• HCCnichigo

2021年4月13日 デボーション

2歴代誌28章


『神に敵対したアハズ王』


●前の章ではアハズの父ヨタム王は主の目にかなう事をした。それをアハズは身をもって体験している筈です。しかしこの章ではいきなり、ダビデ王との比較が載っている。ダビデ王と比較されては溜まったものではない。全ての王が失格になるのではないかと思ってしまいました。

彼はイスラエルの王たちと同じように生きた。その結果、アラムにも敗れ、イスラエルとの戦いにも敗れた。ユダの敵、エフライム族にも主は現れて、ユダの国を助けるようにお願いしました。けれどもアハズ王はアッスリヤに助けを求めたというのです。しかしそれは何の役にも立たなかったのです。

この章を見ると本当に人間の罪が見られるのです。天の神さまはアハズ王に自分のところに助けを求めるように災いがもたらされたというのです。そこでアハズ王は神さまに自分と神さまとの関係を伝えればよかったのですが、彼は神さまに助けを求めないで、違うものに助けを求めたのです。

私たちは決して、ダビデやイエスさまのようではありません。しかし、神の目にかなった王や人々は神に敵対することは決してしませんでした。ここでは神の選びよりも、もっと大切な事、人として天の神さまとどのように生きるのかと問われているように私は思うのです。どうかイエス様と生涯お付き合いをして欲しいと願うのです。

●お祈り

天のお父様、ユダ王アハズは神様がいることを知っているのに自分の力により頼んだのは悲しいことです。悲しい人生です。

私も一時的に苦しい時、負けているような人生、辛い中でも大胆にあなたに心を向けさせてください。もしアハズ王のような心の中に固いものが出来たとしても、私の中に住んでいてくださる聖霊様がそれを気付かせてください。

ぜひお願いします。あなたが私のような罪深いものに聖霊をくださって感謝します。あなたの思いが私の心の中に充満させて下さい。お願いします。

 イエス・キリストの御名によってお祈りします。 アーメン

20回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年4月30日 ディボーション

エズラ記1章 『神の摂理の深さ ~神さまは、ご自分の民をあきらめていなかった!~』 通読箇所は、再び旧約聖書に戻り、いよいよエズラ記が始まった。この書を1日1日じっくり読めるのは、実に楽しみだ。 1章の始まりから、キュロス王の解放宣言で、この書は始まる。70年の捕囚期を経て、その捕囚に終止符が打たれたのだ。ハレルヤ! しかし、誰が思ったことだろう?「平安を与える計画、あなたがたに将来と希望を与える

2021年4月29日 ディボーション

ユダの手紙 新約聖書 ユダの手紙 「神の愛のうちに自分自身を保ち、永遠の命に導く、私たちの主イエスキリストのあわれみを待ち望みなさい。」(21節) 「愛する者たち、私たちがともにあづかっている救いについて、私はあなた方に手紙を書こうと心から願っていましたが、聖徒たちにひとたび伝えられた信仰のために戦うよう、あなたがたに勧める手紙を書く必要が生じました。」(3節) 喜びの中にある時に主に違う道を示さ

2021年4月28日 ディボーション

ヨハネの手紙 第三 2021年4月28日 デイボーション ヨハネの手紙  第三 この短いヨハネの手紙 第三からガイオの謙遜さが真理にもとずいた歩みかたであるということが示された。 ガイオは、兄弟たち(巡回伝道者たち)や, 異教人たちへの接し方にたいしては、主にあってなされたふさわしいもてなし方、つまり他者の為に心から喜んで仕えること、旅人を主にあってふさわしいおくりかたをしてきた。そのガイオの行動