top of page
  • HCCnichigo

2021年2月28日ディボーション

1歴代誌13章


 この章には、衝撃的な事件が記されている。

 ダビデが、その王位を確立した時に、真っ先にしたことが神の契約の箱を運び上ることだった。ここにダビデの信仰者としての姿勢が現れている。彼にとって大切なことは、何よりも神の臨在なのだ。

 契約の箱は、神の臨在の象徴であり、その箱の存在を通して、神が私たちの神であり、私たちは神の民であることを確認するのである。そう考えると、この契約の箱がなおざりにされたままでいいわけがない。

 ダビデは、契約の箱を安置するために幕屋を建て、賛美の歌い手を任命し、準備万端にして契約の箱を運び上ることにした。

 しかし、である。契約の箱を運び上る途中で、傾いた箱を手で押さえたウザが神に打たれて死んでしまったのだ。それを見たダビデは恐れてしまい、契約の箱を運ぶのを止めてしまう。

 その後、ダビデは、契約の箱の扱い方に間違いがあったことが分かり、律法に記されている方法で箱を運び直すことをしたのだ。(15:2)

 ウザが可哀そうだ、善意から箱が落ちないように守ろうとしたのに主に打たれてしまうなんて。しかしこれは、そのようなレベルの話ではない。神の臨在に触れるというのは、そのような事なのだ。

 私たちは今、礼拝の中で、様々な場面で神の臨在に触れている。しかし本来、それは畏れるべきことなのだ。しかも、イエスは、ご自身の方から手を伸ばして人々に触れてくださった。それは考えられないことなのだ。

 本来、聖なる神の臨在の御前では、間違いがあったら死に値するのだ。しかし、事実、間違いだらけの私たちは、生きている。それは、ただただイエスの十字架の贖いがあるからだ。もし十字架がなければ、私たちは、神の臨在を楽しむことが出来るだろうか。

 神の臨在に対する畏れ(恐れではない)を持ちつつ、その臨在を楽しむものでありたい。

語られたこと:


 私たちにとって、神の臨在は喜び、楽しみ、平安そのものである。イエスの十字架の贖いのゆえに、私たちは神の御前で、神と共に生きることが出来るようになった。これほどの恵みがあるだろうか。ただただ感謝しかない。 

祈り:


 天の父なる神さま。私たちに恵みとして与えられた神の臨在を、喜び、楽しみ、その中に生き続けることが出来ますように。今日も、主の恵みに感謝を捧げます。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:19回

最新記事

すべて表示

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

bottom of page