2021年3月27日ディボーション

歴代誌第二 11章

『”失われた十部族”説を否定する聖書箇所?』

●学んだこと:

 父はソロモン、おじいちゃんはダビデの御曹司レハブアム王。イスラエルの民に改革を迫られ、長老グループと若者グループに助言を求めたのが前の10章。そして若者勢力に煽られて、重い圧政を強行しようとした。

 世間知らずの若気の至りか?! と、1月にⅠ列王記をデボーションしていたときにはそう感じていた。でもレハブアムの失策ではない。神さまが仕向けたからなのだ(歴10:15)。

 父ソロモンが晩年、偶像礼拝の罪を犯してしまったから、神さまは「わたしがこの王国を引き裂く」と予告していた。

 親の因果は子に報う、のか・・・。

 ところがところが、11章で危機一髪、レハブアムは悔い改めた!! 北イスラエルに進軍するのを踏みとどまり、エルサレムに引き返せと、主のことばが告げられ、聞き従うことができたのだ。

 前のめりに突撃しようとしていたのに、主の御前にへりくだり、とどまることができたレハブアム、あっぱれ、あざやかなV字回復!

 11:5からがまた良い。エルサレムの町々を周到に防備し、ユダ王国の再建に取り組んだ。目の前のことに地道に取り組む姿は国全土に伝わり、重職を担う祭司やレビ人がレハブアムの味方に付くようになっていった。

 11:16も感動のシーンだ。北イスラエルを含めた全部族の中から、熱心で忠実な信徒たちが、エルサレムに集まってきてくれたのだ。

 南ユダ王国が北イスラエルよりも長く存続できたのは、レハブアムのおかげだったのではないだろうか!? ”失われた十部族”説を否定する聖書箇所ではないだろうか!?

 Ⅰ列王記にはここまで詳しく書かれていなかったから、レハブアムの用いられ方をきちんと知ることができなかったけれど、この11章のおかげで神さまの深い御計画をまた少し理解できた。

 そして11章は、父ソロモンが異教の女を娶ったのとは対照的に、息子レハブアムはダビデの家系の娘たちを妻として、結束したと〆くくっている。めでたし。

●祈り:

 神さま、聖書は、あなたの御言葉は、さまざまな角度から語りかけてくださいます。私は聖霊さまの助けを借りてデボーションし、御心を語ることができているでしょうか? 正直に語ろうとしているけれど、浅はかだったり、欠けだらけだったりしています。

 どうかあわれんでください。必要な知恵を与えてください。

 イエスさまのお名前で慎んで祈ります。アーメン

閲覧数:30回

最新記事

すべて表示

歴代誌 第二 36章 「あなたがた、だれでも主の民に属する者には、その神、主がともにいてくださるように。その者は上って行くようにせよ。」 -23節- ●語られたこと: いよいよ第二歴代誌もここで終結をむかえることになった。 36章は、ヨシヤの死後に4人の王達(エホアハズ、エルヤキム、エホヤキン、ゼデキヤ)が登場する。 4人の王達全員が主の目に悪であった。神が予言者をとおして悔い改めの機会をあたえた

歴代誌 第二 35章 『ヨシア王の死』 ●前の章とこの章を読むと不思議なのです。何故ヨシア王の死はあっけないものだろうか? という疑問だった。この二つの章を読むとヨシア王は素晴らしい働きをしていたことが明らかだったからです。 私は不思議に思い、何度か聖書を読み返すうちにアレッと思ったのです。それはユダの王として素晴らしい働きをし、ユダの民を神への反省へと導いたのです。しかし、ヨシア王が神に対して祈

歴代誌 第二 34章 『主の教えを語り継ぐもの』 ハワイ王朝は文字を持たなかった。彼らは大切な教えを歌やフラにして後継者たちに伝えた。イスラエルの民にもモーセの時代から受け継がれるべきもの、律法の書と歌があった。しかし長年忘れ去られ、本来の目的として日の目を見る事なく、次第に存在の薄いものになっていたようだ。だから祭司ヒルキアがモーセを通して示された律法の書を見た時は”?????”と感じたのではな