• HCCnichigo

2021年4月16日ディボーション

歴代誌 第二 31章

『喜びとともにささげる! ~神の祝福の原理~』

 ヒゼキヤ王によって、民が神の民へと整えられていく。この章には、偶像が徹底的に打ち砕かれて、まことの主へと礼拝をささげていく神の民の姿がある。

 それは「ささげもの」を携えて、宮へと集まる民の姿だ。ヒゼキヤ王の命令によって、この民は何の躊躇もなく、喜びとともに自分の持っているものをささげるために宮へと携えていった。

 それだから、宮には、いくつものささげものの山が積み上がったというのだから、すごい。ヒゼキヤ王のこの命令というのは、そもそも祭司とレビ人が、主の律法に専念するために、民に呼びかけたのだった。この王の呼びかけに、民は応えて、進んでささげたのだった。

 その、ささげられた奉納物の山を祭司の長アザルヤは、このように王に説明した。

「人々が奉納物を主の宮に携えて来ることを始めてから、食べて満ち足り、たくさん残るようになりました。主が御民を祝福されたので、その残りがこんなにたくさんあるのです。」10節

 これこそ、神の祝福の原理である。ささげたら、ささげるだけ、あり余るほどに満ち足りるのだ。それは、主がその御民を祝福されるからに他ならない。

 私は、毎週の礼拝で献金の時に朗読される箴言のみことばを思い出した。

「あなたの財産で主をあがめよ。あなたのすべての収穫の初物で。

 そうすれば、あなたの倉は豊かさで満たされ、あなたの石がめは新しいぶどう酒であふれる。」

天のお父様、

あなたから与えられたすべての恵みを感謝します。31章で民が喜びとともにささげものを携えて、宮へと入っていった、その「ささげる喜び」を私にも与えてください。

そして、あなたの祝福の原理をもっともっと体験させてください。アーメン。

17回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年4月30日 ディボーション

エズラ記1章 『神の摂理の深さ ~神さまは、ご自分の民をあきらめていなかった!~』 通読箇所は、再び旧約聖書に戻り、いよいよエズラ記が始まった。この書を1日1日じっくり読めるのは、実に楽しみだ。 1章の始まりから、キュロス王の解放宣言で、この書は始まる。70年の捕囚期を経て、その捕囚に終止符が打たれたのだ。ハレルヤ! しかし、誰が思ったことだろう?「平安を与える計画、あなたがたに将来と希望を与える

2021年4月29日 ディボーション

ユダの手紙 新約聖書 ユダの手紙 「神の愛のうちに自分自身を保ち、永遠の命に導く、私たちの主イエスキリストのあわれみを待ち望みなさい。」(21節) 「愛する者たち、私たちがともにあづかっている救いについて、私はあなた方に手紙を書こうと心から願っていましたが、聖徒たちにひとたび伝えられた信仰のために戦うよう、あなたがたに勧める手紙を書く必要が生じました。」(3節) 喜びの中にある時に主に違う道を示さ

2021年4月28日 ディボーション

ヨハネの手紙 第三 2021年4月28日 デイボーション ヨハネの手紙  第三 この短いヨハネの手紙 第三からガイオの謙遜さが真理にもとずいた歩みかたであるということが示された。 ガイオは、兄弟たち(巡回伝道者たち)や, 異教人たちへの接し方にたいしては、主にあってなされたふさわしいもてなし方、つまり他者の為に心から喜んで仕えること、旅人を主にあってふさわしいおくりかたをしてきた。そのガイオの行動