top of page
  • HCCnichigo

2021年3月14日 ディボーション

1歴代誌27章


 ダビデは、老年になり、ソロモンにその王位を禅譲する準備を始めた。特に最も大切なことは、ソロモンによって神殿を建立することだ。そのために、ダビデは石材、木材などの材料を準備し、さらに神殿で仕える賛美チーム、門衛などの組み分けも始めた。28章以降では、民のリーダーたちを集めて、神殿建立に際しての大切なメッセージを伝える。準備万端である。

 ダビデにとっての悲願は、神殿の建立であった。しかし、神はダビデに、神殿を建立するのは、ソロモンであると告げていた。(28:2~8)

 自分が建てたいという強い思いを持っていたダビデにとっては、断腸の思いだろう。しかし、彼は、そこで拗ねてひねくれることなく、我が子ソロモンを支援することに注力していく。

 彼の目的は、神殿の建立である。誰が建てたのかは、二の次と思うことができたのであろう。ダビデは、常に主を見ている。そして何が大切なことなのか、物事の本質を見抜く目を持っている。

 最も大切なのことは何かが分かっているので、自分が建てる、自分が、自分がという自我が暴走することはなかった。

 ダビデにとって、自分の自我、こだわりを乗り越えられるほどに、神殿の建立は大切なことだったのだ。それを成し遂げるためには、すべてが小さい事に思えたことだろう。

 それほどの神殿とは、何だろか。ただの豪華絢爛な建物で、内外に権力を誇示するためのものなのか。そうではない。神殿とは、神の住まいなのだ。神の臨在が満ちている所なのだ。だから、最も大切なのだ。

語られたこと:


 私たちにとって最も大切な事とは何だろうか。それは神の臨在である。そこに焦点が合えば、握っているこだわりは、些細なことに思えてくる。神が共にいてくださる、この恵みで十分ではないか。心からそう思えた。

祈り:


 天の父なる神さま。私たちにとって最も大切なものは、主の臨在です。あなたが共にいてくだされば、それで十分です。この臨在の中にこれからも生かしてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:35回

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

bottom of page