2021年4月3日 ディボーション

歴代誌第二 18章

『良い牧者、イエスさまへワープ』

 イスラエルの王アハブは自分に都合の良いことだけをいう、ニセ預言者を400人もはべらせていた”裸の王様”だ。アハブお抱えの預言者たちの中で唯一ミカヤだけが、真の預言者だった。彼はこう答えた。

18:16

私は全イスラエルが、

山々に散らされているのを見た。

まるで、羊飼いのいない羊の群れのように。

そのとき主はこう言われた。

『彼らには主人がいない。

彼らをそれぞれ

自分の家に無事帰らせよ。』* 

 私たちにとっての羊飼いはイエスさまだ。復活祭のカウントダウンが始まっている今、”良い羊飼い”であるイエスさまを黙想したい。

(今日のⅡ歴18は、明日のデボーションで充分語られていることを確認したので、安心して脱線させていただきます)

ヨハネ10:11

わたしは良い牧者です。良い牧者は羊たちのためにいのちを捨てます。

 旧約では、上記*印『自分の家に帰らせよ』というように、羊飼いは羊たちを指導する役割とみなされてきたけれど、新約のヨハネでイエスさまは踏み込んで、羊飼いと羊たちの深い関係にまで言及している。そしてヨハネでは何度も、わたしたちを救うためにいのちを捨てる、とおっしゃってくださる。永遠のいのちを与えると約束してくださる。

 なんという愛!なんという恵!

ヨハネ11:25

わたしはよみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は死んでも生きるのです。

 愛する天の神さま、イエスさま、聖霊さま、あなたをあがめ感謝します。御言葉をありがとうございます。復活祭を賛美できることを喜びます。兄弟姉妹と心をひとつに祈れることを感謝して、イエスさまのお名前で捧げます。 

閲覧数:36回

最新記事

すべて表示

エズラ記1章 『神の摂理の深さ ~神さまは、ご自分の民をあきらめていなかった!~』 通読箇所は、再び旧約聖書に戻り、いよいよエズラ記が始まった。この書を1日1日じっくり読めるのは、実に楽しみだ。 1章の始まりから、キュロス王の解放宣言で、この書は始まる。70年の捕囚期を経て、その捕囚に終止符が打たれたのだ。ハレルヤ! しかし、誰が思ったことだろう?「平安を与える計画、あなたがたに将来と希望を与える

ユダの手紙 新約聖書 ユダの手紙 「神の愛のうちに自分自身を保ち、永遠の命に導く、私たちの主イエスキリストのあわれみを待ち望みなさい。」(21節) 「愛する者たち、私たちがともにあづかっている救いについて、私はあなた方に手紙を書こうと心から願っていましたが、聖徒たちにひとたび伝えられた信仰のために戦うよう、あなたがたに勧める手紙を書く必要が生じました。」(3節) 喜びの中にある時に主に違う道を示さ

ヨハネの手紙 第三 2021年4月28日 デイボーション ヨハネの手紙  第三 この短いヨハネの手紙 第三からガイオの謙遜さが真理にもとずいた歩みかたであるということが示された。 ガイオは、兄弟たち(巡回伝道者たち)や, 異教人たちへの接し方にたいしては、主にあってなされたふさわしいもてなし方、つまり他者の為に心から喜んで仕えること、旅人を主にあってふさわしいおくりかたをしてきた。そのガイオの行動