top of page
  • hccnichigo

2021年4月26日 ディボーション

ヨハネの手紙 第一 5章


「これらのことを書いたのは、永遠のいのちを持っていることを、あなたがたに分からせるた めです。」(13節) 私は確かに「永遠のいのち」を持っている、と実感した出来事がある。 以前の私は、猛スピードで暴走する車に遭遇した時、イラっとして、”電柱にぶつかればい いのに!” 、と「悪」の感情に心が支配された。しかし、聖書を読むようになってから、”そ んなにスピード出すと危ないよ、どうか事故しませんように”、と「愛」の感情で相手の安全 を願う心の余裕が出てきた。この変化には驚かされた。 私は何ひとつ、自分で努力や訓練をしたわけではない。ただ毎日、聖書を読んでいるうち に、私の内にある「あたたかいもの」が、外へ向かってあふれ出し始めたようだ。 この「あたたかいもの」は、イエス様を信じる私たちに与えられている「永遠のいのち」な のだと思う。私たちの内側に神様は住んでおられ、その神様からあふれ出てくる「愛」を、外 側にいる他者へ向かって表現していく。それが、神様がいちばん喜ばれる事なのだと思う。 「子どもたち、偶像から自分を守りなさい。」(21節) 残念ではあるが、私たちが生きる人間社会は、「悪」に満ちあふれている。ちょっと気をゆ るめると、すぐに「罪の種」が芽を出し、「悪」へと流されてしまう。 「偶像・悪」から自分を守るためには、どうすればいいのか。イエス・キリストとの関係を 築く「信仰」しかない、と聖書に繰り返し書かれている。しかし、「信仰」は自分の心のゆる みによって、ブレたり崩れたりしやすい。だからこそ、祈りによって神様と交わり、神の御言 葉である聖書を読み、イエス様から離れないようにしたい。

祈り: 愛する天のお父様。聖書を通して私に大切なことを教えて下さり、ありがとうございます。 私に「永遠のいのち」があることを、日々の生活の中でいつも確認できる自分でありますよう に。どんな事が起こっても、決して私の信仰が揺らぐことなく、主を信じ抜き、他者のために 祈る者でいられますように。主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン

閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年10月16日 ヨハネの手紙第一5章

『永遠のいのち』 アイゾン直子 永遠のいのちは、御子イエス・キリストを通してのみ与えられる賜物です(ロマ6:23)。主イエスはご自分のことを「わたしはよみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は死んでも生きるのです」と言われました(ヨハネ11:25)。聖書が語る永遠のいのちとは、時間に置き換えられた生と死のことではなく、キリスト・イエスご自身を指し示しています。ヨハネは諸教会にいる信者たちに、イ

2023年10月15日 ヨハネの手紙第一4章

「神は愛です。」17節(抜粋) キリストの無償な愛によって変えられたヨハネが伝えたかったのは、「神は愛です。」というその御言葉そのものにつきるのです。聖書の中で「愛」ということばは400回出てくるそうです。それほど愛というものがいかに大切であるかがわかります。 愛があるところには、平和があります。憎しみのあるところには戦いがあります。世界のいたるところで戦争をしているのは、愛を完全に失い、愛を修復

Comments


bottom of page