• HCCnichigo

2021年3月31日ディボーション

歴代誌 第二 15章

語られたこと、示されたこと:

 神の霊が臨んだオデデの子アザルヤを通して語られたことは、アサやすべてのユダとベニヤミンの人々への命令に近い訓戒であった。「あなたがたが主とともにいる間は、主はあなたがたとともにおられます。もし、あなたがたがこの方を求めるなら、あなたがたにご自分を示してくださいます。もし、あなたがたがこの方をす捨てるなら、この方はあなたがたを捨ててしまわれます。」

この箇所をとおして、神は、私達に良いこと、わるいことを語られておられるけれど、選択するのは私達個人であること。神は、私達の人格をいつでも尊重しておられることを示された。

 そして、次に続く神のかたりは、7節 「しかし、あなたがたは勇気を出しなさい。力を落としてはなりません。あなたがたの働きには報いがあるからです。」と述べられておられる。神は、当時の人々への訓戒を語られたと同時に愛ある励ましのことばも忘れることはなかった。

私達の働きが、教会においての奉仕、外でのいろんな形での奉仕が力を落とすような結果になっても、その働きには報いがあると神は語られておられる。今の奉仕を勇気をだしてやりとげることであることを示された。たとえそれがプラスになろうがマイナスになろうが、必ずこの働きに報いがくるといわれておられる神のみことばに従っていくことではないかということが語られた。

 聖書のみことばから離れてしまえば、神の教え、神に近づくこともできなくなることではないだろうか。

祈り;

 天の父なる神様、あなたの御名をこころからさんびします。

あなたの教えは、厳しいけれども、でも、いつも愛をもってやさしく、また励まして語ってくださること感謝します。信仰の乏しいものですけど、これからも乏しきながらも私自身をあなたの前にもっていくことができますようにお導きください。感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。 アーメン。

22回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年4月21日ディボーション

歴代誌 第二 36章 「あなたがた、だれでも主の民に属する者には、その神、主がともにいてくださるように。その者は上って行くようにせよ。」 -23節- ●語られたこと: いよいよ第二歴代誌もここで終結をむかえることになった。 36章は、ヨシヤの死後に4人の王達(エホアハズ、エルヤキム、エホヤキン、ゼデキヤ)が登場する。 4人の王達全員が主の目に悪であった。神が予言者をとおして悔い改めの機会をあたえた

2021年4月20日ディボーション

歴代誌 第二 35章 『ヨシア王の死』 ●前の章とこの章を読むと不思議なのです。何故ヨシア王の死はあっけないものだろうか? という疑問だった。この二つの章を読むとヨシア王は素晴らしい働きをしていたことが明らかだったからです。 私は不思議に思い、何度か聖書を読み返すうちにアレッと思ったのです。それはユダの王として素晴らしい働きをし、ユダの民を神への反省へと導いたのです。しかし、ヨシア王が神に対して祈

2021年4月19日 ディボーション

歴代誌 第二 34章 『主の教えを語り継ぐもの』 ハワイ王朝は文字を持たなかった。彼らは大切な教えを歌やフラにして後継者たちに伝えた。イスラエルの民にもモーセの時代から受け継がれるべきもの、律法の書と歌があった。しかし長年忘れ去られ、本来の目的として日の目を見る事なく、次第に存在の薄いものになっていたようだ。だから祭司ヒルキアがモーセを通して示された律法の書を見た時は”?????”と感じたのではな