• HCCnichigo

2021年3月25日 ディボーション

歴代誌 第二 9章

●示されたこと:

 主の宮を建て、主から知恵と富を与られ、栄華の絶頂期にあるソロモンをシェバの女王が尋ねるシーンからこの章は始まる。

「なんと幸せな事でしょう。あなたにつく人たちは、なんと幸せな事でしょう。いつもあなたの前に立って、あなたの知恵を聞くことが出来る。このあなたの家来たちは」(7節)で、女王はソロモンに賛辞を述べる。現代を生きる私たちも聖書を通して、当時の方々の知恵を分けてもらえるのは何と幸せなことか。             

 しかし、新約の時代、このソロモンよりもすごい人がいる、とイエスが宣言する。

「ヨナがニネベの人々のために、しるしとなったように、人の子がこの時代のために、しるしとなるからです。」(ルカの福音書11:30)この子とは他でもない、イエス様。

からだの明かりは目です。あなたの目が健やかなら全身も明るくなりますが、目が悪いと、体も暗くなります。ですから自分のうちの光が闇にならないように気をつけなさい。」(ルカ11:34-35)ソロモンよりすごいイエス様の御言葉を学び、それによって癒され、必要を与られる恵みに感謝せずにはおられない、

 ソロモンは主の宮を建てるのに20年かかったと述べられている。洗礼を受けて、神の子となった私はどうか?25年過ぎたが、まだ心の中の主の宮は完成していない。ルカの福音書でイエス様が述べられたように、栄華を極めて、進むべき道が不透明になった時、この御言葉を心に刻み強く歩んで行きたい。

●祈り:

 天の父なる神様。今日も兄弟姉妹を通して多くの事を学ぶ機会を与えてくださり、ありがとうございます。人は、栄華を極めるような順風満帆な時、あなたの教えをすっかり忘れてしまい、道を誤ってしまうことがあります。そんな時にどうぞ、私に語りかけて下さい。道を修正してください。ソロモンが人生の最後まであなたに付き従う者だったら今の時代も変わっていたのでしょうか? 今の時代の中で日々の生活とあなたの御言葉によって「私の福音書」としてあなたに語られる事、こうやってディボーションブログを通して後の人々に残す事が出来る幸いを感謝いたします。主イエスキリスト様のお名前を通して御前にお捧げいたします。アーメン。

17回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年4月12日 ディボーション

歴代誌 第二 27章 『どんな道を歩むのか?』 人生50年も生きていると様々の事に遭遇する。しかし、そんな私でもまだ体験したことが無い事に遭遇した。銃の乱射事件の犯人が立て篭もった場所の近所に住んでいたために帰宅出来なくなった。被害者が出ないように、周辺地域は侵入禁止になってしまった。友人を送って帰宅した夜の8:30の出来事。ありがたいことに、この事件を教えてくれた姉妹が泊めてくれたので早朝の事件

2021年4月11日 ディボーション

Ⅱ歴代誌26章 26章が、ウジヤ王の物語である。預言者イザヤは、この時期から預言者活動を始めたのだが、南ユダ王国の滅亡の足音が聞こえ始めてきた時期でもある。 5節には「神を認めることを教えたゼカリヤが生きていた間は、神を求めた。また彼が主を求めていた間は、神は彼を栄えるようにされた。」とある。 しかし16節「しかし、彼が強くなると、その心は高ぶり、ついに身に滅びを招いた。彼は自分の神、主の信頼を裏

2021年4月10日ディボーション

歴代誌二 25章 『語りかけることをやめない神さま』 ●学んだこと: 列王記の時もそうだったけれど歴代誌も、こうして終盤に差しかかると記者たちの文章は定型化し、少々素っ気なくなってくる。末路を知っているからだろうか。 25章の始めではアマツヤ王の評価が簡潔に記される。 25:2 彼は主の目にかなうことを行ったが、全き心をもってではなかった。 中途半端で優柔不断な信仰者だったというわけだ。 そして章

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

​【リンク情報】
  • Facebook
  • YouTube

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com