• HCCnichigo

2021年4月30日 ディボーション

エズラ記1章

『神の摂理の深さ ~神さまは、ご自分の民をあきらめていなかった!~』

 通読箇所は、再び旧約聖書に戻り、いよいよエズラ記が始まった。この書を1日1日じっくり読めるのは、実に楽しみだ。

 1章の始まりから、キュロス王の解放宣言で、この書は始まる。70年の捕囚期を経て、その捕囚に終止符が打たれたのだ。ハレルヤ!

 しかし、誰が思ったことだろう?「平安を与える計画、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。」(エレミヤ29:11)というエレミヤの預言は聞いていても、まさか将来、外国の王様キュロス王が、このように私たちを解放してくれるとは!!

 このペルシアの王様がすべての支配権を握ったその時に、主はこの王様の霊を奮い立たせた、というのだから、神様の摂理は本当に深いなぁ、と思う。

 そして同時に、キュロス王のすごさをここに垣間見る。勅令一発!このことばをもって、主の民はエルサレムに帰還したのだから。

 そして、主は、エルサレムにある主の宮を再び建てるために、人々(ユダとベニヤミンの一族のかしらたち、祭司たち、レビ人たち)全員の霊を奮い立たせた、とも書いてある。

 この時に、キュロス王の霊を奮い立たせ、人々の霊を奮い立たせた神様。そして、ご自身の摂理、計画を実行された神様。

 詩篇のみことばを思い出した。

「主よ あなたのみわざは なんと大きいことでしょう。

 あなたの御思いは あまりにも深いのです。」詩篇92:5

 まだまだ続く、神の歴史。神様と私たちの歴史。同じ神様が今日も生きて働いている事実に、何だかワクワクしてきた。

天のお父様、

 あなたのみことばを感謝します。あなたのなさった御業に、御名を崇めます!同じ神様が、今日も生きておられ、私たちもあなたの導かれる歴史の中で、エレミヤが預言した希望のことば(エレミヤ29:11)を受け取り、歩むことができる恵みを感謝します。

 主よ、私たちを、あなたの民を導き続けてください。アーメン。

23回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年5月9日 ディボーション

エズラ記10章 今日は、エズラ記の最終章となり、次回からはネヘミヤ記、エステル記と続く。この3書は、バビロン捕囚後の事柄が記されている。 エズラ記は神殿の再建、ネヘミヤ記は城壁の再建が記されている。神殿本体と城壁とどちらが先に再建されたかと言うと、神殿が先である。神殿再建の時には敵の妨害により工事が中断したことを考えると、まず城壁を再建して守りを固めてから本体である神殿を再建した方が良いと考えられ

2021年5月8日 ディボーション

エズラ記 9章 『大の男が恥ずかしいと吐露する、琴線に触れる祈り』 ●学んだこと: エズラが率いる2回目の帰還者の道中。エズラは川のほとりで断食をして、神の前でへりくだり、道中の無事を神に願い求めた。 神に背くことがないよう警戒し、帰還者たちは無事にエルサレムに到着した。 ところが留守中、先に帰っていた民は、母国への帰還と神殿建築の喜びにハメを外し、異国の娘と雑婚していたのだ。しかも指導者たちが率

2021年5月7日 ディボーション

エズラ記 8章 『徹底した神への信頼』 バビロンからエルサレムへ、エズラとともに上っていった一族のかしら、その系図がここに記されている。主の民は、捕囚から解放されて帰還した、というが、実際はそんな簡単ではなかったことが、この章から分かる。 現代のような便利な乗り物があって、旅の安全が保証されているわけではない。帰還する旅も、決して楽な旅ではなかったのだ。 そこで、エズラは断食を布告した。(21節)