• HCCnichigo

2021年2月5日ディボーション

列王記第二23章


『みことばの力』


 律法の書(契約の書)が主の宮で発見された。主の目にかなった王、ヨシヤ王はここにあるみことばに突き動かされて、改革を始めていく。

 ここから先は、読んでいて実に気持ちが良い。それまでの黒歴史に刻まれた偶像の数々、主の目に悪と見えるものが次々と一掃されていく様が記されている。

 王と民の前で朗読された契約の書のことばによって、神の契約は再びヨシヤ王の治世に呼び覚まされた。この書に記された「過越のいけにえ」は、何とさばきつかさたちがイスラエルをさばいた時代(士師記にある時代)以来、ここに実行されたというのだからすごいことだ。

 ここに契約の書、神の律法、みことばがもたらす計り知れない力を思う。みことばによって、王と民は再び整えられ、主に立ち返った。

 この八歳で王となった善王ヨシヤについて、25節にこのように記されている。

「ヨシヤのようにモーセのすべての律法にしたがって、心のすべて、たましいのすべて、力のすべてをもって主に立ち返った王は、彼より前にはいなかった。彼の後にも彼のような者は、一人も起こらなかった。」

 心のすべて、たましいのすべて、力のすべてをもって主に立ち返るとは、どういうことか、今日一日思い巡らしつつ過ごしたい。

天のお父様、

 あなたのみことばを感謝します。あなたのみことばが、ヨシヤの改革を生み出しました。

いつもあなたに立ち返って生きるために、私の心のすべてを、たましいのすべてを、力のすべてを探り、それらをあなたのみことばによって取り扱ってください。

そして、ヨシヤのように、あなたの御心を生きる者とさせてください。アーメン。

17回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年2月28日ディボーション

1歴代誌13章 この章には、衝撃的な事件が記されている。 ダビデが、その王位を確立した時に、真っ先にしたことが神の契約の箱を運び上ることだった。ここにダビデの信仰者としての姿勢が現れている。彼にとって大切なことは、何よりも神の臨在なのだ。 契約の箱は、神の臨在の象徴であり、その箱の存在を通して、神が私たちの神であり、私たちは神の民であることを確認するのである。そう考えると、この契約の箱がなおざりに

2021年2月27日ディボーション

歴代誌一 12章 『一心不乱の信仰』 ●学んだこと: 12章には、ダビデを王とするために決起した人々のリストが挙げられている。時系列で。サウル王に迫害を受けて逃亡していた頃、ペリシテに隠れていた頃、ヘブロンを統治していた頃・・・サムエル記や列王記の記憶がぽつりぽつりと蘇る。 国をあげてダビデ討伐の命令が出されていた最中でさえ、ダビデに味方した民は少なくなかった。国王を裏切るのだから、死刑覚悟、命が

2021年2月26日ディボーション

歴代誌 第一 11章 「万軍の主はわれらとともにおられる」 歴代誌はここで、全イスラエルの王ダビデが登場する。サウルに続く王様として、その繁栄と勢いには目を見張る。ダビデの町までできた。(この町は、イスラエルはエルサレムの旧市街に遺跡が発掘されて、今や多くの人々が訪れる場所になっている) そのようなダビデ王について記されている11章で、この度、私の心にとても響いたのは9節のみことばだ。 「ダビデは