top of page
  • HCCnichigo

2021年4月3日 ディボーション

歴代誌第二 18章


『良い牧者、イエスさまへワープ』


 イスラエルの王アハブは自分に都合の良いことだけをいう、ニセ預言者を400人もはべらせていた”裸の王様”だ。アハブお抱えの預言者たちの中で唯一ミカヤだけが、真の預言者だった。彼はこう答えた。


18:16

私は全イスラエルが、

山々に散らされているのを見た。

まるで、羊飼いのいない羊の群れのように。

そのとき主はこう言われた。

『彼らには主人がいない。

彼らをそれぞれ

自分の家に無事帰らせよ。』* 


 私たちにとっての羊飼いはイエスさまだ。復活祭のカウントダウンが始まっている今、”良い羊飼い”であるイエスさまを黙想したい。

(今日のⅡ歴18は、明日のデボーションで充分語られていることを確認したので、安心して脱線させていただきます)


ヨハネ10:11

わたしは良い牧者です。良い牧者は羊たちのためにいのちを捨てます。


 旧約では、上記*印『自分の家に帰らせよ』というように、羊飼いは羊たちを指導する役割とみなされてきたけれど、新約のヨハネでイエスさまは踏み込んで、羊飼いと羊たちの深い関係にまで言及している。そしてヨハネでは何度も、わたしたちを救うためにいのちを捨てる、とおっしゃってくださる。永遠のいのちを与えると約束してくださる。

 なんという愛!なんという恵!


ヨハネ11:25

わたしはよみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は死んでも生きるのです。


 愛する天の神さま、イエスさま、聖霊さま、あなたをあがめ感謝します。御言葉をありがとうございます。復活祭を賛美できることを喜びます。兄弟姉妹と心をひとつに祈れることを感謝して、イエスさまのお名前で捧げます。 

閲覧数:37回

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

bottom of page