• HCCnichigo

2021年2月6日ディボーション

Ⅱ列王記24章


『祝福のための捕囚』


●学んだこと:


 世界史の教科書に必ず載っている”バビロン捕囚”の史実の始まりだ。ユダ王国の民がバビロンに囚われていくのは計3回。この24章には紀元前598年に行われた1回目の捕囚のようすが記されている。

 捕虜となったのはユダの王エホヤキン。ともに捕囚されたのは母、家来、高官などすべての有力者や職人など一万人に及んだ。ただし貧しい民衆は連行の対象にならなかった(Ⅱ列24:14)。富とは無縁の、清貧の強さである。

 捕囚の実際はエレミア書にも詳しいので、併せて読んだ。主はエレミアに語った。

「ユダの捕囚の民を、この良いいちじくのように、良いものであるとみなそう。」(エレ24:5)捕囚は聖別?!

「それはわざわいではなく平安を与える計画であり、あなた方に将来と希望を与えるためのものだ。」(エレ29:11)捕囚は祝福の約束?!

 エレミアはユダの民に、家を建てて住み、果樹園を造り、妻を迎えて家族を増やせ。バビロンの町を祈って、平安を得よと預言している。捕囚、連行、拉致という強制的なイメージより、実態は尊厳や自由は保たれた移民か亡命のような感じだったのだろう。

 しかも神さまの救済計画のシナリオに守られて!! 500年近い一系支配を誇ったダビデ王朝の終焉は、終わりの始まりだったのだ。

 捕囚のおかげで偶像崇拝は絶たれ、ユダヤ人としての結束が生まれ、エレミアの預言に従いながら、律法を学び、祈る独自の生活も確立していった。

 どなたかハワイに住むユダヤ人の方に、バビロン捕囚をどう受け止めているのか、聞いてみたいなあ。

 ちなみに”バビロン捕囚”に関する歴史的な資料はほとんどなく、聖書だけがその事実を明記しているのだという。ということは、日本の教科書を作っている人たちは、旧約聖書を信じてくれているということか? ユダヤ人の歴史を編纂したいがために聖書を利用した、とは思いたくないですよね。


●祈り:


「バビロンの川のほとり そこに私たちは座り シオンを思い出して泣いた。」

詩編137、ユダの民の望郷の賛美に心を合わせて祈ります。

神さま、あなたの救済のご計画は今も続いています。

和解と平和が神さまの刻にかなって進みますよう、期待して待ちます。

列王記を通読する力を与えてくださってありがとうございました。

イエスさまのお名前で感謝して祈ります。アーメン

26回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年2月24日 ディボーション

歴代誌 第一  9章 ●語られたこと: バビロン捕囚から解放されて70年後に帰還して、それぞれの所有地に最初に住み着いたのは、イスラエルの人々、祭司たち、レビ人および宮のしもべたちであった。エルサレムには、ユダ族、ベニヤミン族、エフライムおよびマナセ続の者が住んだ。その系図が述べられている。そして、彼らのそれぞれの働きがここに詳細にのべられている。 門衛、主の宮の器具の管理、安息日にパンを用意する

2021年2月23日ディボーション

旧約聖書:1歴代誌8章 「ベニヤミンの系図」 ●ベニヤミンはヤコブ(イスラエル)の12番目に生まれた末っ子です。 その子孫の名がこの8章では述べられています。 ベニヤミン族はサウル王の家系でもあります。 しかもベニヤミン族はサウル王の不始末により、消滅しかかりました。(2サムエル記9章) しかしユダ族の王、ダビデの寛容によりわずかな人たちが残り、イスラエルが分裂した時には、南ユダ王国側に統合され、

2021年2月22日 ディボーション

歴代誌 第一 7章 『ヌンの子ヨシュア』 ●語られたこと: 第7章もヤコブの12人の子供達のうちの一部の家系が登場する。その中でも11男ヨセフの子供達の話に心引き寄せられた。なぜならエゼルとエルアデは家畜を奪おうとして殺されている。(21節)しかし、その後に続く人々の中からヌンの子ヨシュアが登場する(27節) ここで二つの事を考えた。まず一つ目。ヤコブの家族は主に祝福されていて、家畜を奪わなければ

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com