• HCCnichigo

2021年4月22日ディボーション

ヨハネの手紙 第一 1章


「私たちの交わりとは、御父また御子イエス・キリストとの交わりです。」(3節)

 長い長い歴代誌が終わり、今日から新約聖書に入る。イエス様が生まれてからの話。特にこの著者、ヨハネはあのヨハネの福音書の使徒ヨハネ。へブライ語で『ヤハウェは恵み深い』と言う意味らしい。どうしても私はこう言う事が気になって先になかなか進まない。因みにもう一人、大事な”洗礼者ヨハネ”と言う方もいらっしゃいますが、その話はまたいつか・・・。

 使徒ヨハネは福音書で、御子イエス様が教えてくれた事、実際に見たこと、触れたことを語り、イエス様が神様の御子であること。そしてその御子によって私たちの罪が赦された事を語っている。キリスト教入門案内書のような書物だ。

 そしてこの書簡。ヨハネが体験したことをエペソの初代教会の2世、3世の世代が受け継いでいった時代の話。「私のお父さんも、おじいさんもクリスチャンだったから・・・」と言う孫世代の話。当たり前のルーティーンのように聖書を読んで、教会に行って・・・と言う人々に『ちょっと本質に振り返ってね・・・』と使徒ヨハネは警告する。当時は反キリストであるグノーシス主義と呼ばれる異端の教えも出てきた。霊を善とし、肉や物質を開くとする霊肉二元論がその教え。そうすると、人として生まれたイエス様は真っ向否定される訳だ。信徒たちは混乱していたに違いない。

 そんな背景のある時代、使徒ヨハネは

私たちが見たもの、聞いたものを、あなたがたにも伝えます。あなた方も私たちと交わりを持つようになるためです。私たちの交わりとは、御父または御子イエス・キリストとの交わりです」(3節)そして

これらの事を書き送るのは、私たちの喜びが満ちあふれるためです。」(4節)

 使徒ヨハネは聖霊によって聖なる者へと変えられた。そして聖霊によって喜びが満ち溢れ伝道へと駆り出されていく。ヨハネがイエス様と一緒にいる時に心が満たされたように、ヨハネと交わることは御子イエス様と交わること。そして、イエス様が復活されて今日までの長い間に残された神様の御言葉に触れることはイエス様、父なる神様の心に触れる事。だから私は聖書の御言葉に励まされる。そして、兄弟姉妹との祈祷会、学び会を通して父なる神の愛に触れ心満たされている。その本質的な事がこの手紙にははっきり書かれている。だから兄弟姉妹と共にイエス様を中心に学ぶことは非常に大事な事だとあらためて確信させられた。神との交わりを求めるなら、信徒との交わりを疎かにしてはいけないとあらためて語られた。


祈り:

 天の父なる神様。今日もあなたの御言葉から教会生活の本質を学ぶことができました。ありがとうございます。これからも貴方との交わりを求めて、愛する兄弟姉妹と共に貴方の教えに耳を傾けていきたいです。なぜならイエス様、父なるお父様、貴方たちだけが変わらぬ愛を私たちに注ぎ、そして赦してくださったお方だから。

父なる神、御子イエス様の注いでくださる溢れんばかりの愛に感謝して、イエス様の御名前を通してお捧げいたします。アーメン。

16回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年4月30日 ディボーション

エズラ記1章 『神の摂理の深さ ~神さまは、ご自分の民をあきらめていなかった!~』 通読箇所は、再び旧約聖書に戻り、いよいよエズラ記が始まった。この書を1日1日じっくり読めるのは、実に楽しみだ。 1章の始まりから、キュロス王の解放宣言で、この書は始まる。70年の捕囚期を経て、その捕囚に終止符が打たれたのだ。ハレルヤ! しかし、誰が思ったことだろう?「平安を与える計画、あなたがたに将来と希望を与える

2021年4月29日 ディボーション

ユダの手紙 新約聖書 ユダの手紙 「神の愛のうちに自分自身を保ち、永遠の命に導く、私たちの主イエスキリストのあわれみを待ち望みなさい。」(21節) 「愛する者たち、私たちがともにあづかっている救いについて、私はあなた方に手紙を書こうと心から願っていましたが、聖徒たちにひとたび伝えられた信仰のために戦うよう、あなたがたに勧める手紙を書く必要が生じました。」(3節) 喜びの中にある時に主に違う道を示さ

2021年4月28日 ディボーション

ヨハネの手紙 第三 2021年4月28日 デイボーション ヨハネの手紙  第三 この短いヨハネの手紙 第三からガイオの謙遜さが真理にもとずいた歩みかたであるということが示された。 ガイオは、兄弟たち(巡回伝道者たち)や, 異教人たちへの接し方にたいしては、主にあってなされたふさわしいもてなし方、つまり他者の為に心から喜んで仕えること、旅人を主にあってふさわしいおくりかたをしてきた。そのガイオの行動