• HCCnichigo

2021年2月15日ディボーション

ペテロの手紙 第二 3章


「これらのことを待ち望んでいるのなら、しみも傷もない者として平安のうちに神に見出していただけるように努力しなさい。」(14節)

●語られたこと:

 日曜日に礼拝の後に、兄弟姉妹とマカプウハイキングに行った。いい加減な私は日焼け止めを適当に塗った。そうしたら・・・腕にまだらに日焼けの跡が残った。かなり恥ずかしいまだら模様だ。きっとこれはしみになる・・・

 この手紙が書かれた当時、生まれつきの欠陥は「しみ」、生後に加えられたものは「傷」として生け贄の動物にある欠陥の事を示していたらしい。ペテロ先生が14節で「しみも傷もない者として平安のうちに神に見出していただけるように努力しなさい」と語ってくれている。さらに、この手紙、1節にあるように”2度目の手紙”で「これらの手紙により、私はあなた方の記憶を呼び覚まして、純真な心を奮い立たせたいのです」と言われている。それだけペテロ先生が大切と思うことだったのだと思う。

 大事なのは日焼け止めの塗り方や、日焼け止めのSPFが高いものを使う・・・という話では無く、シミができても、傷ができても神様の前に大胆に自分を現せるかだと思う。私たちは主の目に尊い存在。だから主の御計画の中でシミができても、傷ができてもそれを恥ずかしいと思わず、神様の前に歩み出ることではないだろうか。欠陥だらけの私が神様に救われて、今生かされている。それだけで幸せだと思えるように、心が癒された。これこそ神様からの1番のギフト。平安だと思う。そんなギフトがある事を、イエス様の愛を知らない人たちにも伝えたい。

「私たちの主であり、救い主であるイエス・キリストの恵と知識において成長しなさい」(18節)とペテロ先生は締め括る。神様の恵によって日々与られる一つ一つの事を大切に受け止めたい。


●祈り:

 天の父なる神様。今日も兄弟姉妹と共に歩み語りあう時間をありがとうございます。そうやって、神様、あなたは私たちを成長させてくださっています。心から感謝します。どんなシミや傷があっても、隠さずにあなたの御前に自分を大胆の現せるように整えてください。イエス様のお名前によって、御前にお捧げいたします。

17回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年2月28日ディボーション

1歴代誌13章 この章には、衝撃的な事件が記されている。 ダビデが、その王位を確立した時に、真っ先にしたことが神の契約の箱を運び上ることだった。ここにダビデの信仰者としての姿勢が現れている。彼にとって大切なことは、何よりも神の臨在なのだ。 契約の箱は、神の臨在の象徴であり、その箱の存在を通して、神が私たちの神であり、私たちは神の民であることを確認するのである。そう考えると、この契約の箱がなおざりに

2021年2月27日ディボーション

歴代誌一 12章 『一心不乱の信仰』 ●学んだこと: 12章には、ダビデを王とするために決起した人々のリストが挙げられている。時系列で。サウル王に迫害を受けて逃亡していた頃、ペリシテに隠れていた頃、ヘブロンを統治していた頃・・・サムエル記や列王記の記憶がぽつりぽつりと蘇る。 国をあげてダビデ討伐の命令が出されていた最中でさえ、ダビデに味方した民は少なくなかった。国王を裏切るのだから、死刑覚悟、命が

2021年2月26日ディボーション

歴代誌 第一 11章 「万軍の主はわれらとともにおられる」 歴代誌はここで、全イスラエルの王ダビデが登場する。サウルに続く王様として、その繁栄と勢いには目を見張る。ダビデの町までできた。(この町は、イスラエルはエルサレムの旧市街に遺跡が発掘されて、今や多くの人々が訪れる場所になっている) そのようなダビデ王について記されている11章で、この度、私の心にとても響いたのは9節のみことばだ。 「ダビデは