• HCCnichigo

2021年4月17日ディボーション

歴代誌二 32章

『祈りこそ最強の武器』


●学んだこと:

 名君ヒゼキヤ王に関する最後の記述だ。

 大国アッシリア帝国が、エルサレムのヒゼキヤ王国に攻め入ろうとしている、国家存亡の危機の場面。

 ヒゼキヤはまず、町の泉と川のすべてを堰き止め、水を確保した。籠城しても渇くことがないようにしたのだ。水を制するものは世界を制するというほどに強い、攻めの守り。知恵の賜を働かせたのだ。

 強固な城壁の外で、アッシリアはヒゼキヤとその民を口汚く罵り、王と民の信頼関係を打ち砕こうとする。あざけり、嘲笑、脅迫のあらゆる罵詈雑言 でケンカをふっかけ、戦いを挑発する。

 これは私たちの日常の中にもよくあることだ。友人や家族の間で、相手を非難するちょっとした一言にイラッとする、ムカつく。政治家たちの意図的なジャブ、悪質なヘイトスピーチ・・・世界中、至るところで一触即発だ。

 ヒゼキヤは自分が侮辱されたにもかかわらず、まっさきに民を気遣って励ました。

「強くあれ、雄々しくあれ~~大いなる方が、私たちとともにいてくださる~~」(7節)

 ヒゼキヤが守るのではなく、神さまが ”私たち” を守ってくださると、自らはへり下り、民との団結を強める。ヒゼキヤの心は怒りの火柱を抱えていただろうに、グッと踏みとどまる。

肉の反応をせず、神さまから与えられた賜を使い、耐え忍んだ。

 アッシリア王の家来はしつこく悪口を浴びせ続ける。脅迫状まで送りつけてくる。

 ヒゼキヤ王は民を励ますやいなや神殿に入り、祈り、天に叫び求めた。すると、

32:21「主は御使を遣わせて、アッシリアの王の陣営にいたすべての勇士、指揮官、隊長を全滅させた。」

 アッシリアの罵詈雑言は32章の中で、くどくどと20行以上も続いたのに、神さまの御技はたった2行で完結だ。

 主を信頼した時、神さまは戦ってくださる。祈りこそ、最強の武器となるのだ。

 この場面、イザヤ書の36章から一緒に読むとさらに興味深い。また、ヒゼキヤ王の功績、ギホンの泉の灌漑について遡れば、エデンの園を潤した川にもたどり着く(創2:13)。

 長かった歴代誌も残すところあと4章。難しかった分、名残惜しくもある。歴代誌ロスは、ヒゼキヤゆかりの聖書箇所をツアーしてみようかな。

●祈り:

 愛する天の神さま、100%主により頼んで祈った時、あなたは最も最善の道を与えてくださいます。そのことを信じて感謝します。だからどうかあわれんで、100%信じる力を与えてください。肉の自分が前に出ませんよう、鎮まることを覚えさせてください。

 イエスさまのお名前で祈ります。アーメン

24回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年4月30日 ディボーション

エズラ記1章 『神の摂理の深さ ~神さまは、ご自分の民をあきらめていなかった!~』 通読箇所は、再び旧約聖書に戻り、いよいよエズラ記が始まった。この書を1日1日じっくり読めるのは、実に楽しみだ。 1章の始まりから、キュロス王の解放宣言で、この書は始まる。70年の捕囚期を経て、その捕囚に終止符が打たれたのだ。ハレルヤ! しかし、誰が思ったことだろう?「平安を与える計画、あなたがたに将来と希望を与える

2021年4月29日 ディボーション

ユダの手紙 新約聖書 ユダの手紙 「神の愛のうちに自分自身を保ち、永遠の命に導く、私たちの主イエスキリストのあわれみを待ち望みなさい。」(21節) 「愛する者たち、私たちがともにあづかっている救いについて、私はあなた方に手紙を書こうと心から願っていましたが、聖徒たちにひとたび伝えられた信仰のために戦うよう、あなたがたに勧める手紙を書く必要が生じました。」(3節) 喜びの中にある時に主に違う道を示さ

2021年4月28日 ディボーション

ヨハネの手紙 第三 2021年4月28日 デイボーション ヨハネの手紙  第三 この短いヨハネの手紙 第三からガイオの謙遜さが真理にもとずいた歩みかたであるということが示された。 ガイオは、兄弟たち(巡回伝道者たち)や, 異教人たちへの接し方にたいしては、主にあってなされたふさわしいもてなし方、つまり他者の為に心から喜んで仕えること、旅人を主にあってふさわしいおくりかたをしてきた。そのガイオの行動