• HCCnichigo

2021年4月10日ディボーション

歴代誌二 25章

『語りかけることをやめない神さま』

●学んだこと:

 列王記の時もそうだったけれど歴代誌も、こうして終盤に差しかかると記者たちの文章は定型化し、少々素っ気なくなってくる。末路を知っているからだろうか。

 25章の始めではアマツヤ王の評価が簡潔に記される。

25:2 彼は主の目にかなうことを行ったが、全き心をもってではなかった。

 中途半端で優柔不断な信仰者だったというわけだ。

 そして章の終わりのところで、暗殺されて墓に埋葬されたことも記されている。

”エジプト方面のラキシュまで逃げたが暗殺され、エルサレムの王たちの墓ではなく、ユダの先祖の墓に葬った”と。

 国王としても中庸な、功績の薄いリーダーだったと、墓のランキングでにおわせている。

 でも29年間も曲がりなりにも国を治める重責を全うした。モーセの律法に従って、御霊の実の”自制”で自らをコントロールしようと頑張った。なにより戦国の世にあって、戦士を指揮して勇敢に戦ったじゃないか。

 なんだ自分?! アマツヤをかばっている。贔屓目に見ている。

 理由は簡単だ。私の信仰は、アマツヤ以下の中途半端なものだという不安があるから。なんかこういう章を読んでいると、面目なくて顔を上げられなくなってくる。

 読み進むと、神さまはアマツヤに向かって怒りを燃やし、別の預言者をまた遣わす(15節)。

 全き心を持てずに、神さまに従ったり裏切ったり、傲慢になったり泣き言をいったりするアマツヤなのに、神さまは見捨てられないのだ。

 神さまは全能だから、力づくで支配することもできるのにそうはしない。神さまだけはしないのだ。

 神さまは語りかけるだけだ。神さまの民としてアマツヤを愛しているから、最後まで人格を尊重し続ける。叱責して教え諭して、なんとか正しい道に戻ってきて欲しいと願い、ことばで語りかける。

 神さまは愛することを絶対にあきらめない。ご自身がどれだけ痛み悲しんだとしても。

 そんな神さまの愛をわかっているというのに、なんでもっと大胆に従えないのか?! 自分自身がじれったい。

●祈り:

 私を愛してくださる神さま、私もあなたをもっと愛して、もっと信頼して、もっと委ね捧げられるようになりたいです。どうかあわれんで力を貸してください。イエスさまのお名前で感謝して祈ります。

28回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年4月30日 ディボーション

エズラ記1章 『神の摂理の深さ ~神さまは、ご自分の民をあきらめていなかった!~』 通読箇所は、再び旧約聖書に戻り、いよいよエズラ記が始まった。この書を1日1日じっくり読めるのは、実に楽しみだ。 1章の始まりから、キュロス王の解放宣言で、この書は始まる。70年の捕囚期を経て、その捕囚に終止符が打たれたのだ。ハレルヤ! しかし、誰が思ったことだろう?「平安を与える計画、あなたがたに将来と希望を与える

2021年4月29日 ディボーション

ユダの手紙 新約聖書 ユダの手紙 「神の愛のうちに自分自身を保ち、永遠の命に導く、私たちの主イエスキリストのあわれみを待ち望みなさい。」(21節) 「愛する者たち、私たちがともにあづかっている救いについて、私はあなた方に手紙を書こうと心から願っていましたが、聖徒たちにひとたび伝えられた信仰のために戦うよう、あなたがたに勧める手紙を書く必要が生じました。」(3節) 喜びの中にある時に主に違う道を示さ

2021年4月28日 ディボーション

ヨハネの手紙 第三 2021年4月28日 デイボーション ヨハネの手紙  第三 この短いヨハネの手紙 第三からガイオの謙遜さが真理にもとずいた歩みかたであるということが示された。 ガイオは、兄弟たち(巡回伝道者たち)や, 異教人たちへの接し方にたいしては、主にあってなされたふさわしいもてなし方、つまり他者の為に心から喜んで仕えること、旅人を主にあってふさわしいおくりかたをしてきた。そのガイオの行動