• HCCnichigo

2021年2月21日ディボーション


Ⅰ歴代誌6章


 カタカナの系図が続き、ひたすら名前の羅列が続く。このあたりで通読が途切れてしまいがちだが、なんとか乗り越えていこう。

 歴代誌の中心は、ダビデである。バビロンの捕囚となった民に対して、もう一度ダビデの礼拝を思い起こし、主に立ち返ろうというのがこの歴代誌の書かれた目的である。

 6章は、イスラエルの子孫である12部族のうち、レビ族の系図が書かれている。そして、

この6章31節~33節には、ダビデの幕屋に安置された契約の箱の前で奉仕する歌い手たちのことが記されている。 

 33節には、「歌い手ヘマン」。39節には「ヘマンの兄弟アサフ」(39)の名前が記されている。詩編の中にたびたび登場する名前だ。 

 契約の箱とは、神の臨在のしるしである。だからダビデは、契約の箱の前に歌い手たちを置いて、24時間、365日、賛美が絶えないようにした。

 ダビデは、数多くの詩編を書き記しているが、ダビデの賛美と礼拝は切り離すことができない。賛美は礼拝であり、礼拝は賛美である。

 契約の箱=神の臨在。その臨在に呼応する礼拝、賛美。今も私たちが捧げている礼拝の型がここにある。


語られたこと

 神の臨在の御前で、絶えず礼拝、賛美を捧げるものでありたい。バビロン捕囚という神殿が破壊された状況にある捕囚の民に対してのこのメッセージは、今の私たちへのメッセージとして響いてくる。 

祈り

 天の父なる神さま。私たちも絶えず、主の臨在の御前で礼拝と賛美を捧げる者でありますように。今日も、心から、魂から、私たちの主を賛美します。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


25回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年2月28日ディボーション

1歴代誌13章 この章には、衝撃的な事件が記されている。 ダビデが、その王位を確立した時に、真っ先にしたことが神の契約の箱を運び上ることだった。ここにダビデの信仰者としての姿勢が現れている。彼にとって大切なことは、何よりも神の臨在なのだ。 契約の箱は、神の臨在の象徴であり、その箱の存在を通して、神が私たちの神であり、私たちは神の民であることを確認するのである。そう考えると、この契約の箱がなおざりに

2021年2月27日ディボーション

歴代誌一 12章 『一心不乱の信仰』 ●学んだこと: 12章には、ダビデを王とするために決起した人々のリストが挙げられている。時系列で。サウル王に迫害を受けて逃亡していた頃、ペリシテに隠れていた頃、ヘブロンを統治していた頃・・・サムエル記や列王記の記憶がぽつりぽつりと蘇る。 国をあげてダビデ討伐の命令が出されていた最中でさえ、ダビデに味方した民は少なくなかった。国王を裏切るのだから、死刑覚悟、命が

2021年2月26日ディボーション

歴代誌 第一 11章 「万軍の主はわれらとともにおられる」 歴代誌はここで、全イスラエルの王ダビデが登場する。サウルに続く王様として、その繁栄と勢いには目を見張る。ダビデの町までできた。(この町は、イスラエルはエルサレムの旧市街に遺跡が発掘されて、今や多くの人々が訪れる場所になっている) そのようなダビデ王について記されている11章で、この度、私の心にとても響いたのは9節のみことばだ。 「ダビデは

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com