• HCCnichigo

2021年2月24日 ディボーション

歴代誌 第一  9章


●語られたこと:


 バビロン捕囚から解放されて70年後に帰還して、それぞれの所有地に最初に住み着いたのは、イスラエルの人々、祭司たち、レビ人および宮のしもべたちであった。エルサレムには、ユダ族、ベニヤミン族、エフライムおよびマナセ続の者が住んだ。その系図が述べられている。そして、彼らのそれぞれの働きがここに詳細にのべられている。

 門衛、主の宮の器具の管理、安息日にパンを用意するもの、聖なる用具の務め、香料を調合するもの、聖歌隊の奉仕者、等々、その他。そこから、示されたことは、神から与えられた賜物を一人一人が、神のために、国の復興のために励んでいる様子は、まさに神に立ち返る姿があった。これは、神様の御計画だったと思わされた。


 彼らが、完全に破壊された自分達の母国に帰還するということは大変な覚悟があったと思う。何もないところからの再出発であった。ここまで彼らが立ち上がることができたのは、あのバビロン捕囚での神様の試練を受け入れて神に立ち返ることができたからだと思った。

 神は、私達を訓練の為に試練を与えられるけれど、耐えられない試練に

あわせることはされない。むしろ、脱出の道も備えていてくださる。[第一コリント10:13]  そこまで私達のことを思って愛しておられる。神の愛は偉大である。


 人生に試練はつきものであるけど、その試練の中にいる時は、なぜ神は私にこのようなことをされるのだろうかと打ちひしがれることがあるけど、後から思い返せばそれはみんな神の御計画だったと思うことが常にある。その時に、素直になって神に祈り聞き従っていけるようになりたい。


●祈り:


 愛する天の父なる神様、今日の聖書のデイボーションでみことばがあたえられたことを感謝します。

 信仰のたりないこの私は、まだまだイスラエルの民と同じです。何度も何度もつまずきながら十字架に歩んでいます。こんな私でもあなたが私のために愛で見守っていて下さることを感謝します。

 このレントの期間に、イエス様が私にして下さったことを感謝して、さらに十字架の愛に祈っていきたいと思います。どうぞ導いてください。感謝して、主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン。

18回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年3月16日ディボーション

1歴代誌29章 『ダビデ個人と神との約束』 ●前の章ではダビデ王は、イスラエルのリーダーたちに向かってこれからのことを話します。この章ではイスラエルの全国民に向かって、神の宮は人のためではなく、神である主であるのでダビデは全力で準備をすることを民に告げます。 そのメッセージを聞いたイスラエルのリーダーたちから始め、民までも神の宮のために準備を始めたのです。そのイスラエルの人々を見てダビデは主に感謝

2021年3月15日ディボーション

歴代誌 第一 28章 『信仰者の歩む道』 ●学んだ事: 年老いたダビデがイスラエルの全ての長をエルサレムに召集して、彼が神に告げられた事を話すシーンからスタートする。その内容は、神殿建設の準備を今までしてきたが、神殿を立てる為に主が選ばれたのはソロモン。だから皆で彼を手伝ってくれ、、、と語る。あと少しなのに・・・ダビデが可哀想でならないが、主は彼の罪の故にこのような事を決定された。モーセがカナンの

2021年3月14日 ディボーション

1歴代誌27章 ダビデは、老年になり、ソロモンにその王位を禅譲する準備を始めた。特に最も大切なことは、ソロモンによって神殿を建立することだ。そのために、ダビデは石材、木材などの材料を準備し、さらに神殿で仕える賛美チーム、門衛などの組み分けも始めた。28章以降では、民のリーダーたちを集めて、神殿建立に際しての大切なメッセージを伝える。準備万端である。 ダビデにとっての悲願は、神殿の建立であった。しか

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

​【リンク情報】
  • Facebook
  • YouTube

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com