top of page
  • HCCnichigo

2021年2月25日ディボーション

歴代誌第一 10章


『クリスチャン倫理』


 ●語られたこと:


 最近NHKで興味深いドラマがあって見続ている。「これから倫理の時間です」と言う高校生の倫理の授業を中心にそれぞれが抱える問題と哲学者、知恵者と言われた先人達の残した言葉を用いてどう生きるべきかを問いかけるドラマ。話の舞台は高校生活だが、内容はどんな年代にも、住まう土地にも関係する内容。もしチャンスがあったら皆さんに見ていただきたいドラマである。しかし、私はキリスト者として見ている。神様だったらどうするか? イエス様はなんと言うか?

 倫理とは「人として守り行うべき道」とデジタル大辞林は述べている。善悪の正邪、判断において普遍的な基準となるもの、道徳、モラル、とも述べている。キリスト者である私の倫理は父なる神と御子イエス様に語られた御言葉。ありがたいことに、一日1章では1年で終わらないくらい沢山の御言葉が私たちに与えられている。神様には朝昼晩、食べ物を食べるように、御言葉を食べなければ、私たちがすぐに流されて主の御心がわからなくなる事を予測していらっしゃったのだと思う。


「このようにサウルは主の信頼を裏切ったので不審の罪のゆえに死んだ。」「主に尋ねる事をしなかった」と14節に記されている。わざわざこれまでの福音書でも沢山語られているがあえて記したのである。それだけ、私たちが毎日主に聴き従い、主の御心を行うことが求められているのだと思う。


 最近よく、神様に試される。毎日のように悪魔の囁きによって唆された人の攻撃を喰らう。心折れそうになる事もある。しかし私は、主と言うトレーニングコーチによって心を鍛えられているので最近はブレなくなった。新聞や雑誌の占い記事を見ることも無い。神社のクジも引かない。引く必要がない。なぜなら私の心には父なる神様と御子イエス様の教えと言う倫理の木とその枝が広がっているから。


日本フリーメソジスト桜井聖愛教会牧師、大澤恵太先生が数日前のクラブハウス内でのレクチャーにて「聖書に立っているクリスチャンとしてどう考えるかが大切」と語っておられた。

私たちは目の前に大きな大木である父なる神様と御子イエス様がいる。この大木に寄り添う時、主は必ず私たちの心に語ってくださる。神の愛、いつでもどこでも注がれる私たちは他の倫理にブレる必要がない。こんな恵み他にはない。


●祈り:

 天の父なる神様。私を沢山の人々と繋がる場所へ連れて行って、学びの時を与えてくださりありがとうございます。これからもあなたの教えを私の倫理として歩みます。どうぞいつも私にすべきことを語ってください。あなたの御心がわかる人格にしてください。心折れないようにどうぞあなたが支えてください。

 イエス様のお名前によって御前にお捧げいたします。アーメン。

閲覧数:29回

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

bottom of page