• HCCnichigo

2021年4月11日 ディボーション

Ⅱ歴代誌26章


 26章が、ウジヤ王の物語である。預言者イザヤは、この時期から預言者活動を始めたのだが、南ユダ王国の滅亡の足音が聞こえ始めてきた時期でもある。

 5節には「神を認めることを教えたゼカリヤが生きていた間は、神を求めた。また彼が主を求めていた間は、神は彼を栄えるようにされた。」とある。

 しかし16節「しかし、彼が強くなると、その心は高ぶり、ついに身に滅びを招いた。彼は自分の神、主の信頼を裏切った。香の壇の上で香をたこうとして主の神殿に入ったのである。」とある。これは偶像礼拝のための香のことである。

 しかし、このウジヤの暴挙に対して、10人の勇敢な祭司がウジヤの前に立ちはだかって、それを阻止しようとしたのである。


 「彼が強くなると」とあるが、まだ若い時は、祭司ゼカリヤに頼っていたが、強くなった時に、主を求めることをしなくなる。

 このウジヤに立ちはだかった祭司たちは、勇敢であった。そして真の家臣であった。王の誤りに対して、命を懸けて諭すことこそ、真の仕える者の姿であろう。

 しかし、祭司たちの命がけの訴えにも関わらず、ウジヤは激しく怒った。そのゆえに、彼はツァラトに冒され隔離された。おそらく孤独で寂しい人生を送ったことだろう。

 強くなったために、主を求めることをやめてしまう。これも繰り返されているパターンである。

 私たちは、強いことは、弱いことより良いことだと思いやすい。貧しいより富んでいる方が、持っていないよりも持っている方が、出来ないよりは出来る方が、良いと思いやすい。

 しかし、大切なのは、主を求めることだ。強くなって主を求めることはやめるなら、弱い中で主を求める方が良い。逆に、弱い中では主を求めず、強くなって主を求めるなら、強い方が良い。しかし、多くの場合、前者のケースの方が多いように思う。

 主を求めることが何よりも重要なことなのだ。


語られたこと

 私は、強くなったときにこそ、心が高ぶらないために、自らを振り返る者でありたい。自分の心の状態、道筋に心を配りたい。

 勇気をもって助言してくれる者たちの、時には耳に痛いことばにも、心を開ける者でありたい。


祈り 

 天の父なる神さま。私は、自分がどんなに強くなっても、富み、豊かになっても、主よ、あなたを求めることを止めません。すべては主の恵みだからです。むしろ、いよいよ主に感謝する者にしてください。そして、あなたに与えられた祝福を、他者を祝福するために用いることが出来るようにしてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


8回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年4月30日 ディボーション

エズラ記1章 『神の摂理の深さ ~神さまは、ご自分の民をあきらめていなかった!~』 通読箇所は、再び旧約聖書に戻り、いよいよエズラ記が始まった。この書を1日1日じっくり読めるのは、実に楽しみだ。 1章の始まりから、キュロス王の解放宣言で、この書は始まる。70年の捕囚期を経て、その捕囚に終止符が打たれたのだ。ハレルヤ! しかし、誰が思ったことだろう?「平安を与える計画、あなたがたに将来と希望を与える

2021年4月29日 ディボーション

ユダの手紙 新約聖書 ユダの手紙 「神の愛のうちに自分自身を保ち、永遠の命に導く、私たちの主イエスキリストのあわれみを待ち望みなさい。」(21節) 「愛する者たち、私たちがともにあづかっている救いについて、私はあなた方に手紙を書こうと心から願っていましたが、聖徒たちにひとたび伝えられた信仰のために戦うよう、あなたがたに勧める手紙を書く必要が生じました。」(3節) 喜びの中にある時に主に違う道を示さ

2021年4月28日 ディボーション

ヨハネの手紙 第三 2021年4月28日 デイボーション ヨハネの手紙  第三 この短いヨハネの手紙 第三からガイオの謙遜さが真理にもとずいた歩みかたであるということが示された。 ガイオは、兄弟たち(巡回伝道者たち)や, 異教人たちへの接し方にたいしては、主にあってなされたふさわしいもてなし方、つまり他者の為に心から喜んで仕えること、旅人を主にあってふさわしいおくりかたをしてきた。そのガイオの行動