し、喜びをもって主に従う者でありますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

Comments


bottom of page