• HCCnichigo

2021年3月19日 ディボーション

歴代誌 第二 3章

『素晴らしい主の宮』

 いよいよ、モリヤの山で主の宮(神殿)の建築が始まった。宝石や金(6節)…とあるから、それはそれは美しい神殿だったのだろう。

 3章を読んでいて、その中でも7節分(8~14節)にわたって記されている「至聖所」に目が留まった。主の臨在を守るケルビムについても、克明に記されている。こんなにも、至聖所のことで節数が割かれているところにも、これから建築される主の宮が主の宮である意味を再確認させられる。

 至聖所…それは「聖の聖なる場所」という意味で、神を礼拝する所として備られた場所だ。

 それから、約3000年後…

 今、私たちは、主イエス・キリストのたった一度の十字架の贖いによって、その血潮を受けて、大胆にこの臨在(聖の聖なる場所)に入って、神を礼拝することができる。

 その真実を思えば思うほど、主イエス様の御名を崇めずにはおれない。

ハレルヤ!

あなたの宮で、あなたの臨在をもっと体験させてください。

偉大な主イエス・キリストの御名を通して、お祈りします。アーメン。

23回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年4月17日ディボーション

歴代誌二 32章 『祈りこそ最強の武器』 ●学んだこと: 名君ヒゼキヤ王に関する最後の記述だ。 大国アッシリア帝国が、エルサレムのヒゼキヤ王国に攻め入ろうとしている、国家存亡の危機の場面。 ヒゼキヤはまず、町の泉と川のすべてを堰き止め、水を確保した。籠城しても渇くことがないようにしたのだ。水を制するものは世界を制するというほどに強い、攻めの守り。知恵の賜を働かせたのだ。 強固な城壁の外で、アッシリ

2021年4月16日ディボーション

歴代誌 第二 31章 『喜びとともにささげる! ~神の祝福の原理~』 ヒゼキヤ王によって、民が神の民へと整えられていく。この章には、偶像が徹底的に打ち砕かれて、まことの主へと礼拝をささげていく神の民の姿がある。 それは「ささげもの」を携えて、宮へと集まる民の姿だ。ヒゼキヤ王の命令によって、この民は何の躊躇もなく、喜びとともに自分の持っているものをささげるために宮へと携えていった。 それだから、宮に

2021年4月15日 デイボーション

歴代誌 第二 30章 『恵みを分かち合う事』 「ねえ、ねえ、聞いて、聞いて、今日、こんな事があったんだよ!」娘たちを学校に迎えに行って帰る車の中の会話だ。嬉しいことがあると満面の笑顔で語ってくれる子ども達。きっとその当時のヒゼキヤもそんな気持ちだったのではないだろうか? 29章で主の宮の奉仕の用意ができ、ヒゼキヤはイスラエルとユダの全土に人を遣わし、またエフライムにある主の宮に来てイスラエルの神、

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

​【リンク情報】
  • Facebook
  • YouTube

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com