top of page
  • HCCnichigo

2021年4月17日ディボーション

歴代誌二 32章


『祈りこそ最強の武器』



●学んだこと:


 名君ヒゼキヤ王に関する最後の記述だ。

 大国アッシリア帝国が、エルサレムのヒゼキヤ王国に攻め入ろうとしている、国家存亡の危機の場面。

 ヒゼキヤはまず、町の泉と川のすべてを堰き止め、水を確保した。籠城しても渇くことがないようにしたのだ。水を制するものは世界を制するというほどに強い、攻めの守り。知恵の賜を働かせたのだ。


 強固な城壁の外で、アッシリアはヒゼキヤとその民を口汚く罵り、王と民の信頼関係を打ち砕こうとする。あざけり、嘲笑、脅迫のあらゆる罵詈雑言 でケンカをふっかけ、戦いを挑発する。

 これは私たちの日常の中にもよくあることだ。友人や家族の間で、相手を非難するちょっとした一言にイラッとする、ムカつく。政治家たちの意図的なジャブ、悪質なヘイトスピーチ・・・世界中、至るところで一触即発だ。


 ヒゼキヤは自分が侮辱されたにもかかわらず、まっさきに民を気遣って励ました。

「強くあれ、雄々しくあれ~~大いなる方が、私たちとともにいてくださる~~」(7節)

 ヒゼキヤが守るのではなく、神さまが ”私たち” を守ってくださると、自らはへり下り、民との団結を強める。ヒゼキヤの心は怒りの火柱を抱えていただろうに、グッと踏みとどまる。

肉の反応をせず、神さまから与えられた賜を使い、耐え忍んだ。

 アッシリア王の家来はしつこく悪口を浴びせ続ける。脅迫状まで送りつけてくる。

 ヒゼキヤ王は民を励ますやいなや神殿に入り、祈り、天に叫び求めた。すると、


32:21「主は御使を遣わせて、アッシリアの王の陣営にいたすべての勇士、指揮官、隊長を全滅させた。」


 アッシリアの罵詈雑言は32章の中で、くどくどと20行以上も続いたのに、神さまの御技はたった2行で完結だ。

 主を信頼した時、神さまは戦ってくださる。祈りこそ、最強の武器となるのだ。


 この場面、イザヤ書の36章から一緒に読むとさらに興味深い。また、ヒゼキヤ王の功績、ギホンの泉の灌漑について遡れば、エデンの園を潤した川にもたどり着く(創2:13)。

 長かった歴代誌も残すところあと4章。難しかった分、名残惜しくもある。歴代誌ロスは、ヒゼキヤゆかりの聖書箇所をツアーしてみようかな。


●祈り:


 愛する天の神さま、100%主により頼んで祈った時、あなたは最も最善の道を与えてくださいます。そのことを信じて感謝します。だからどうかあわれんで、100%信じる力を与えてください。肉の自分が前に出ませんよう、鎮まることを覚えさせてください。

 イエスさまのお名前で祈ります。アーメン

閲覧数:25回

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

bottom of page