2021年3月25日 ディボーション

歴代誌 第二 9章

●示されたこと:

 主の宮を建て、主から知恵と富を与られ、栄華の絶頂期にあるソロモンをシェバの女王が尋ねるシーンからこの章は始まる。

「なんと幸せな事でしょう。あなたにつく人たちは、なんと幸せな事でしょう。いつもあなたの前に立って、あなたの知恵を聞くことが出来る。このあなたの家来たちは」(7節)で、女王はソロモンに賛辞を述べる。現代を生きる私たちも聖書を通して、当時の方々の知恵を分けてもらえるのは何と幸せなことか。             

 しかし、新約の時代、このソロモンよりもすごい人がいる、とイエスが宣言する。

「ヨナがニネベの人々のために、しるしとなったように、人の子がこの時代のために、しるしとなるからです。」(ルカの福音書11:30)この子とは他でもない、イエス様。

からだの明かりは目です。あなたの目が健やかなら全身も明るくなりますが、目が悪いと、体も暗くなります。ですから自分のうちの光が闇にならないように気をつけなさい。」(ルカ11:34-35)ソロモンよりすごいイエス様の御言葉を学び、それによって癒され、必要を与られる恵みに感謝せずにはおられない、

 ソロモンは主の宮を建てるのに20年かかったと述べられている。洗礼を受けて、神の子となった私はどうか?25年過ぎたが、まだ心の中の主の宮は完成していない。ルカの福音書でイエス様が述べられたように、栄華を極めて、進むべき道が不透明になった時、この御言葉を心に刻み強く歩んで行きたい。

●祈り:

 天の父なる神様。今日も兄弟姉妹を通して多くの事を学ぶ機会を与えてくださり、ありがとうございます。人は、栄華を極めるような順風満帆な時、あなたの教えをすっかり忘れてしまい、道を誤ってしまうことがあります。そんな時にどうぞ、私に語りかけて下さい。道を修正してください。ソロモンが人生の最後まであなたに付き従う者だったら今の時代も変わっていたのでしょうか? 今の時代の中で日々の生活とあなたの御言葉によって「私の福音書」としてあなたに語られる事、こうやってディボーションブログを通して後の人々に残す事が出来る幸いを感謝いたします。主イエスキリスト様のお名前を通して御前にお捧げいたします。アーメン。

閲覧数:20回

最新記事

すべて表示

歴代誌 第二 36章 「あなたがた、だれでも主の民に属する者には、その神、主がともにいてくださるように。その者は上って行くようにせよ。」 -23節- ●語られたこと: いよいよ第二歴代誌もここで終結をむかえることになった。 36章は、ヨシヤの死後に4人の王達(エホアハズ、エルヤキム、エホヤキン、ゼデキヤ)が登場する。 4人の王達全員が主の目に悪であった。神が予言者をとおして悔い改めの機会をあたえた

歴代誌 第二 35章 『ヨシア王の死』 ●前の章とこの章を読むと不思議なのです。何故ヨシア王の死はあっけないものだろうか? という疑問だった。この二つの章を読むとヨシア王は素晴らしい働きをしていたことが明らかだったからです。 私は不思議に思い、何度か聖書を読み返すうちにアレッと思ったのです。それはユダの王として素晴らしい働きをし、ユダの民を神への反省へと導いたのです。しかし、ヨシア王が神に対して祈

歴代誌 第二 34章 『主の教えを語り継ぐもの』 ハワイ王朝は文字を持たなかった。彼らは大切な教えを歌やフラにして後継者たちに伝えた。イスラエルの民にもモーセの時代から受け継がれるべきもの、律法の書と歌があった。しかし長年忘れ去られ、本来の目的として日の目を見る事なく、次第に存在の薄いものになっていたようだ。だから祭司ヒルキアがモーセを通して示された律法の書を見た時は”?????”と感じたのではな