• HCCnichigo

2021年4月21日ディボーション

歴代誌 第二 36章

「あなたがた、だれでも主の民に属する者には、その神、主がともにいてくださるように。その者は上って行くようにせよ。」 -23節-

●語られたこと:

いよいよ第二歴代誌もここで終結をむかえることになった。

36章は、ヨシヤの死後に4人の王達(エホアハズ、エルヤキム、エホヤキン、ゼデキヤ)が登場する。

4人の王達全員が主の目に悪であった。神が予言者をとおして悔い改めの機会をあたえたにもかかわらずに、さらには使者を遣わすが、その使者たちを侮り笑いものにして、神に立ち返ろうとしなかった。いよいよ神の激しい憤りが民にたいして燃え上がった。神の限界はすでに頂上に達していた。神は、老若男女問わずにすべてのものをカルデア人の手によって打たれた。

 神よりもリードをする王を選んだ民も哀れなものである。ここから私も自問自答させられた。

 私自身もイエス様に出会えていなかったら、間違った選択をする道に歩んで、今の自分に決してたどり着くことができなかったと思う。真のリーダーに出会えなければ、良き人生を歩むことができない。自分自身も旧約時代に生を受けていたら、悪いリーダーであろうと、良いリーダーであろうと容赦なく従うしかなかっただろう。今は、これからもずっと、私のリーダーはイエス様ただ一人である。どんな時にも主の名を呼び求め、主からきているかどうかを主に聞き従っていき歩んでいきたい。

でも、神は、エルサレムの民を決して見捨ててはおられなかった。ペルシャの王キュロスは預言者エレミヤによって捕囚された民に宣言する。「あなたがた、だれでも主の民に属する者には、その神、主がともにいてくださるように。その者は上って行くようにせよ。」-23節-

 神の憐れみによって再びエルサレムの民はイスラエルに帰還することができた。

 歴代誌をデイボーションして示されたことは、多くの王達による失敗は決して他人事ではなく、自分自身にも問われることであること。それは、時には、神を二の次にしてしまうこと、傲慢、自信過剰、その他、などが示された。その王達の失敗を通してたくさんのことを学べることは恵みであり、感謝なことである。

●祈り:

 愛する天の父なる神様、歴代誌から多くのことを学ぶことができた恵みに心から感謝します。

 多くの王達の失敗を通して、私自身もたくさん悔い改めへの道へとしめされました。

 これからも聖書を通して、どうぞ示して下さい。その都度悔い改めへの道に進むことができますように助けて下さい。

 感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン。

15回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年4月30日 ディボーション

エズラ記1章 『神の摂理の深さ ~神さまは、ご自分の民をあきらめていなかった!~』 通読箇所は、再び旧約聖書に戻り、いよいよエズラ記が始まった。この書を1日1日じっくり読めるのは、実に楽しみだ。 1章の始まりから、キュロス王の解放宣言で、この書は始まる。70年の捕囚期を経て、その捕囚に終止符が打たれたのだ。ハレルヤ! しかし、誰が思ったことだろう?「平安を与える計画、あなたがたに将来と希望を与える

2021年4月29日 ディボーション

ユダの手紙 新約聖書 ユダの手紙 「神の愛のうちに自分自身を保ち、永遠の命に導く、私たちの主イエスキリストのあわれみを待ち望みなさい。」(21節) 「愛する者たち、私たちがともにあづかっている救いについて、私はあなた方に手紙を書こうと心から願っていましたが、聖徒たちにひとたび伝えられた信仰のために戦うよう、あなたがたに勧める手紙を書く必要が生じました。」(3節) 喜びの中にある時に主に違う道を示さ

2021年4月28日 ディボーション

ヨハネの手紙 第三 2021年4月28日 デイボーション ヨハネの手紙  第三 この短いヨハネの手紙 第三からガイオの謙遜さが真理にもとずいた歩みかたであるということが示された。 ガイオは、兄弟たち(巡回伝道者たち)や, 異教人たちへの接し方にたいしては、主にあってなされたふさわしいもてなし方、つまり他者の為に心から喜んで仕えること、旅人を主にあってふさわしいおくりかたをしてきた。そのガイオの行動