• HCCnichigo

2021年3月20日 ディボーション

旧約聖書 歴代誌 第二 4章


『純金の神殿を見学』





●学んだこと:

 今日のデボーションはビジュアルで。

神殿はかなりのオオバコである。大柱が2本、高さを強調してそびえている。

”海”という名のお風呂も目を引く。祭司たちが身を清めるためのものだ。直径4.4m、高さは2.2m、溺れそうなほど大きなお風呂だから海と名付けたのだろうか。水汲みはさぞや重労働だろうなあ。多くの鋳物の鋳造だって、銅を集めるだけでもたいへんだ。

ましてや、内装のすべてが ”金” づくしとは! ”まじりけのない金”、”純金” と、表現を変えてまで純正ゴールドを強調している。そしてふんだんに、燭台も飾り皿などの小道具もすべて純金製だ。

卑金属から貴金属である金を造る錬金術は古代、不老不死の象徴でもあった。

だから旧約の時代の ”金” は、神聖さの象徴であり、奥義の象徴でもあるのだという。

「イエスは答えられた。「あなたがたは天の御国の奥義を知ることが許されていますが、あの人たちには許されていません。」(マタイ13;11)

神殿の内部の金の装飾を見れたのは、祭司たちだけだったという。

新約の時代を生きる私たちは、イエスさまの十字架のおかげで奥義に生きることが許されている。

それがどれだけの恵みであるのか、神殿を見学しながら迫られた。

●祈り:

 詩編127:1~2 ソロモンの祈りに心を重ねて祈ります。

主が家を建てるのでなければ

建てる者の働きはむなしい。

主が町を守るのでなければ

守る者の見張りはむなしい。

あなたがたが早く起き 遅く休み

労苦の糧を 食べたとしても それはむなしい。

実に 主は愛する者に眠りを与えてくださる。

 眠っている間に必要を備えてくださる神さま、あなたを崇めます。

 イエスさまの名前で感謝して祈ります。アーメン




38回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年4月17日ディボーション

歴代誌二 32章 『祈りこそ最強の武器』 ●学んだこと: 名君ヒゼキヤ王に関する最後の記述だ。 大国アッシリア帝国が、エルサレムのヒゼキヤ王国に攻め入ろうとしている、国家存亡の危機の場面。 ヒゼキヤはまず、町の泉と川のすべてを堰き止め、水を確保した。籠城しても渇くことがないようにしたのだ。水を制するものは世界を制するというほどに強い、攻めの守り。知恵の賜を働かせたのだ。 強固な城壁の外で、アッシリ

2021年4月16日ディボーション

歴代誌 第二 31章 『喜びとともにささげる! ~神の祝福の原理~』 ヒゼキヤ王によって、民が神の民へと整えられていく。この章には、偶像が徹底的に打ち砕かれて、まことの主へと礼拝をささげていく神の民の姿がある。 それは「ささげもの」を携えて、宮へと集まる民の姿だ。ヒゼキヤ王の命令によって、この民は何の躊躇もなく、喜びとともに自分の持っているものをささげるために宮へと携えていった。 それだから、宮に

2021年4月15日 デイボーション

歴代誌 第二 30章 『恵みを分かち合う事』 「ねえ、ねえ、聞いて、聞いて、今日、こんな事があったんだよ!」娘たちを学校に迎えに行って帰る車の中の会話だ。嬉しいことがあると満面の笑顔で語ってくれる子ども達。きっとその当時のヒゼキヤもそんな気持ちだったのではないだろうか? 29章で主の宮の奉仕の用意ができ、ヒゼキヤはイスラエルとユダの全土に人を遣わし、またエフライムにある主の宮に来てイスラエルの神、

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

​【リンク情報】
  • Facebook
  • YouTube

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com