• HCCnichigo

2021年3月3日ディボーション

歴代誌 第一 16章

●語られたこと:

 神の箱がエルサレムに運び込まれた。ダビデが用意していた天幕の中に設置された。そのことについての、出来事が書き記されている。

 ダビデは、神の前に全焼のささげ物と交わりのいけにえを献げ終えて、主の御名によって民を祝福した。そして、全ての民にパンと菓子を配って喜びを分かち合った。それから聖歌隊をもちいて主をほめたたえた。

 8節から36節は、主が過去になされてきたことへの主への感謝のこと、主をほめたたえること、将来への願いがこめられた歌である。その歌詞は私達が日頃賛美する言葉がたくさんでてくる。多くの作詞者達がここから引用したものだと思わされた。

 37節以降は神の箱への毎日の日課として主をほめたたえらる礼拝が続けられたことが記されている。

 ダビデの礼拝のあり方が、主をほめたたえることが喜びであることを学ばされた。私達も日々、主をほめたたえ、それを喜びとする礼拝をささげることが主への感謝の気持ちをあらわすことになるのではないだろうか。

●祈り:

愛する天の父なる神様、あなたの御名を心からほめたたえます。

神様、私もダビデのように心から、あなたをほめたたえてそれを日々私の喜びとすることができますように導き下さい。

感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。 アーメン。

20回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年3月31日ディボーション

歴代誌 第二 15章 語られたこと、示されたこと: 神の霊が臨んだオデデの子アザルヤを通して語られたことは、アサやすべてのユダとベニヤミンの人々への命令に近い訓戒であった。「あなたがたが主とともにいる間は、主はあなたがたとともにおられます。もし、あなたがたがこの方を求めるなら、あなたがたにご自分を示してくださいます。もし、あなたがたがこの方をす捨てるなら、この方はあなたがたを捨ててしまわれます。」

2021年3月30日 デボーション

2歴代誌14章 『神を信じていたユダ王国』 ●前の章ではユダの王アビヤは、ユダ国を攻めて来たヤロブアム王が率いるイスラエルの兵士たち(兵士数ではユダを上回っていた)を打ち破って、歴史はアサ王の時代へと変わります。 この章ではユダの国のアサ王に焦点が向けられています。2節から5節までは、アサ王はユダ王国が繁栄する様子よりも先に神に従い、悪しき行いの根源である偶像を取り除き、ユダの人々に神に従うことを

2021年3月29日ディボーション

歴代誌 第二 13章 『種まきと刈り取りの法則』 3月16日に悲しい事件がアメリカ本土で起こった。新型コロナ感染拡大以降、アジ ア系住民への暴力や嫌がらせが相次ぎ、アトランタ近郊のマッサージ店、スパ2店舗、計3店舗で、同日に8人の従業員が銃撃事件に巻き込まれ尊い命を失った。そのうち6人 がアジア人。それを受けてバイデン大統領は「アジア系アメリカ人に対する悪質なヘイ トクライム(憎悪犯罪)は間違って

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

​【リンク情報】
  • Facebook
  • YouTube

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com