top of page
  • HCCnichigo

2021年3月 9日ディボーション

1歴代誌22章


『主の宮を建てるために』

●この章は前の章から始まっています。ダビデが率いるイスラエルはアモン人、ペリシテ人をドンドンと打ち破り領土を広げ勝利したのです。そんな時にダビデの前にサタンが立ちふさがりました。それでダビデはサタンに恐れを覚えて、神の嫌がる事即ち、自分の力である兵隊の数を数えました。その結果、神はイスラエルに疫病を与え、ダビデ王は自分の罪の恐ろしさに気付きました。そこでダビデは再び神を求めたのです。それから神との関係を作ることの大切さを学びました。ダビデは神の宮を建てる材料、資材を集め、宮の建設は息子のソロモンに任せるための用意をしました。

ダビデは息子、ソロモンとそれに続く子孫のために主の宮を建てる心構えを伝えました。これは、神の御心にかなうものとなり、ダビデは彼の息子、ソロモンや子孫、異邦人である私たちに信仰を任すのです。

 ・彼の王座を永遠に堅く立てる。  ・主があなたと共におられる。  ・私たちは主の教えを守る。

あなたがたは心を尽くし、精神を尽くして、あなたがたの神、主に求めなさい。(歴代誌第一、22章19節)


●お祈り

天のお父様、ダビデは自分は主の宮を建てる器でない事に気付き、息子ソロモンに任せました。確かに目に見える宮は完成したのですが、それは長く続きませんでした。人間の弱さというか、不完全さを思います。私も決してダビデ、ソロモンのような者ではありませんが、それと同じように私を、私たちを愛して下さっている事に感謝します。今こうしてイエス様を通してあなたと繋がりを持てることの幸いを感じます。あなたの宮は私の中に住んでくださる聖霊を通し、与えられている事を感謝します。あなたとの関係をサタンに奪われないよう助けて下さい。私の心の目を開かせて、サタンから逃れさせてください。イエス・キリストの御名によってお祈りします。 アーメン

閲覧数:26回

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

bottom of page