top of page
  • HCCnichigo

2021年2月7日ディボーション

Ⅱ列王記25章 


 とうとう列王記の最終章まで来た。18章では北イスラエル王国の滅亡が記されていたが、南ユダ王国は、その136年後、BC586年に神殿が完全に破壊され、民はバビロン帝国の捕囚となって引かれていくことになった。

 目の前で北王国が滅亡したのを見ながら、136年の猶予期間がありながらも南王国は悔い改めることがなかった。

 この歴史が、聖書の中に記されていることの意味は何だろうか? 何のために、神は聖書にサムエル記や列王記、歴代誌のような歴史の記したのだろうか。

 現代に生きる私たちが列王記を読むとき、二つのことを示されると思う。一つは、人間とは、かくも神に逆らう者なのだという事。気が滅入るような気にもなるが、まさに自分の姿を描き出しているようだ。

 さらに、そのような人間を、それでも永遠に変わらない愛をもって愛し続ける神の真実が描き出されている。

 人間の罪深さと、神の真実が浮き彫りにされる。まさに「悔い改めて、福音を信じなさい」と言われたイエスのことば、そのままだ。 

 私たちは、絶えず立ち返ることを必要とする人間であり、またその者を無条件で受け入れてくださる父の愛がある。その根拠は、私たちのその罪を負って十字架にかかってくださったイエス・キリストの救いにある。

 歴史書を読むごとに、私たちは、主の十字架の恵みの深さを知るようになるのだ。それこそがこの歴史書が聖書に記されている意味なのだと思う。

 歴史を支配され、導かれる主の御名を崇めよう。

語られたこと:

 人間の、そして自分の罪の性質というものが嫌というほど突きつけられる、しかし、それにまさる神の恵みがある。今日も主の十字架を仰ぎ見て、主を賛美しつつ歩みたい。

祈り:

 天の父なる神さま。私たちが、今日も神の恵みに生かされていることに感謝します。あなたの真実は、永遠に変わることはありません。どうか私たちが、主と共にその道を真っすぐに歩むことができますように、導いてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:15回

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

bottom of page