• HCCnichigo

2021年3月21日ディボーション

Ⅱ歴代誌5章

 ここに来て、とうとう神の神殿が完成した。最後の総仕上げは、主の契約の箱を定められた場所に安置したことである。(7)

 神殿とは、このために造られた。豪華絢爛な建物を建てて権力を誇示するためでも、その芸術性を愛でるためでもない。契約の箱を安置するための建物なのだ。契約の箱とは、神の臨在の象徴であり、契約の箱が神殿に安置されたことで、この建物は文字通りの神の殿になったのだ。もし契約の箱がなければ、それはただの建物にすぎない。だから、契約の箱の安置によって、この神殿建設は完成と言えるだ。

 そしてこの時、まさに賛美が捧げられたのだが(12,13)、この賛美集会に参加したいなと、心から思う。どのような賛美が捧げられ、どれほどの喜びがあったことだろうか。

 そして、この歴代誌においても特筆すべき事柄が記されている。

「主の栄光が神の宮に満ちたからである。」(14)

 主の栄光の雲が宮に満ちたのだ。まさにシャカイナグローリーである。

 私たちの礼拝も、このような時であるはずだ。礼拝堂には、主の栄光が満ちている。私たちは、その栄光の臨在の中で、主を礼拝し、賛美する。

 祭司たちは、主の栄光のために立って仕えることができなくなったと記されている。そんな光景が現代においてもあるのだろうか。主の栄光の臨在に圧倒されるような、そんな礼拝の時を経験してみたいものだ。

語られたこと:

 主の栄光が宮に満ちた。何と素晴らしい描写だろうか。この場面に自分も居たい。そこに居たいと心の底から思う。

祈り:

 天の父なる神さま。主の栄光の臨在に私たちをお招きください。立っていることができなくなるくらいに、圧倒的な臨在をもたらしてください。ただ主の栄光をあがめる、そんな時を与えてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年4月17日ディボーション

歴代誌二 32章 『祈りこそ最強の武器』 ●学んだこと: 名君ヒゼキヤ王に関する最後の記述だ。 大国アッシリア帝国が、エルサレムのヒゼキヤ王国に攻め入ろうとしている、国家存亡の危機の場面。 ヒゼキヤはまず、町の泉と川のすべてを堰き止め、水を確保した。籠城しても渇くことがないようにしたのだ。水を制するものは世界を制するというほどに強い、攻めの守り。知恵の賜を働かせたのだ。 強固な城壁の外で、アッシリ

2021年4月16日ディボーション

歴代誌 第二 31章 『喜びとともにささげる! ~神の祝福の原理~』 ヒゼキヤ王によって、民が神の民へと整えられていく。この章には、偶像が徹底的に打ち砕かれて、まことの主へと礼拝をささげていく神の民の姿がある。 それは「ささげもの」を携えて、宮へと集まる民の姿だ。ヒゼキヤ王の命令によって、この民は何の躊躇もなく、喜びとともに自分の持っているものをささげるために宮へと携えていった。 それだから、宮に

2021年4月15日 デイボーション

歴代誌 第二 30章 『恵みを分かち合う事』 「ねえ、ねえ、聞いて、聞いて、今日、こんな事があったんだよ!」娘たちを学校に迎えに行って帰る車の中の会話だ。嬉しいことがあると満面の笑顔で語ってくれる子ども達。きっとその当時のヒゼキヤもそんな気持ちだったのではないだろうか? 29章で主の宮の奉仕の用意ができ、ヒゼキヤはイスラエルとユダの全土に人を遣わし、またエフライムにある主の宮に来てイスラエルの神、

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

​【リンク情報】
  • Facebook
  • YouTube

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com