top of page
  • hccnichigo

2021年4月27日 ディボーション

ヨハネの手紙 第二


『反キリストとは』

●この手紙は使徒ヨハネがエペソで書いたと言われています。一番大事なのはイエス・キリストは人であり、神であったという事です。 エペソの教会では神を神格化し過ぎて、人とは離れた遠くの者になってしまったというのです。

 その結果、神の霊を信じさえすれば救われるというのです。そのことに対してヨハネが言っているのは真理です。真理はイエス・キリストは人と成られてこの世に来て私たちを救って下さったという事です。

神が人としてこの世の中に来られたのは、私たちに真理を伝えるためでした。アヤフヤで見えない霊の世界、話ではなくてハッキリと見える世界にお生まれになりました。それはこの世を裁くためではなく救うためでした。ココに愛があります。

真理を伝えながら愛を実行する姿を見たヨハネはココで「あなたの子どもたちの中に、御父から私たちが受けた命令のとおりに真理のうちを歩んでいる人たちがあるのを知って、私は非常に喜んでいます。」(4節)

これはイエス・キリストが生きられたように私たちも、イエス様のような生き方が求められているのです。それを告白しない霊は反キリストだというのです。「よく気をつけて、私たちの労苦の実をだいなしにすることなく、豊かな報いを受けるようになりなさい。」(8節) しかし真理だけでは行き過ぎになります。それが人として上手くお付き合いが出来るようにとヨハネは伝えているのです。そして人としての交わりをしたいと言っています。


●お祈り

天のお父様、私たちはイエス様を愛していますが、イエス様のように生きていない自分の姿をココから教えられます。どうか、主にあって真理を語り、実行するものと成してください。また、人と愛をもって話をし、イエス様の中で喜べるものとしてください。またそのように成れる様に助けて下さい。感謝します。イエス・キリストの御名によってお祈りします。 アーメン

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年10月17日 ヨハネの手紙第二1章

「霊的戦い」 この2ヨハネの手紙の宛先は、1節『選ばれた婦人とその子どもたちへ」教会を支える婦人たちへの手紙で、愛と真理が繰り返されている。思い起こすと、旅の中で12使徒たちの日常の生活を支えたのも、十字架の主イエスを最後まで見守ったのも、復活の主を最初に見たのも、この選ばれた婦人たちであった。 ペテロの手紙 第一3章1節抜粋「たとえ、みことばに従わない夫であっても、妻の無言のふるまいによって神の

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

Comments


bottom of page