2021年4月8日 ディボーション

歴代誌 第二 23章

『置かれた場所で咲きなさい』

『bloom has planted you. (神が植えたところで咲きなさい)、咲くということは、仕方がないと諦めるのではなく、笑顔で生き、周囲の人々も幸せにすることなのです。置かれたところこそが、今のあなたの居場所なのです。』故、渡辺 和子ノートルダム聖心学園理事長が一人の宣教師の方から送られた文章です。

 前章から引き続く話の中、アハズヤの子ヨアシュが今回の主役。まさに置かれた場所で咲いた王だったのではないだろうか。

 バアルを崇拝した父、アハズヤ、そして祖母アタルヤ。そんな家庭環境に生まれたヨアシュ。祭司エホヤダ、その妻でアハズヤの妹、ヨラム王の娘、エホシェバ。この二人によって命を救われたヨアシュ。子ども時代を6年間も身を隠して生活しなければならなかった事をきっと呪ったのでは無いだろうか?きっと沢山の葛藤があったのだと思う。しかし主は彼を強め、王に必要な器へと作り替えてくださったのだ。

「彼らは王の子を連れ出し、王冠をかぶらせ、さとしの書を渡して、彼を王と宣言した」(11節)

 実の両親に育てられなくても、主に油注がれる存在となったヨアシュ。ずっと、実の母に卑下されて育った私には励ましの言葉となった。そして私にも祭司エホヤダやエホシェバが沢山いることに気付かされた。家を失った時に救ってくれた姉妹。東京の母教会で育ててくれた兄弟姉妹。そして今日まで出会った兄弟姉妹。私には沢山の天の父なる神様によって家族とされた人々がいる。今まで頭では分かっていたが、今回この章を読むことによって心の奥底にある傷が癒やされた気がした。

●祈り

 「あなたのみことばは、私の足のともしび、私の道の光です。」(詩篇119章105節)今日もあなたの御言葉と言う揺るがぬ場所に立ち返ることができたこと。ここに連れ戻してくださった神様の愛に感謝します。さとしの書を持ち王と宣言されたヨアシュのように、信仰による家族と共に、あなたの教えを忘れる事なく歩んでいけるよういつも気づきを与えてください

 このつたない祈り、イエス様のお名前を通してあなたの御前にお捧げいます。

閲覧数:20回

最新記事

すべて表示

エズラ記1章 『神の摂理の深さ ~神さまは、ご自分の民をあきらめていなかった!~』 通読箇所は、再び旧約聖書に戻り、いよいよエズラ記が始まった。この書を1日1日じっくり読めるのは、実に楽しみだ。 1章の始まりから、キュロス王の解放宣言で、この書は始まる。70年の捕囚期を経て、その捕囚に終止符が打たれたのだ。ハレルヤ! しかし、誰が思ったことだろう?「平安を与える計画、あなたがたに将来と希望を与える

ユダの手紙 新約聖書 ユダの手紙 「神の愛のうちに自分自身を保ち、永遠の命に導く、私たちの主イエスキリストのあわれみを待ち望みなさい。」(21節) 「愛する者たち、私たちがともにあづかっている救いについて、私はあなた方に手紙を書こうと心から願っていましたが、聖徒たちにひとたび伝えられた信仰のために戦うよう、あなたがたに勧める手紙を書く必要が生じました。」(3節) 喜びの中にある時に主に違う道を示さ

ヨハネの手紙 第三 2021年4月28日 デイボーション ヨハネの手紙  第三 この短いヨハネの手紙 第三からガイオの謙遜さが真理にもとずいた歩みかたであるということが示された。 ガイオは、兄弟たち(巡回伝道者たち)や, 異教人たちへの接し方にたいしては、主にあってなされたふさわしいもてなし方、つまり他者の為に心から喜んで仕えること、旅人を主にあってふさわしいおくりかたをしてきた。そのガイオの行動