top of page
  • hccnichigo

2021年3月13 日ディボーション

歴代誌第一26章


『今、主の宮は私たちのうちに建つ。という真実』


●学んだこと:


 ダビデは主の宮を建てることを志としていたが、主のことばに従い、潔く夢を手放してソロモンに代替わりをすることに決めた。

 しかしソロモンはまだ若く、神殿建立の段取りの采配はできない。ダビデは後見となって、神殿での礼拝と奉仕の組織作りに取り組んだ。

 組織の構成員は、30歳以上の男子三万八千人で、内訳は指揮官二万四千人、主とさばき人は六千人、賛美四千人、門衛四千人(23章)。

 25章は聖歌隊についてで、賛美メンバーは預言もするとあった。預言もできるのか! さすが賛美の人ダビデ直属の聖歌隊、霊的に満たされていなければ、軍隊の先頭に立って賛美し、楽器を奏でることはできなかったのだろう。


 今日の26章は、門衛の担当と、宝物倉の管理、そして外回りの外交担当だ。

 組織は家系というか血族で割り当てられ、

「こうして彼らは、下のものも上のものも等しく、その父祖の家ごとに、一つ一つの門についてくじを引いた。」

 とある。達人も弟子も優劣関係なく、平等にくじ引きで担当を決めたのだ。なんと民主的なことか。旧約の時代、くじは神の御心を知る手段としてよく用いられていたという。

 確かに、人の頭で人事を考えるよりも、くじの方が聖霊さまが自由に働くスペースができるのかも? 当人も自分で引いたのなら納得できるはずだし。100%神さまを信頼していたら、くじだろうが立候補だろうが、うまくいくんだろうな。純度の高い、大胆な信仰の賜だ。

 この26章は、神殿建立のための組織・人事計画の実務的な事務報告なんだけれども、読んでいると、神さまならではの”秩序と調和”を強く感じる。なんと麗しい!!


●祈り:


 水曜日の祈祷会で牧人先生から”今を生きる私たちの時代、主の宮はどこにあるのか?” という学びを受け、Ⅰコリント6:19~20を引用されました。

「あなたがたは知らないのですか。あなたがたのからだは、あなたがたのうちにおられる、神から受けた聖霊の宮であり、あなたがたはもはや自分自身のものではありません。あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。ですから、自分のからだをもって神の栄光を現しなさい。」

 神様の宮を内にみことばを生きることができますよう、聖霊さまどうか助けてください。イエスさまのお名前で祈ります。アーメン

閲覧数:41回

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

Comments


bottom of page