top of page
  • hccnichigo

2021年4月30日 ディボーション

エズラ記1章


『神の摂理の深さ ~神さまは、ご自分の民をあきらめていなかった!~』


 通読箇所は、再び旧約聖書に戻り、いよいよエズラ記が始まった。この書を1日1日じっくり読めるのは、実に楽しみだ。


 1章の始まりから、キュロス王の解放宣言で、この書は始まる。70年の捕囚期を経て、その捕囚に終止符が打たれたのだ。ハレルヤ!


 しかし、誰が思ったことだろう?「平安を与える計画、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。」(エレミヤ29:11)というエレミヤの預言は聞いていても、まさか将来、外国の王様キュロス王が、このように私たちを解放してくれるとは!!


 このペルシアの王様がすべての支配権を握ったその時に、主はこの王様の霊を奮い立たせた、というのだから、神様の摂理は本当に深いなぁ、と思う。

 そして同時に、キュロス王のすごさをここに垣間見る。勅令一発!このことばをもって、主の民はエルサレムに帰還したのだから。


 そして、主は、エルサレムにある主の宮を再び建てるために、人々(ユダとベニヤミンの一族のかしらたち、祭司たち、レビ人たち)全員の霊を奮い立たせた、とも書いてある。


 この時に、キュロス王の霊を奮い立たせ、人々の霊を奮い立たせた神様。そして、ご自身の摂理、計画を実行された神様。


 詩篇のみことばを思い出した。

「主よ あなたのみわざは なんと大きいことでしょう。

 あなたの御思いは あまりにも深いのです。」詩篇92:5


 まだまだ続く、神の歴史。神様と私たちの歴史。同じ神様が今日も生きて働いている事実に、何だかワクワクしてきた。



天のお父様、

 あなたのみことばを感謝します。あなたのなさった御業に、御名を崇めます!同じ神様が、今日も生きておられ、私たちもあなたの導かれる歴史の中で、エレミヤが預言した希望のことば(エレミヤ29:11)を受け取り、歩むことができる恵みを感謝します。

 主よ、私たちを、あなたの民を導き続けてください。アーメン。

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

Comments


bottom of page