2021年3月26日ディボーション

歴代誌第二10章

『一致を求めて』

 ソロモンの子レハブアムが王になった。

 10章は、新しい王レハブアムに対する全イスラエルのこのような叫びで始まる。

4節「あなたの父上は、私たちのくびきを重くしました。今、あなたは、父上が私たちに負わせた過酷な労働と重いくびきを軽くしてください。そうすれば、私たちはあなたに仕えます。」

 その叫びとは、ソロモン王より強いられていた過酷な労働、重いくびきを、次世代を導くレハブアム王より軽くしてほしいという訴えであった。

 それから、レハブアム王は2組のグループに相談をする。一組目は長老たち、二組目は自分とともに育った同世代の若者たちだった。

  • 長老たちの回答→ この民に優しくせよ。

  • 若者たちの回答→ この民のくびきをもっと重くせよ。

 この両者の助言を聞いたレハブアム王は、若者たちに賛同した。民の切実な苦痛の叫びには、一切耳を傾けなかったのだ。

 自分よりも人生経験も豊かな長老たちよりも、自分と同世代の仲間の声に賛同したレハブアム王。正直、これは王として思慮に欠けた対応且つ判断だった。この判断により、王国は分裂の道を辿っていくのだ。

 リーダーシップについて教えられる。それはまず、そこにいる人々の声を「聞く」こと、そして「知る」ことから始まるのではないか…。そのようなことを教えられた箇所だった。

天のお父様、

これ以上、痛み、分裂を生み出さないように、この世界を、私たちを、あなたにあって守り導いてください。アーメン。

閲覧数:27回

最新記事

すべて表示

歴代誌 第二 36章 「あなたがた、だれでも主の民に属する者には、その神、主がともにいてくださるように。その者は上って行くようにせよ。」 -23節- ●語られたこと: いよいよ第二歴代誌もここで終結をむかえることになった。 36章は、ヨシヤの死後に4人の王達(エホアハズ、エルヤキム、エホヤキン、ゼデキヤ)が登場する。 4人の王達全員が主の目に悪であった。神が予言者をとおして悔い改めの機会をあたえた

歴代誌 第二 35章 『ヨシア王の死』 ●前の章とこの章を読むと不思議なのです。何故ヨシア王の死はあっけないものだろうか? という疑問だった。この二つの章を読むとヨシア王は素晴らしい働きをしていたことが明らかだったからです。 私は不思議に思い、何度か聖書を読み返すうちにアレッと思ったのです。それはユダの王として素晴らしい働きをし、ユダの民を神への反省へと導いたのです。しかし、ヨシア王が神に対して祈

歴代誌 第二 34章 『主の教えを語り継ぐもの』 ハワイ王朝は文字を持たなかった。彼らは大切な教えを歌やフラにして後継者たちに伝えた。イスラエルの民にもモーセの時代から受け継がれるべきもの、律法の書と歌があった。しかし長年忘れ去られ、本来の目的として日の目を見る事なく、次第に存在の薄いものになっていたようだ。だから祭司ヒルキアがモーセを通して示された律法の書を見た時は”?????”と感じたのではな