top of page
  • HCCnichigo

2021年3月 2日ディボーション

1歴代誌15章


『神の箱、二度目の搬入』


●「神の箱、主の箱」は「契約の箱」とも呼ばれています。その中にはモーセ時代のマナを納めた金の壺、アロンの杖、十戒が書かれた石板が入っていました。それは神と神の民の契約の印です。

 一度、その「神の箱」を神殿に搬入しようとしたのですが、搬入の方法が間違っていたようです。喜んで神のために行った搬入作業だったのですが、それだけでは足りなかったようです。そして今回、再び挑戦というか「神の箱」を二回目の搬入をします。今度は失敗しないように、み言葉に従って行いました。幕屋と神殿の仕事を任されたレビ人を呼んで行いました。


●教えられたこと

 もしかしたら、私や日本人なら型式に従って、慎重に行い過ぎ、神から罰を与えられないようにしたと思います。式が終わってホッとしたという所でしょうか? 搬入儀式の喜びがあったのだろうか?

 しかし、ダビデが凄いと思ったことは体全体を使って、搬入の儀式を喜び踊ったというのです。ダビデの態度に教えられることがたくさんです。

 その搬入の儀式を見ていたサウルの娘は喜び踊っているいるダビデを見てさげすんだというのです。今も私たちは事あるごとに神様を喜び、賛美をしますがそれを見る人、反対する人は良く思わない人がいるという事です。 果たして私たちはレント(受難節)の中で、十字架のイエス・キリストの事を想い、喜んで生活できるのか? 

 日々、心新たにイエス様の心を学びつつ歩みたいと思います。


●お祈り

天のお父様、この章から十字架の契約を読み取ります。私が生まれる前からイエス様が私を覚え、十字架にお掛かりになりました。今はレント、受難節です。どうかその時のイエス様をしっかりと味わいつつ、失敗したような時があっても、その喜びを伝える勇気をください。よろしくお願いします。

イエス・キリストの御名によってお祈りします。 アーメン

閲覧数:30回

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

bottom of page