2021年3月20日 ディボーション

旧約聖書 歴代誌 第二 4章


『純金の神殿を見学』





●学んだこと:

 今日のデボーションはビジュアルで。

神殿はかなりのオオバコである。大柱が2本、高さを強調してそびえている。

”海”という名のお風呂も目を引く。祭司たちが身を清めるためのものだ。直径4.4m、高さは2.2m、溺れそうなほど大きなお風呂だから海と名付けたのだろうか。水汲みはさぞや重労働だろうなあ。多くの鋳物の鋳造だって、銅を集めるだけでもたいへんだ。

ましてや、内装のすべてが ”金” づくしとは! ”まじりけのない金”、”純金” と、表現を変えてまで純正ゴールドを強調している。そしてふんだんに、燭台も飾り皿などの小道具もすべて純金製だ。

卑金属から貴金属である金を造る錬金術は古代、不老不死の象徴でもあった。

だから旧約の時代の ”金” は、神聖さの象徴であり、奥義の象徴でもあるのだという。

「イエスは答えられた。「あなたがたは天の御国の奥義を知ることが許されていますが、あの人たちには許されていません。」(マタイ13;11)

神殿の内部の金の装飾を見れたのは、祭司たちだけだったという。

新約の時代を生きる私たちは、イエスさまの十字架のおかげで奥義に生きることが許されている。

それがどれだけの恵みであるのか、神殿を見学しながら迫られた。

●祈り:

 詩編127:1~2 ソロモンの祈りに心を重ねて祈ります。

主が家を建てるのでなければ

建てる者の働きはむなしい。

主が町を守るのでなければ

守る者の見張りはむなしい。

あなたがたが早く起き 遅く休み

労苦の糧を 食べたとしても それはむなしい。

実に 主は愛する者に眠りを与えてくださる。

 眠っている間に必要を備えてくださる神さま、あなたを崇めます。

 イエスさまの名前で感謝して祈ります。アーメン




閲覧数:39回

最新記事

すべて表示

歴代誌 第二 36章 「あなたがた、だれでも主の民に属する者には、その神、主がともにいてくださるように。その者は上って行くようにせよ。」 -23節- ●語られたこと: いよいよ第二歴代誌もここで終結をむかえることになった。 36章は、ヨシヤの死後に4人の王達(エホアハズ、エルヤキム、エホヤキン、ゼデキヤ)が登場する。 4人の王達全員が主の目に悪であった。神が予言者をとおして悔い改めの機会をあたえた

歴代誌 第二 35章 『ヨシア王の死』 ●前の章とこの章を読むと不思議なのです。何故ヨシア王の死はあっけないものだろうか? という疑問だった。この二つの章を読むとヨシア王は素晴らしい働きをしていたことが明らかだったからです。 私は不思議に思い、何度か聖書を読み返すうちにアレッと思ったのです。それはユダの王として素晴らしい働きをし、ユダの民を神への反省へと導いたのです。しかし、ヨシア王が神に対して祈

歴代誌 第二 34章 『主の教えを語り継ぐもの』 ハワイ王朝は文字を持たなかった。彼らは大切な教えを歌やフラにして後継者たちに伝えた。イスラエルの民にもモーセの時代から受け継がれるべきもの、律法の書と歌があった。しかし長年忘れ去られ、本来の目的として日の目を見る事なく、次第に存在の薄いものになっていたようだ。だから祭司ヒルキアがモーセを通して示された律法の書を見た時は”?????”と感じたのではな