• HCCnichigo

2021年2月23日ディボーション

旧約聖書:1歴代誌8章

「ベニヤミンの系図」

●ベニヤミンはヤコブ(イスラエル)の12番目に生まれた末っ子です。 その子孫の名がこの8章では述べられています。

 ベニヤミン族はサウル王の家系でもあります。 しかもベニヤミン族はサウル王の不始末により、消滅しかかりました。(2サムエル記9章) しかしユダ族の王、ダビデの寛容によりわずかな人たちが残り、イスラエルが分裂した時には、南ユダ王国側に統合され、滅びないで助かりました。


●教えられたこと

 この書の出来事から創世記44章の事を思い出しました。 イスラエル12兄弟、ユダの行動です。 カナンの地で大飢きんが起こった時、イスラエルの家族は穀物を買うために11人の兄弟はエジプトに行きました。 その時、父イスラエルが愛する末っ子、ベニヤミンが人質として捕まろうとした時でした。 12兄弟の中のユダが人質、ベニヤミンの身代わりになろうとしたのです。 ユダはベニヤミンをかばったのです。 その行動がイスラエル12部族を助けたのです。

 それと同じことが、この系図の中にも出て来ました。 消滅しかけたベニヤミン族をユダ族は助けたのです。 ユダの身代わりの行動が、ベニヤミン族を再び助けたのです。 本当に不思議です。

 ユダ族の身代わりという歴史は、私たち全ての人が持っている原罪(神を知らない罪)をユダ族の家系であるイエス・キリストが身代わりとなって私をあなたを赦して下さったのです。 それ故に今も私たちはイエス様を信じ、イエス様によって神さまに近いものとされているです。

●お祈り

天のお父様、この章から再び身代わりの事を思い出させて下さり感謝します。 罪がある私たちを罪から救って下さったので、大胆に神さまに近づくことだ出来ました。 イエス様の十字架の愛に感謝します。 この世にはあなたの事を知らない人がたくさんおられます。 その恵みをしっかりと味わい、体験し人々にその喜びを伝える者とさせてください。よろしくお願いします。 

イエス・キリストの御名によってお祈りします。 アーメン

16回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年3月16日ディボーション

1歴代誌29章 『ダビデ個人と神との約束』 ●前の章ではダビデ王は、イスラエルのリーダーたちに向かってこれからのことを話します。この章ではイスラエルの全国民に向かって、神の宮は人のためではなく、神である主であるのでダビデは全力で準備をすることを民に告げます。 そのメッセージを聞いたイスラエルのリーダーたちから始め、民までも神の宮のために準備を始めたのです。そのイスラエルの人々を見てダビデは主に感謝

2021年3月15日ディボーション

歴代誌 第一 28章 『信仰者の歩む道』 ●学んだ事: 年老いたダビデがイスラエルの全ての長をエルサレムに召集して、彼が神に告げられた事を話すシーンからスタートする。その内容は、神殿建設の準備を今までしてきたが、神殿を立てる為に主が選ばれたのはソロモン。だから皆で彼を手伝ってくれ、、、と語る。あと少しなのに・・・ダビデが可哀想でならないが、主は彼の罪の故にこのような事を決定された。モーセがカナンの

2021年3月14日 ディボーション

1歴代誌27章 ダビデは、老年になり、ソロモンにその王位を禅譲する準備を始めた。特に最も大切なことは、ソロモンによって神殿を建立することだ。そのために、ダビデは石材、木材などの材料を準備し、さらに神殿で仕える賛美チーム、門衛などの組み分けも始めた。28章以降では、民のリーダーたちを集めて、神殿建立に際しての大切なメッセージを伝える。準備万端である。 ダビデにとっての悲願は、神殿の建立であった。しか