• HCCnichigo

2021年3月 9日ディボーション

1歴代誌22章

『主の宮を建てるために』

●この章は前の章から始まっています。ダビデが率いるイスラエルはアモン人、ペリシテ人をドンドンと打ち破り領土を広げ勝利したのです。そんな時にダビデの前にサタンが立ちふさがりました。それでダビデはサタンに恐れを覚えて、神の嫌がる事即ち、自分の力である兵隊の数を数えました。その結果、神はイスラエルに疫病を与え、ダビデ王は自分の罪の恐ろしさに気付きました。そこでダビデは再び神を求めたのです。それから神との関係を作ることの大切さを学びました。ダビデは神の宮を建てる材料、資材を集め、宮の建設は息子のソロモンに任せるための用意をしました。

ダビデは息子、ソロモンとそれに続く子孫のために主の宮を建てる心構えを伝えました。これは、神の御心にかなうものとなり、ダビデは彼の息子、ソロモンや子孫、異邦人である私たちに信仰を任すのです。

 ・彼の王座を永遠に堅く立てる。  ・主があなたと共におられる。  ・私たちは主の教えを守る。

あなたがたは心を尽くし、精神を尽くして、あなたがたの神、主に求めなさい。(歴代誌第一、22章19節)

●お祈り

天のお父様、ダビデは自分は主の宮を建てる器でない事に気付き、息子ソロモンに任せました。確かに目に見える宮は完成したのですが、それは長く続きませんでした。人間の弱さというか、不完全さを思います。私も決してダビデ、ソロモンのような者ではありませんが、それと同じように私を、私たちを愛して下さっている事に感謝します。今こうしてイエス様を通してあなたと繋がりを持てることの幸いを感じます。あなたの宮は私の中に住んでくださる聖霊を通し、与えられている事を感謝します。あなたとの関係をサタンに奪われないよう助けて下さい。私の心の目を開かせて、サタンから逃れさせてください。イエス・キリストの御名によってお祈りします。 アーメン

18回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年3月31日ディボーション

歴代誌 第二 15章 語られたこと、示されたこと: 神の霊が臨んだオデデの子アザルヤを通して語られたことは、アサやすべてのユダとベニヤミンの人々への命令に近い訓戒であった。「あなたがたが主とともにいる間は、主はあなたがたとともにおられます。もし、あなたがたがこの方を求めるなら、あなたがたにご自分を示してくださいます。もし、あなたがたがこの方をす捨てるなら、この方はあなたがたを捨ててしまわれます。」

2021年3月30日 デボーション

2歴代誌14章 『神を信じていたユダ王国』 ●前の章ではユダの王アビヤは、ユダ国を攻めて来たヤロブアム王が率いるイスラエルの兵士たち(兵士数ではユダを上回っていた)を打ち破って、歴史はアサ王の時代へと変わります。 この章ではユダの国のアサ王に焦点が向けられています。2節から5節までは、アサ王はユダ王国が繁栄する様子よりも先に神に従い、悪しき行いの根源である偶像を取り除き、ユダの人々に神に従うことを

2021年3月29日ディボーション

歴代誌 第二 13章 『種まきと刈り取りの法則』 3月16日に悲しい事件がアメリカ本土で起こった。新型コロナ感染拡大以降、アジ ア系住民への暴力や嫌がらせが相次ぎ、アトランタ近郊のマッサージ店、スパ2店舗、計3店舗で、同日に8人の従業員が銃撃事件に巻き込まれ尊い命を失った。そのうち6人 がアジア人。それを受けてバイデン大統領は「アジア系アメリカ人に対する悪質なヘイ トクライム(憎悪犯罪)は間違って

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

​【リンク情報】
  • Facebook
  • YouTube

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com