• HCCnichigo

2021年4月26日 ディボーション

ヨハネの手紙 第一 5章


「これらのことを書いたのは、永遠のいのちを持っていることを、あなたがたに分からせるた めです。」(13節) 私は確かに「永遠のいのち」を持っている、と実感した出来事がある。 以前の私は、猛スピードで暴走する車に遭遇した時、イラっとして、”電柱にぶつかればい いのに!” 、と「悪」の感情に心が支配された。しかし、聖書を読むようになってから、”そ んなにスピード出すと危ないよ、どうか事故しませんように”、と「愛」の感情で相手の安全 を願う心の余裕が出てきた。この変化には驚かされた。 私は何ひとつ、自分で努力や訓練をしたわけではない。ただ毎日、聖書を読んでいるうち に、私の内にある「あたたかいもの」が、外へ向かってあふれ出し始めたようだ。 この「あたたかいもの」は、イエス様を信じる私たちに与えられている「永遠のいのち」な のだと思う。私たちの内側に神様は住んでおられ、その神様からあふれ出てくる「愛」を、外 側にいる他者へ向かって表現していく。それが、神様がいちばん喜ばれる事なのだと思う。 「子どもたち、偶像から自分を守りなさい。」(21節) 残念ではあるが、私たちが生きる人間社会は、「悪」に満ちあふれている。ちょっと気をゆ るめると、すぐに「罪の種」が芽を出し、「悪」へと流されてしまう。 「偶像・悪」から自分を守るためには、どうすればいいのか。イエス・キリストとの関係を 築く「信仰」しかない、と聖書に繰り返し書かれている。しかし、「信仰」は自分の心のゆる みによって、ブレたり崩れたりしやすい。だからこそ、祈りによって神様と交わり、神の御言 葉である聖書を読み、イエス様から離れないようにしたい。

祈り: 愛する天のお父様。聖書を通して私に大切なことを教えて下さり、ありがとうございます。 私に「永遠のいのち」があることを、日々の生活の中でいつも確認できる自分でありますよう に。どんな事が起こっても、決して私の信仰が揺らぐことなく、主を信じ抜き、他者のために 祈る者でいられますように。主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン

20回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年4月30日 ディボーション

エズラ記1章 『神の摂理の深さ ~神さまは、ご自分の民をあきらめていなかった!~』 通読箇所は、再び旧約聖書に戻り、いよいよエズラ記が始まった。この書を1日1日じっくり読めるのは、実に楽しみだ。 1章の始まりから、キュロス王の解放宣言で、この書は始まる。70年の捕囚期を経て、その捕囚に終止符が打たれたのだ。ハレルヤ! しかし、誰が思ったことだろう?「平安を与える計画、あなたがたに将来と希望を与える

2021年4月29日 ディボーション

ユダの手紙 新約聖書 ユダの手紙 「神の愛のうちに自分自身を保ち、永遠の命に導く、私たちの主イエスキリストのあわれみを待ち望みなさい。」(21節) 「愛する者たち、私たちがともにあづかっている救いについて、私はあなた方に手紙を書こうと心から願っていましたが、聖徒たちにひとたび伝えられた信仰のために戦うよう、あなたがたに勧める手紙を書く必要が生じました。」(3節) 喜びの中にある時に主に違う道を示さ

2021年4月28日 ディボーション

ヨハネの手紙 第三 2021年4月28日 デイボーション ヨハネの手紙  第三 この短いヨハネの手紙 第三からガイオの謙遜さが真理にもとずいた歩みかたであるということが示された。 ガイオは、兄弟たち(巡回伝道者たち)や, 異教人たちへの接し方にたいしては、主にあってなされたふさわしいもてなし方、つまり他者の為に心から喜んで仕えること、旅人を主にあってふさわしいおくりかたをしてきた。そのガイオの行動