• HCCnichigo

2021年4月3日 ディボーション

歴代誌第二 18章

『良い牧者、イエスさまへワープ』

 イスラエルの王アハブは自分に都合の良いことだけをいう、ニセ預言者を400人もはべらせていた”裸の王様”だ。アハブお抱えの預言者たちの中で唯一ミカヤだけが、真の預言者だった。彼はこう答えた。

18:16

私は全イスラエルが、

山々に散らされているのを見た。

まるで、羊飼いのいない羊の群れのように。

そのとき主はこう言われた。

『彼らには主人がいない。

彼らをそれぞれ

自分の家に無事帰らせよ。』* 

 私たちにとっての羊飼いはイエスさまだ。復活祭のカウントダウンが始まっている今、”良い羊飼い”であるイエスさまを黙想したい。

(今日のⅡ歴18は、明日のデボーションで充分語られていることを確認したので、安心して脱線させていただきます)

ヨハネ10:11

わたしは良い牧者です。良い牧者は羊たちのためにいのちを捨てます。

 旧約では、上記*印『自分の家に帰らせよ』というように、羊飼いは羊たちを指導する役割とみなされてきたけれど、新約のヨハネでイエスさまは踏み込んで、羊飼いと羊たちの深い関係にまで言及している。そしてヨハネでは何度も、わたしたちを救うためにいのちを捨てる、とおっしゃってくださる。永遠のいのちを与えると約束してくださる。

 なんという愛!なんという恵!

ヨハネ11:25

わたしはよみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は死んでも生きるのです。

 愛する天の神さま、イエスさま、聖霊さま、あなたをあがめ感謝します。御言葉をありがとうございます。復活祭を賛美できることを喜びます。兄弟姉妹と心をひとつに祈れることを感謝して、イエスさまのお名前で捧げます。 

35回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年4月17日ディボーション

歴代誌二 32章 『祈りこそ最強の武器』 ●学んだこと: 名君ヒゼキヤ王に関する最後の記述だ。 大国アッシリア帝国が、エルサレムのヒゼキヤ王国に攻め入ろうとしている、国家存亡の危機の場面。 ヒゼキヤはまず、町の泉と川のすべてを堰き止め、水を確保した。籠城しても渇くことがないようにしたのだ。水を制するものは世界を制するというほどに強い、攻めの守り。知恵の賜を働かせたのだ。 強固な城壁の外で、アッシリ

2021年4月16日ディボーション

歴代誌 第二 31章 『喜びとともにささげる! ~神の祝福の原理~』 ヒゼキヤ王によって、民が神の民へと整えられていく。この章には、偶像が徹底的に打ち砕かれて、まことの主へと礼拝をささげていく神の民の姿がある。 それは「ささげもの」を携えて、宮へと集まる民の姿だ。ヒゼキヤ王の命令によって、この民は何の躊躇もなく、喜びとともに自分の持っているものをささげるために宮へと携えていった。 それだから、宮に

2021年4月15日 デイボーション

歴代誌 第二 30章 『恵みを分かち合う事』 「ねえ、ねえ、聞いて、聞いて、今日、こんな事があったんだよ!」娘たちを学校に迎えに行って帰る車の中の会話だ。嬉しいことがあると満面の笑顔で語ってくれる子ども達。きっとその当時のヒゼキヤもそんな気持ちだったのではないだろうか? 29章で主の宮の奉仕の用意ができ、ヒゼキヤはイスラエルとユダの全土に人を遣わし、またエフライムにある主の宮に来てイスラエルの神、

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

​【リンク情報】
  • Facebook
  • YouTube

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com