2021年3月21日ディボーション

Ⅱ歴代誌5章

 ここに来て、とうとう神の神殿が完成した。最後の総仕上げは、主の契約の箱を定められた場所に安置したことである。(7)

 神殿とは、このために造られた。豪華絢爛な建物を建てて権力を誇示するためでも、その芸術性を愛でるためでもない。契約の箱を安置するための建物なのだ。契約の箱とは、神の臨在の象徴であり、契約の箱が神殿に安置されたことで、この建物は文字通りの神の殿になったのだ。もし契約の箱がなければ、それはただの建物にすぎない。だから、契約の箱の安置によって、この神殿建設は完成と言えるだ。

 そしてこの時、まさに賛美が捧げられたのだが(12,13)、この賛美集会に参加したいなと、心から思う。どのような賛美が捧げられ、どれほどの喜びがあったことだろうか。

 そして、この歴代誌においても特筆すべき事柄が記されている。

「主の栄光が神の宮に満ちたからである。」(14)

 主の栄光の雲が宮に満ちたのだ。まさにシャカイナグローリーである。

 私たちの礼拝も、このような時であるはずだ。礼拝堂には、主の栄光が満ちている。私たちは、その栄光の臨在の中で、主を礼拝し、賛美する。

 祭司たちは、主の栄光のために立って仕えることができなくなったと記されている。そんな光景が現代においてもあるのだろうか。主の栄光の臨在に圧倒されるような、そんな礼拝の時を経験してみたいものだ。

語られたこと:

 主の栄光が宮に満ちた。何と素晴らしい描写だろうか。この場面に自分も居たい。そこに居たいと心の底から思う。

祈り:

 天の父なる神さま。主の栄光の臨在に私たちをお招きください。立っていることができなくなるくらいに、圧倒的な臨在をもたらしてください。ただ主の栄光をあがめる、そんな時を与えてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:15回

最新記事

すべて表示

歴代誌 第二 36章 「あなたがた、だれでも主の民に属する者には、その神、主がともにいてくださるように。その者は上って行くようにせよ。」 -23節- ●語られたこと: いよいよ第二歴代誌もここで終結をむかえることになった。 36章は、ヨシヤの死後に4人の王達(エホアハズ、エルヤキム、エホヤキン、ゼデキヤ)が登場する。 4人の王達全員が主の目に悪であった。神が予言者をとおして悔い改めの機会をあたえた

歴代誌 第二 35章 『ヨシア王の死』 ●前の章とこの章を読むと不思議なのです。何故ヨシア王の死はあっけないものだろうか? という疑問だった。この二つの章を読むとヨシア王は素晴らしい働きをしていたことが明らかだったからです。 私は不思議に思い、何度か聖書を読み返すうちにアレッと思ったのです。それはユダの王として素晴らしい働きをし、ユダの民を神への反省へと導いたのです。しかし、ヨシア王が神に対して祈

歴代誌 第二 34章 『主の教えを語り継ぐもの』 ハワイ王朝は文字を持たなかった。彼らは大切な教えを歌やフラにして後継者たちに伝えた。イスラエルの民にもモーセの時代から受け継がれるべきもの、律法の書と歌があった。しかし長年忘れ去られ、本来の目的として日の目を見る事なく、次第に存在の薄いものになっていたようだ。だから祭司ヒルキアがモーセを通して示された律法の書を見た時は”?????”と感じたのではな