• HCCnichigo

2021年2月27日ディボーション

歴代誌一 12章



『一心不乱の信仰』



●学んだこと:



 12章には、ダビデを王とするために決起した人々のリストが挙げられている。時系列で。サウル王に迫害を受けて逃亡していた頃、ペリシテに隠れていた頃、ヘブロンを統治していた頃・・・サムエル記や列王記の記憶がぽつりぽつりと蘇る。

 国をあげてダビデ討伐の命令が出されていた最中でさえ、ダビデに味方した民は少なくなかった。国王を裏切るのだから、死刑覚悟、命がけの反逆だ。妻や子に引き留められたかもしれない。

 ダビデの神さまにへの献身も一途だが、ダビデに加勢したイスラエルの民の、主に従う姿も一心不乱だ。

 この一心不乱ができないのだ。



 前に黙示録を読んだ時、黙3:16のみことばにキュンキュンした。

「そのように、あなたは生ぬるく、熱くも冷たくもないので、わたしは口からあなたを吐き出す。」

 なんとイマドキなイエスさま! なんとイラッチなイエスさま!

 現代人をなんとも見事に喝破している。そして父なる神さま、十字架のイエスさまを信じてはいるけれど、肉の自分もよしとした、生ぬるいクリスチャンの私に対する嘆きだなと、あまりの図星っぷりに、好きなみことばランキング1位に輝いていた。最近は自虐系はあえてランキンさせないようにしているけれど。

 つまりダビデやイスラエルの民のように、一心不乱に熱く完全燃焼させるほどの「全き心」(歴一12;38)を持つことが難しいのだ。



 ダビデのもとに集まった勇士は何人だったのか、12章で記者は数字も克明に記録している。30万人以上? 情報伝達ツールが何もない時代に、よくぞこれだけ集まったものである。どう考えても人の力ではなく、聖霊さまの働きなくしてはありえない。

 だから全き心で主に従えば、神さまはGPS以上になんでもおできになる。私たちの主はなんでもしてくださるという真理が、心の中にじーんと沁みわたる。主は良いお方。

●祈り:

主よ あなたの道を私に教えてください。

私はあなたの真理のうちに歩みます。

私の心を一つにしてください。

御名を恐れるように。

憐み深い神さま、詩編86;11 ダビデの祈りと心一つにして祈ります。

イエスさまのお名前で感謝して祈ります。アーメン

32回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年3月16日ディボーション

1歴代誌29章 『ダビデ個人と神との約束』 ●前の章ではダビデ王は、イスラエルのリーダーたちに向かってこれからのことを話します。この章ではイスラエルの全国民に向かって、神の宮は人のためではなく、神である主であるのでダビデは全力で準備をすることを民に告げます。 そのメッセージを聞いたイスラエルのリーダーたちから始め、民までも神の宮のために準備を始めたのです。そのイスラエルの人々を見てダビデは主に感謝

2021年3月15日ディボーション

歴代誌 第一 28章 『信仰者の歩む道』 ●学んだ事: 年老いたダビデがイスラエルの全ての長をエルサレムに召集して、彼が神に告げられた事を話すシーンからスタートする。その内容は、神殿建設の準備を今までしてきたが、神殿を立てる為に主が選ばれたのはソロモン。だから皆で彼を手伝ってくれ、、、と語る。あと少しなのに・・・ダビデが可哀想でならないが、主は彼の罪の故にこのような事を決定された。モーセがカナンの

2021年3月14日 ディボーション

1歴代誌27章 ダビデは、老年になり、ソロモンにその王位を禅譲する準備を始めた。特に最も大切なことは、ソロモンによって神殿を建立することだ。そのために、ダビデは石材、木材などの材料を準備し、さらに神殿で仕える賛美チーム、門衛などの組み分けも始めた。28章以降では、民のリーダーたちを集めて、神殿建立に際しての大切なメッセージを伝える。準備万端である。 ダビデにとっての悲願は、神殿の建立であった。しか

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

​【リンク情報】
  • Facebook
  • YouTube

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com