2021年3月19日 ディボーション

歴代誌 第二 3章

『素晴らしい主の宮』

 いよいよ、モリヤの山で主の宮(神殿)の建築が始まった。宝石や金(6節)…とあるから、それはそれは美しい神殿だったのだろう。

 3章を読んでいて、その中でも7節分(8~14節)にわたって記されている「至聖所」に目が留まった。主の臨在を守るケルビムについても、克明に記されている。こんなにも、至聖所のことで節数が割かれているところにも、これから建築される主の宮が主の宮である意味を再確認させられる。

 至聖所…それは「聖の聖なる場所」という意味で、神を礼拝する所として備られた場所だ。

 それから、約3000年後…

 今、私たちは、主イエス・キリストのたった一度の十字架の贖いによって、その血潮を受けて、大胆にこの臨在(聖の聖なる場所)に入って、神を礼拝することができる。

 その真実を思えば思うほど、主イエス様の御名を崇めずにはおれない。

ハレルヤ!

あなたの宮で、あなたの臨在をもっと体験させてください。

偉大な主イエス・キリストの御名を通して、お祈りします。アーメン。

閲覧数:23回

最新記事

すべて表示

歴代誌 第二 36章 「あなたがた、だれでも主の民に属する者には、その神、主がともにいてくださるように。その者は上って行くようにせよ。」 -23節- ●語られたこと: いよいよ第二歴代誌もここで終結をむかえることになった。 36章は、ヨシヤの死後に4人の王達(エホアハズ、エルヤキム、エホヤキン、ゼデキヤ)が登場する。 4人の王達全員が主の目に悪であった。神が予言者をとおして悔い改めの機会をあたえた

歴代誌 第二 35章 『ヨシア王の死』 ●前の章とこの章を読むと不思議なのです。何故ヨシア王の死はあっけないものだろうか? という疑問だった。この二つの章を読むとヨシア王は素晴らしい働きをしていたことが明らかだったからです。 私は不思議に思い、何度か聖書を読み返すうちにアレッと思ったのです。それはユダの王として素晴らしい働きをし、ユダの民を神への反省へと導いたのです。しかし、ヨシア王が神に対して祈

歴代誌 第二 34章 『主の教えを語り継ぐもの』 ハワイ王朝は文字を持たなかった。彼らは大切な教えを歌やフラにして後継者たちに伝えた。イスラエルの民にもモーセの時代から受け継がれるべきもの、律法の書と歌があった。しかし長年忘れ去られ、本来の目的として日の目を見る事なく、次第に存在の薄いものになっていたようだ。だから祭司ヒルキアがモーセを通して示された律法の書を見た時は”?????”と感じたのではな