• HCCnichigo

2021年2月18日ディボーション

旧約聖書 歴代誌 第一 3章


『神様の御計画、現在進行中』


●学んだこと、語られたこと:


 一昨日から歴代誌に入った。サムエル記と列王記とほとんど一緒じゃない。これってコピーですか? と思う方もいらっしゃるかもしれない。ところがそんなに単純ではない。

 サムエル記、列王紀が預言者によって王宮での出来事にフォーカスした政治的歴史書を書いたのに対して、歴代誌は祭司エズラによって書かれたと言われている。タイトルはギリシャ語だとパラレイポメナと言って省略を意味するらしい。

歴代誌と2つの歴史書を比べると、沢山省略されている箇所がある。かいつまんで言うとダビデとダビデファミリーの黒歴史はカットされている。なぜなら、祭司のエズラにとってそれは最重要箇所ではなかったから。彼は祭司と言う視点から神殿建設に対する事を詳細に記している。ダビデ(1節)とソロモン(5節)によって最初の神殿が作られたのだから、彼にとっては素晴らしい王だったのだ。このように、もう一度同じ箇所を書きつつ、筆者の追記が施されいてる記入方法をを再記述の法則と言うらしい。

 詳しく説明はしていないが、有名なバテ・シェア(5節)、タマル(9節)の名前も残されいている。ダビデファミリーの黒歴史の重要人物達。しかしその黒歴史から私たちは学んだ事がある。神様は何度も人々の罪をお許しになる。そして祝福してイエス様の誕生へと繋がる。 

 神様の御計画は私たちの想像を超える時間を費やす。神様の御計画はまだまだ続いているのだ。先人達によって書き残された歴史書から神様が確かに私たちに働かれ、幸福へと導かれたことが記されている。それも壮大な時間の中で。「主の御前では、一日が千年のようであり、千年は一日のようです」(ペテロの手紙 第2 1:8)と語られている。どんな未来を神様が御計画されいてるのか。コロナウイルスが天然痘のように撲滅される日も神様の御計画にあるのであろう。

 それからディボーションをこうやって皆にシェアすることを反対する方もいらっしゃる。しかしシェアしてもしなくてもどっちでも良いのです。なぜならサムエルとエズラのように立場や見ている方向が違う。違う表現方法があっても良いのです。なぜならそれは、それぞれの人々が神様からの啓示によって立たされたのだから。「みんな違ってみんないい」金子みすずさんが詩にに綴っています。神様にとってどんな罪人でも従順に悔い改める事により天国への道が開かれます。皆それぞれの立ち位置で、神様に用いられ、神様の愛を伝える者と鍛えられていく。神によって皆家族、しかし餅は餅屋。境界線を超える必要は無い。


●祈り:


 天の父なる神様。いつも沢山の恵み、お導き、新しい出会いをありがとうございます。あなたの歴史書の中の一人としてどんな役割を私に与えたのか、いつか教えて下さい。先人達のように黒歴史があったとしても従順に神さまの元に自分を表現できる私にして下さい。私をあなたの子と呼んでくださる事、心から感謝しています。イエス様のお名前によって御前にお捧げいたします。アーメン

21回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年2月24日 ディボーション

歴代誌 第一  9章 ●語られたこと: バビロン捕囚から解放されて70年後に帰還して、それぞれの所有地に最初に住み着いたのは、イスラエルの人々、祭司たち、レビ人および宮のしもべたちであった。エルサレムには、ユダ族、ベニヤミン族、エフライムおよびマナセ続の者が住んだ。その系図が述べられている。そして、彼らのそれぞれの働きがここに詳細にのべられている。 門衛、主の宮の器具の管理、安息日にパンを用意する

2021年2月23日ディボーション

旧約聖書:1歴代誌8章 「ベニヤミンの系図」 ●ベニヤミンはヤコブ(イスラエル)の12番目に生まれた末っ子です。 その子孫の名がこの8章では述べられています。 ベニヤミン族はサウル王の家系でもあります。 しかもベニヤミン族はサウル王の不始末により、消滅しかかりました。(2サムエル記9章) しかしユダ族の王、ダビデの寛容によりわずかな人たちが残り、イスラエルが分裂した時には、南ユダ王国側に統合され、

2021年2月22日 ディボーション

歴代誌 第一 7章 『ヌンの子ヨシュア』 ●語られたこと: 第7章もヤコブの12人の子供達のうちの一部の家系が登場する。その中でも11男ヨセフの子供達の話に心引き寄せられた。なぜならエゼルとエルアデは家畜を奪おうとして殺されている。(21節)しかし、その後に続く人々の中からヌンの子ヨシュアが登場する(27節) ここで二つの事を考えた。まず一つ目。ヤコブの家族は主に祝福されていて、家畜を奪わなければ

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com