• HCCnichigo

2021年2月21日ディボーション


Ⅰ歴代誌6章


 カタカナの系図が続き、ひたすら名前の羅列が続く。このあたりで通読が途切れてしまいがちだが、なんとか乗り越えていこう。

 歴代誌の中心は、ダビデである。バビロンの捕囚となった民に対して、もう一度ダビデの礼拝を思い起こし、主に立ち返ろうというのがこの歴代誌の書かれた目的である。

 6章は、イスラエルの子孫である12部族のうち、レビ族の系図が書かれている。そして、

この6章31節~33節には、ダビデの幕屋に安置された契約の箱の前で奉仕する歌い手たちのことが記されている。 

 33節には、「歌い手ヘマン」。39節には「ヘマンの兄弟アサフ」(39)の名前が記されている。詩編の中にたびたび登場する名前だ。 

 契約の箱とは、神の臨在のしるしである。だからダビデは、契約の箱の前に歌い手たちを置いて、24時間、365日、賛美が絶えないようにした。

 ダビデは、数多くの詩編を書き記しているが、ダビデの賛美と礼拝は切り離すことができない。賛美は礼拝であり、礼拝は賛美である。

 契約の箱=神の臨在。その臨在に呼応する礼拝、賛美。今も私たちが捧げている礼拝の型がここにある。


語られたこと

 神の臨在の御前で、絶えず礼拝、賛美を捧げるものでありたい。バビロン捕囚という神殿が破壊された状況にある捕囚の民に対してのこのメッセージは、今の私たちへのメッセージとして響いてくる。 

祈り

 天の父なる神さま。私たちも絶えず、主の臨在の御前で礼拝と賛美を捧げる者でありますように。今日も、心から、魂から、私たちの主を賛美します。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


29回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年3月16日ディボーション

1歴代誌29章 『ダビデ個人と神との約束』 ●前の章ではダビデ王は、イスラエルのリーダーたちに向かってこれからのことを話します。この章ではイスラエルの全国民に向かって、神の宮は人のためではなく、神である主であるのでダビデは全力で準備をすることを民に告げます。 そのメッセージを聞いたイスラエルのリーダーたちから始め、民までも神の宮のために準備を始めたのです。そのイスラエルの人々を見てダビデは主に感謝

2021年3月15日ディボーション

歴代誌 第一 28章 『信仰者の歩む道』 ●学んだ事: 年老いたダビデがイスラエルの全ての長をエルサレムに召集して、彼が神に告げられた事を話すシーンからスタートする。その内容は、神殿建設の準備を今までしてきたが、神殿を立てる為に主が選ばれたのはソロモン。だから皆で彼を手伝ってくれ、、、と語る。あと少しなのに・・・ダビデが可哀想でならないが、主は彼の罪の故にこのような事を決定された。モーセがカナンの

2021年3月14日 ディボーション

1歴代誌27章 ダビデは、老年になり、ソロモンにその王位を禅譲する準備を始めた。特に最も大切なことは、ソロモンによって神殿を建立することだ。そのために、ダビデは石材、木材などの材料を準備し、さらに神殿で仕える賛美チーム、門衛などの組み分けも始めた。28章以降では、民のリーダーたちを集めて、神殿建立に際しての大切なメッセージを伝える。準備万端である。 ダビデにとっての悲願は、神殿の建立であった。しか