• HCCnichigo

2021年2月28日ディボーション

1歴代誌13章


 この章には、衝撃的な事件が記されている。

 ダビデが、その王位を確立した時に、真っ先にしたことが神の契約の箱を運び上ることだった。ここにダビデの信仰者としての姿勢が現れている。彼にとって大切なことは、何よりも神の臨在なのだ。

 契約の箱は、神の臨在の象徴であり、その箱の存在を通して、神が私たちの神であり、私たちは神の民であることを確認するのである。そう考えると、この契約の箱がなおざりにされたままでいいわけがない。

 ダビデは、契約の箱を安置するために幕屋を建て、賛美の歌い手を任命し、準備万端にして契約の箱を運び上ることにした。

 しかし、である。契約の箱を運び上る途中で、傾いた箱を手で押さえたウザが神に打たれて死んでしまったのだ。それを見たダビデは恐れてしまい、契約の箱を運ぶのを止めてしまう。

 その後、ダビデは、契約の箱の扱い方に間違いがあったことが分かり、律法に記されている方法で箱を運び直すことをしたのだ。(15:2)

 ウザが可哀そうだ、善意から箱が落ちないように守ろうとしたのに主に打たれてしまうなんて。しかしこれは、そのようなレベルの話ではない。神の臨在に触れるというのは、そのような事なのだ。

 私たちは今、礼拝の中で、様々な場面で神の臨在に触れている。しかし本来、それは畏れるべきことなのだ。しかも、イエスは、ご自身の方から手を伸ばして人々に触れてくださった。それは考えられないことなのだ。

 本来、聖なる神の臨在の御前では、間違いがあったら死に値するのだ。しかし、事実、間違いだらけの私たちは、生きている。それは、ただただイエスの十字架の贖いがあるからだ。もし十字架がなければ、私たちは、神の臨在を楽しむことが出来るだろうか。

 神の臨在に対する畏れ(恐れではない)を持ちつつ、その臨在を楽しむものでありたい。

語られたこと:


 私たちにとって、神の臨在は喜び、楽しみ、平安そのものである。イエスの十字架の贖いのゆえに、私たちは神の御前で、神と共に生きることが出来るようになった。これほどの恵みがあるだろうか。ただただ感謝しかない。 

祈り:


 天の父なる神さま。私たちに恵みとして与えられた神の臨在を、喜び、楽しみ、その中に生き続けることが出来ますように。今日も、主の恵みに感謝を捧げます。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

14回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年3月16日ディボーション

1歴代誌29章 『ダビデ個人と神との約束』 ●前の章ではダビデ王は、イスラエルのリーダーたちに向かってこれからのことを話します。この章ではイスラエルの全国民に向かって、神の宮は人のためではなく、神である主であるのでダビデは全力で準備をすることを民に告げます。 そのメッセージを聞いたイスラエルのリーダーたちから始め、民までも神の宮のために準備を始めたのです。そのイスラエルの人々を見てダビデは主に感謝

2021年3月15日ディボーション

歴代誌 第一 28章 『信仰者の歩む道』 ●学んだ事: 年老いたダビデがイスラエルの全ての長をエルサレムに召集して、彼が神に告げられた事を話すシーンからスタートする。その内容は、神殿建設の準備を今までしてきたが、神殿を立てる為に主が選ばれたのはソロモン。だから皆で彼を手伝ってくれ、、、と語る。あと少しなのに・・・ダビデが可哀想でならないが、主は彼の罪の故にこのような事を決定された。モーセがカナンの

2021年3月14日 ディボーション

1歴代誌27章 ダビデは、老年になり、ソロモンにその王位を禅譲する準備を始めた。特に最も大切なことは、ソロモンによって神殿を建立することだ。そのために、ダビデは石材、木材などの材料を準備し、さらに神殿で仕える賛美チーム、門衛などの組み分けも始めた。28章以降では、民のリーダーたちを集めて、神殿建立に際しての大切なメッセージを伝える。準備万端である。 ダビデにとっての悲願は、神殿の建立であった。しか

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

​【リンク情報】
  • Facebook
  • YouTube

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com