• HCCnichigo

2021年3月30日 デボーション

2歴代誌14章

『神を信じていたユダ王国』

●前の章ではユダの王アビヤは、ユダ国を攻めて来たヤロブアム王が率いるイスラエルの兵士たち(兵士数ではユダを上回っていた)を打ち破って、歴史はアサ王の時代へと変わります。

 この章ではユダの国のアサ王に焦点が向けられています。2節から5節までは、アサ王はユダ王国が繁栄する様子よりも先に神に従い、悪しき行いの根源である偶像を取り除き、ユダの人々に神に従うことを教えた。それでユダ王国は繁栄し、人々は一致団結したのです。

 その繁栄の様子を見た敵国、クシュ人はユダ王国の約2倍の軍隊で襲って来ました。その中で書いてあることは、ユダとベニヤミン族の兵士たちは全て勇士であったということです。(8節) ここで言われようとしていることは数が問題ではなく、勇士がいるか?いないか?という事だと思いました。確かにアサ王のリーダーも大切です。この世の戦いというか生活の中に必要なのは一人びとりが、主の勇士であるかどうかという事です。

戦いの前にアサ王は神に叫び求めたのです。私たちは困った事が起きたから神に呼び求めたのではなく、それ以前に神に叫び、祈り求めたのです。

その結果、ユダの国は敵との戦いや日々の生活に打ち勝ち、神の前に祝福を得たのです。この章から学び取ることは、私たちの生活の中にも日々、神に呼び求める生活をしているかどうか問われているのではないでしょうか。

●お祈り

天のお父様、最近どんどんと弱くなっていくイスラエル王国、力を盛り返してきたユダ王国の様子を学びます。その結果は神を信じていたからとか、信仰が弱くなったとかいう問題ではないことに気付かせられます。イスラエルの国も神がいました。しかしそんな問題ではないのです。私たちが神である救い主、イエス様を求め続けられるかどうか? そのイエス様との関係を壊そうとする色々な誘惑である肉の欲、目の欲、生活の誇り、高慢を捨てられるようにしてください。私たちは決して禁欲主義ではありません。あなたとの永遠の愛を育んでいけるよう助けてください。あなたと共に歩きたいからです。 

イエス・キリストの御名によってお祈りします。 アーメン

15回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年4月12日 ディボーション

歴代誌 第二 27章 『どんな道を歩むのか?』 人生50年も生きていると様々の事に遭遇する。しかし、そんな私でもまだ体験したことが無い事に遭遇した。銃の乱射事件の犯人が立て篭もった場所の近所に住んでいたために帰宅出来なくなった。被害者が出ないように、周辺地域は侵入禁止になってしまった。友人を送って帰宅した夜の8:30の出来事。ありがたいことに、この事件を教えてくれた姉妹が泊めてくれたので早朝の事件

2021年4月11日 ディボーション

Ⅱ歴代誌26章 26章が、ウジヤ王の物語である。預言者イザヤは、この時期から預言者活動を始めたのだが、南ユダ王国の滅亡の足音が聞こえ始めてきた時期でもある。 5節には「神を認めることを教えたゼカリヤが生きていた間は、神を求めた。また彼が主を求めていた間は、神は彼を栄えるようにされた。」とある。 しかし16節「しかし、彼が強くなると、その心は高ぶり、ついに身に滅びを招いた。彼は自分の神、主の信頼を裏

2021年4月10日ディボーション

歴代誌二 25章 『語りかけることをやめない神さま』 ●学んだこと: 列王記の時もそうだったけれど歴代誌も、こうして終盤に差しかかると記者たちの文章は定型化し、少々素っ気なくなってくる。末路を知っているからだろうか。 25章の始めではアマツヤ王の評価が簡潔に記される。 25:2 彼は主の目にかなうことを行ったが、全き心をもってではなかった。 中途半端で優柔不断な信仰者だったというわけだ。 そして章

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

​【リンク情報】
  • Facebook
  • YouTube

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com