• HCCnichigo

2021年4月20日ディボーション

歴代誌 第二 35章


『ヨシア王の死』

●前の章とこの章を読むと不思議なのです。何故ヨシア王の死はあっけないものだろうか? という疑問だった。この二つの章を読むとヨシア王は素晴らしい働きをしていたことが明らかだったからです。

私は不思議に思い、何度か聖書を読み返すうちにアレッと思ったのです。それはユダの王として素晴らしい働きをし、ユダの民を神への反省へと導いたのです。しかし、ヨシア王が神に対して祈りの関係やユダの代表として、神から離れたことに対しての執り成しが無いのです。他人事でした。

王は神とユダの人たちの間に立っていたのですが、神と自分との関係が非常に薄かったのです。その結果エジプト王、ネコによって倒されたのです。

その前に、ヨシア王はエジプト王、ネコの率いる軍隊と戦うべきかどうか神に聞くべきでした。 神に聞くことをしないで、自分で判断しエジプト軍と戦い、死んでしまいました。

もう一か所、2歴代誌24章にもヨシア王の事が書かれていますが、祭司エホヤダはヨシアが一人前の王になるようにしっかりと支えていたのです。エホヤダが亡くなった後、祭司の息子、ゼカリヤをヨシア王は邪魔に感じて殺してしまったのです。どんなに素晴らしいしように見えても、神はしっかりと物事を見ておられるのです。

●お祈り

天のお父様、ユダの王ヨシアは素晴らしいことをした王でしたが、それは共に生きた祭司や預言者のお陰でした。見えるところでは素晴らしいように見えました。しかしあなたの助けがなければ私もヨシア王と変わりませんでした。どうかあなたに目を向けて生きていけるようにしてください。あなたとの関係を望んでいます。ぜひお願いします。あなたが私のようなものであっても、深い愛に感謝します。あなたへ単純にお祈りできる私であるように助けて下さい。お願いします。

イエス・キリストの御名によってお祈りします。 アーメン

19回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年4月30日 ディボーション

エズラ記1章 『神の摂理の深さ ~神さまは、ご自分の民をあきらめていなかった!~』 通読箇所は、再び旧約聖書に戻り、いよいよエズラ記が始まった。この書を1日1日じっくり読めるのは、実に楽しみだ。 1章の始まりから、キュロス王の解放宣言で、この書は始まる。70年の捕囚期を経て、その捕囚に終止符が打たれたのだ。ハレルヤ! しかし、誰が思ったことだろう?「平安を与える計画、あなたがたに将来と希望を与える

2021年4月29日 ディボーション

ユダの手紙 新約聖書 ユダの手紙 「神の愛のうちに自分自身を保ち、永遠の命に導く、私たちの主イエスキリストのあわれみを待ち望みなさい。」(21節) 「愛する者たち、私たちがともにあづかっている救いについて、私はあなた方に手紙を書こうと心から願っていましたが、聖徒たちにひとたび伝えられた信仰のために戦うよう、あなたがたに勧める手紙を書く必要が生じました。」(3節) 喜びの中にある時に主に違う道を示さ

2021年4月28日 ディボーション

ヨハネの手紙 第三 2021年4月28日 デイボーション ヨハネの手紙  第三 この短いヨハネの手紙 第三からガイオの謙遜さが真理にもとずいた歩みかたであるということが示された。 ガイオは、兄弟たち(巡回伝道者たち)や, 異教人たちへの接し方にたいしては、主にあってなされたふさわしいもてなし方、つまり他者の為に心から喜んで仕えること、旅人を主にあってふさわしいおくりかたをしてきた。そのガイオの行動