top of page
  • HCCnichigo

2021年3月23日 ディボーション

2歴代誌7章


『ソロモン王と神の約束』


●ダビデ王によって集められた建築材は、ソロモン王とイスラエルの人々によって神殿として建てられました。それから神の契約の箱を神殿に搬入し、ソロモン王がいけにえを捧げ感謝の祈りをしました。そうしたら天から火が下ってきて神の栄光で満ちたと書かれました。

 前の章では神の栄光が雲によって満ちたと書かれてありました。雲に囲まれて(2歴代誌5章13-14節)、はっきり見えなかったけれど、この章では火が下ってきて神の栄光がしっかりと見えたのです。

雲の中での事をソロモン王は「「主は、暗やみの中に住む」(2歴代誌6章1節)神はそれに答えるかの如く暗闇の中に火、すなわち光をもって私たちを照らして下さいました。イスラエルの人はとっても喜びました。神さまとソロモン王、イスラエル全集団は一つになった時でした。それから王と民は宮にいけにえを捧げたというのです。 聖書を読むと最低でも二度以上いけにえを捧げているのです。人は神さまにいけにえを捧げたくて仕方がなかったのです。 それほど喜びと感謝で溢れていたのです。

大事と思ったのは、人にはそれぞれ神に対して役割があるという事です。リーダー、宮で奉仕、神に捧げる奉仕、祭りの奉仕など人々は時間を割いて神を礼拝したという事です。そして神は寛容を示されて、「わたしはあなたの祈りを聞いた。また、わたしのために、この所をいけにえにささげる宮として選んだ。」 私たちの祈りを神の宮から聞いて下さるのです。 但し、「ダビデが歩んだように、わたしの前に歩み、わたしがあなたに命じたことをすべてそのまま実行し、わたしのおきてと定めとを守るなら」という条件が付けられたのです。その条件のためにイスラエルは滅びてしまったのです。


 しかし、その神殿は消え、イエス様がその神殿の代わりとなって私たちを支えて下さっているのです。私たちは滅びたユダヤ人のようにではなく、この章で書かれている人たちのようにイエス様をしっかりと掴んだクリスチャンとして、暗闇の中ではなく光の中を歩んで行きましょう。


●お祈り

天のお父様、イスラエルの民が心からあなたに仕えようとした決心が良く伝わりました。この恵みで満たしてください。いつも満たしてください。私たちには、この世の中を生きていく時に様々な暗闇が襲って来ます。 心が暗くなる時があります。そんな時でさえあなたが共におられることを感謝いたします。暗闇に打ち勝つ勇気をください。それはあなたの栄光の光が輝くためです。あなたを褒めたたえ喜びたいのです。邪魔するものがあったらそれに気が付き、乗り越える力をください。感謝します。

イエス・キリストの御名によってお祈りします。 アーメン

閲覧数:22回

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

bottom of page