• HCCnichigo

2021年2月20日ディボーション

歴代誌第一 5章

『神さまファーストの勝利』


●学んだこと:


 部族の民は、生んだ生んだ生んだ、たまに産んだと記して血族が増える。王は、死んだ死んだ死んだで、代替わりが記されている。

 その人、その王、いろんな人生があっただろうに、アダムに始まる人類の壮大な系図は、その生涯を圧縮してそっけない。


 2節には「ユダは彼の兄弟たちの間で勢いを増し、君たるものもそこから出た」とある。ダビデの系図に誕生する、君たるイエスさま預言の発見だ!


 20節は、勝利の部族は「彼らが戦いのときに神に叫び求めたからである。」と、神さまファーストに、主により頼んだからこその祝福だったと伝える。

 困った時の神頼みではなく、順風満帆な時こそ謙遜に神さまに従う者でありたい。すごいチャレンジだけれども。

~主を恐れることは知恵の訓戒、謙遜は栄誉に先立つ。~ 箴言にはかしこまって引いてしまうけどそういうことだ。

 歴代誌が究極に伝えたいことは”神さまを尊ぶ者は良きに用いられ、神さまをないがしろにする者は軽んじられる、という真理なんじゃないだろうか。真理だからこその、単純明快なシンプルさ。ハードルは限りなく高い。高すぎる。

 それでもイエスさまの十字架を宿してこその、謙遜なる信仰者でありたい。ありたい、ありたい、ありたい。

●祈り:

 誰よりも低くへりくだり、謙遜でおられたイエスさまの生涯を想います。霊的な成長の旅路の途中にいる小さき者ですが、少しでもイエスさまの似姿に変えられていきますよう、憐み助けてください。

 イエスさまのお名前で感謝して祈ります。アーメン

37回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年2月28日ディボーション

1歴代誌13章 この章には、衝撃的な事件が記されている。 ダビデが、その王位を確立した時に、真っ先にしたことが神の契約の箱を運び上ることだった。ここにダビデの信仰者としての姿勢が現れている。彼にとって大切なことは、何よりも神の臨在なのだ。 契約の箱は、神の臨在の象徴であり、その箱の存在を通して、神が私たちの神であり、私たちは神の民であることを確認するのである。そう考えると、この契約の箱がなおざりに

2021年2月27日ディボーション

歴代誌一 12章 『一心不乱の信仰』 ●学んだこと: 12章には、ダビデを王とするために決起した人々のリストが挙げられている。時系列で。サウル王に迫害を受けて逃亡していた頃、ペリシテに隠れていた頃、ヘブロンを統治していた頃・・・サムエル記や列王記の記憶がぽつりぽつりと蘇る。 国をあげてダビデ討伐の命令が出されていた最中でさえ、ダビデに味方した民は少なくなかった。国王を裏切るのだから、死刑覚悟、命が

2021年2月26日ディボーション

歴代誌 第一 11章 「万軍の主はわれらとともにおられる」 歴代誌はここで、全イスラエルの王ダビデが登場する。サウルに続く王様として、その繁栄と勢いには目を見張る。ダビデの町までできた。(この町は、イスラエルはエルサレムの旧市街に遺跡が発掘されて、今や多くの人々が訪れる場所になっている) そのようなダビデ王について記されている11章で、この度、私の心にとても響いたのは9節のみことばだ。 「ダビデは

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com