• HCCnichigo

2021年2月20日ディボーション

歴代誌第一 5章

『神さまファーストの勝利』


●学んだこと:


 部族の民は、生んだ生んだ生んだ、たまに産んだと記して血族が増える。王は、死んだ死んだ死んだで、代替わりが記されている。

 その人、その王、いろんな人生があっただろうに、アダムに始まる人類の壮大な系図は、その生涯を圧縮してそっけない。


 2節には「ユダは彼の兄弟たちの間で勢いを増し、君たるものもそこから出た」とある。ダビデの系図に誕生する、君たるイエスさま預言の発見だ!


 20節は、勝利の部族は「彼らが戦いのときに神に叫び求めたからである。」と、神さまファーストに、主により頼んだからこその祝福だったと伝える。

 困った時の神頼みではなく、順風満帆な時こそ謙遜に神さまに従う者でありたい。すごいチャレンジだけれども。

~主を恐れることは知恵の訓戒、謙遜は栄誉に先立つ。~ 箴言にはかしこまって引いてしまうけどそういうことだ。

 歴代誌が究極に伝えたいことは”神さまを尊ぶ者は良きに用いられ、神さまをないがしろにする者は軽んじられる、という真理なんじゃないだろうか。真理だからこその、単純明快なシンプルさ。ハードルは限りなく高い。高すぎる。

 それでもイエスさまの十字架を宿してこその、謙遜なる信仰者でありたい。ありたい、ありたい、ありたい。

●祈り:

 誰よりも低くへりくだり、謙遜でおられたイエスさまの生涯を想います。霊的な成長の旅路の途中にいる小さき者ですが、少しでもイエスさまの似姿に変えられていきますよう、憐み助けてください。

 イエスさまのお名前で感謝して祈ります。アーメン

39回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年3月16日ディボーション

1歴代誌29章 『ダビデ個人と神との約束』 ●前の章ではダビデ王は、イスラエルのリーダーたちに向かってこれからのことを話します。この章ではイスラエルの全国民に向かって、神の宮は人のためではなく、神である主であるのでダビデは全力で準備をすることを民に告げます。 そのメッセージを聞いたイスラエルのリーダーたちから始め、民までも神の宮のために準備を始めたのです。そのイスラエルの人々を見てダビデは主に感謝

2021年3月15日ディボーション

歴代誌 第一 28章 『信仰者の歩む道』 ●学んだ事: 年老いたダビデがイスラエルの全ての長をエルサレムに召集して、彼が神に告げられた事を話すシーンからスタートする。その内容は、神殿建設の準備を今までしてきたが、神殿を立てる為に主が選ばれたのはソロモン。だから皆で彼を手伝ってくれ、、、と語る。あと少しなのに・・・ダビデが可哀想でならないが、主は彼の罪の故にこのような事を決定された。モーセがカナンの

2021年3月14日 ディボーション

1歴代誌27章 ダビデは、老年になり、ソロモンにその王位を禅譲する準備を始めた。特に最も大切なことは、ソロモンによって神殿を建立することだ。そのために、ダビデは石材、木材などの材料を準備し、さらに神殿で仕える賛美チーム、門衛などの組み分けも始めた。28章以降では、民のリーダーたちを集めて、神殿建立に際しての大切なメッセージを伝える。準備万端である。 ダビデにとっての悲願は、神殿の建立であった。しか