• HCCnichigo

2021年2月16日ディボーション


Ⅰ歴代誌1章


『人類の系図』


●名前がゾロゾロと出て来て理解しにくいので私なりにまとめてみました:

・1-3節、アダムからノアが生まれるまで(ノアの洪水で、ノアの家族のみ残る)

・4-26節、ノア~テラ(世界中の人々は、セム、ハム、ヤペテの子孫)

・27-33節、アブラハム~イサクとイシュマエル (神への信仰が始まる)

・34-38節、イサク~エサウ(エドム人と呼ばれる、セイルの地に住む)とイスラエル(ヤコブ)

・39-42節、エサウの孫や子孫たち

・43-54節、エサウの子、エドムの子孫たち(創世記36章43節)

聖書をそのまま伝えれば、人類の系図です。ノアの子孫はセム、ハム、ヤペテでこの後、色々な人種が生まれますが、私が思ったのは奥さんの影響が大きいと思います。 一般的に白人、黄色人、黒人と私たちは分けてしまいますが住んだ所が違っていたという事で良いのと思います。

●教えられたこと:

 アブラハムは信仰の父と呼ばれて、色々な子孫が生まれます。現在はDNA関連で身体的な事で子孫を分けますが、聖書では霊的な関係が特に大事なのです。

 次の章に出て来ますが、ユダヤ人とかいう血の繋がりによっては、救いが無いのです。同じ人間の祖先として生まれたのに、戦いがずっと続いていることは悲しい事です。人種の違い、血の繋がりで人は救われないというのがこのメッセージだと思いました。

 もう一つ大事なのは子孫が続く意味もあるという事でして、親から子に伝えていかないといけない事でもあるのです。 平和の子孫が続くことは神の祝福なのです。

●お祈り:

天のお父様、この様にしてドンドンと人から人へと信仰が続くことを感謝します。しかし、イエス様がいらっしゃらなければ、信仰が続きません。どうかあなたとの私との信仰を増してください。

その信仰が永遠に続きますようにイエスの名によってお祈りします。 アーメン

21回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年2月28日ディボーション

1歴代誌13章 この章には、衝撃的な事件が記されている。 ダビデが、その王位を確立した時に、真っ先にしたことが神の契約の箱を運び上ることだった。ここにダビデの信仰者としての姿勢が現れている。彼にとって大切なことは、何よりも神の臨在なのだ。 契約の箱は、神の臨在の象徴であり、その箱の存在を通して、神が私たちの神であり、私たちは神の民であることを確認するのである。そう考えると、この契約の箱がなおざりに

2021年2月27日ディボーション

歴代誌一 12章 『一心不乱の信仰』 ●学んだこと: 12章には、ダビデを王とするために決起した人々のリストが挙げられている。時系列で。サウル王に迫害を受けて逃亡していた頃、ペリシテに隠れていた頃、ヘブロンを統治していた頃・・・サムエル記や列王記の記憶がぽつりぽつりと蘇る。 国をあげてダビデ討伐の命令が出されていた最中でさえ、ダビデに味方した民は少なくなかった。国王を裏切るのだから、死刑覚悟、命が

2021年2月26日ディボーション

歴代誌 第一 11章 「万軍の主はわれらとともにおられる」 歴代誌はここで、全イスラエルの王ダビデが登場する。サウルに続く王様として、その繁栄と勢いには目を見張る。ダビデの町までできた。(この町は、イスラエルはエルサレムの旧市街に遺跡が発掘されて、今や多くの人々が訪れる場所になっている) そのようなダビデ王について記されている11章で、この度、私の心にとても響いたのは9節のみことばだ。 「ダビデは

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com