top of page
  • hccnichigo

2021年3月1日ディボーション

旧約聖書 歴代誌第一 14章


『神の子、光の子』


●語られたこと、学んだこと:


 昨日とっても嬉しい話を聞いた。教会でのお仕事の為に毎日教会に通う事になった未信者の方が「心地よさ」を感じている・・・との事。礼拝を受けたり、学び会に参加したり、信徒と深く聖書についての交わりの時を持った訳でもない。ただ教会に来ているだけ。そこで神様は彼の心に働きかけて下さっている。そのように感じられるのは、彼の心がダビデのように純粋で光を受け入れる器を持っていたからだと思う。

 私たちの父なる神様、御子イエス様の臨在はどんな場所でも、どんな時でも私たちの近くにある。その証拠に、ハワイでは沢山の虹を見ることができる。私はいつも創世記のノアが語られた事を思い出す。

「わたしは雲の中に、私の虹を立てる。それが、わたしと地との間の契約の印である」(創世記9章13節)


 愛を持って神は語りかけてくださる。その愛を受け入れられるように心を柔軟にオープンにすることが大切だと、この兄弟の話から気付かされた。

 何かに対して順風満帆の時、人は心弱い者なので驕り高ぶってしまう。驕り高ぶることで、恐怖が心にある事を見ないようにしているのではないだろうか? 私もそのうちの一人。ダビデが神に祈りペリシテ人との戦いに挑み勝利した。(10節)そして次の時も神に聴く事をを忘れなかったダビデ。(14節)主の御心によって油注がれたダビデ。「自分の王権が高くあげられていることを知った」(2節)とある。それでもダビデが光の前に彼の心を曝け出し、主と語っている。それは自分の弱さを知っていたから。自分の弱さを認め、主に聞き従う者こそ本当の強い人なのではないだろか? 常に彼のように謙虚でありたい。

 また私生活で異教の妻を沢山娶って繁栄したダビデ。しかし、その繁栄は常に神に聴き従うダビデの姿勢を神が良しとしてもたらして下さった繁栄。私もそのようにあれと、今日も主に語られた。


●祈り:


 天の父なる神様。今日も御子イエス様、聖霊様のお導きや解き明かしの中から沢山の気づきをありがとうございます。貴方の愛は皆に等しく、雨が全地に降り注ぐように注がれます。どうぞ貴方の愛を知らない人たちの心に貴方の愛が沢山染み透るよう祈ります。また、貴方の愛を知っている私ですが驕り高ぶる事があります。そんな時、どうぞ私に気付く力を与えてください。間違いに気づき、貴方の教えに立ち返られるように導いて下さい。

 主イエス様のお名前によって御前にお捧げいたします。アーメン。

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

Comentários


bottom of page