• HCCnichigo

2021年3月24日 デイボーション

歴代誌 第二8章

●語られたこと、示されたこと:

ソロモンは、20年かけて主の宮と自分の宮殿を建設した。その他にも自分が建てたいと切に願っていたすべてのものを、彼は建てた。そればかりでなく、ヒラムが返した町々を建て直してそこにイスラエル人を住まわせた。又、ソロモンは、イスラエルの民を自分の労働のための奴隷とはしなかった。なぜなら、彼らは、戦士であり、補佐官の長であり、戦車隊や騎兵隊の長だったからである。ソロモンのイスラエルの民への配慮を示された。

そして、ソロモンはモーセとダビデが神に従った歩みを守りとおした。ソロモンの礼拝を重んじる様子がそこにあらわされていた。

ソロモンの忠実をみて、民も祭司達の組み分けした務めからそれることはなかった。それは、20年間の神の宮建設でソロモンと民の心が一つに繋がったことだと思わされた。

このようにしてソロモンは、神の約束してくださった知恵と知識、又、父ダビデの用意してくれた多くのこと、そして、イスラエルの民のおかげですべての願いを達成できた。

全てのことを思い通りにしてきたソロモンの心は、その豪華絢爛としたものだけに満足して、目に見えるものだけをみて、はたして、かれの心の目はちゃんと開いていただろうか、いや、神への心にふれていったのだろうかと思わされた。

人間(私も含めて)は、 目の前にある誘惑には弱い。 そこを通してある聖書のみことばが示された。マタイ26:41 [誘惑に陥らないように、目を覚まして祈っていなさい。霊は燃えていても肉は弱いのです.]

その誘惑におちいらないようにする為には、しっかりと日々のデイボーションをして聖書のみことばに従って、悔い改めていくことだけだと思わされた。

●祈り:

愛する天の父なる神様、あなたの尊いみなを心からほめたたえます。

今日のみことばを心から感謝します。私もソロモンのように何かを達成した時には

あたかも自分が全てを成し遂げたかのように思わされます。そこには、いつもあなたが

おられたからこそできたということを、そのつど私に示していただけますように助けて下さい。

感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン。

17回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年4月17日ディボーション

歴代誌二 32章 『祈りこそ最強の武器』 ●学んだこと: 名君ヒゼキヤ王に関する最後の記述だ。 大国アッシリア帝国が、エルサレムのヒゼキヤ王国に攻め入ろうとしている、国家存亡の危機の場面。 ヒゼキヤはまず、町の泉と川のすべてを堰き止め、水を確保した。籠城しても渇くことがないようにしたのだ。水を制するものは世界を制するというほどに強い、攻めの守り。知恵の賜を働かせたのだ。 強固な城壁の外で、アッシリ

2021年4月16日ディボーション

歴代誌 第二 31章 『喜びとともにささげる! ~神の祝福の原理~』 ヒゼキヤ王によって、民が神の民へと整えられていく。この章には、偶像が徹底的に打ち砕かれて、まことの主へと礼拝をささげていく神の民の姿がある。 それは「ささげもの」を携えて、宮へと集まる民の姿だ。ヒゼキヤ王の命令によって、この民は何の躊躇もなく、喜びとともに自分の持っているものをささげるために宮へと携えていった。 それだから、宮に

2021年4月15日 デイボーション

歴代誌 第二 30章 『恵みを分かち合う事』 「ねえ、ねえ、聞いて、聞いて、今日、こんな事があったんだよ!」娘たちを学校に迎えに行って帰る車の中の会話だ。嬉しいことがあると満面の笑顔で語ってくれる子ども達。きっとその当時のヒゼキヤもそんな気持ちだったのではないだろうか? 29章で主の宮の奉仕の用意ができ、ヒゼキヤはイスラエルとユダの全土に人を遣わし、またエフライムにある主の宮に来てイスラエルの神、

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

​【リンク情報】
  • Facebook
  • YouTube

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com