• HCCnichigo

2021年2月15日ディボーション

ペテロの手紙 第二 3章


「これらのことを待ち望んでいるのなら、しみも傷もない者として平安のうちに神に見出していただけるように努力しなさい。」(14節)

●語られたこと:

 日曜日に礼拝の後に、兄弟姉妹とマカプウハイキングに行った。いい加減な私は日焼け止めを適当に塗った。そうしたら・・・腕にまだらに日焼けの跡が残った。かなり恥ずかしいまだら模様だ。きっとこれはしみになる・・・

 この手紙が書かれた当時、生まれつきの欠陥は「しみ」、生後に加えられたものは「傷」として生け贄の動物にある欠陥の事を示していたらしい。ペテロ先生が14節で「しみも傷もない者として平安のうちに神に見出していただけるように努力しなさい」と語ってくれている。さらに、この手紙、1節にあるように”2度目の手紙”で「これらの手紙により、私はあなた方の記憶を呼び覚まして、純真な心を奮い立たせたいのです」と言われている。それだけペテロ先生が大切と思うことだったのだと思う。

 大事なのは日焼け止めの塗り方や、日焼け止めのSPFが高いものを使う・・・という話では無く、シミができても、傷ができても神様の前に大胆に自分を現せるかだと思う。私たちは主の目に尊い存在。だから主の御計画の中でシミができても、傷ができてもそれを恥ずかしいと思わず、神様の前に歩み出ることではないだろうか。欠陥だらけの私が神様に救われて、今生かされている。それだけで幸せだと思えるように、心が癒された。これこそ神様からの1番のギフト。平安だと思う。そんなギフトがある事を、イエス様の愛を知らない人たちにも伝えたい。

「私たちの主であり、救い主であるイエス・キリストの恵と知識において成長しなさい」(18節)とペテロ先生は締め括る。神様の恵によって日々与られる一つ一つの事を大切に受け止めたい。


●祈り:

 天の父なる神様。今日も兄弟姉妹と共に歩み語りあう時間をありがとうございます。そうやって、神様、あなたは私たちを成長させてくださっています。心から感謝します。どんなシミや傷があっても、隠さずにあなたの御前に自分を大胆の現せるように整えてください。イエス様のお名前によって、御前にお捧げいたします。

17回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年2月24日 ディボーション

歴代誌 第一  9章 ●語られたこと: バビロン捕囚から解放されて70年後に帰還して、それぞれの所有地に最初に住み着いたのは、イスラエルの人々、祭司たち、レビ人および宮のしもべたちであった。エルサレムには、ユダ族、ベニヤミン族、エフライムおよびマナセ続の者が住んだ。その系図が述べられている。そして、彼らのそれぞれの働きがここに詳細にのべられている。 門衛、主の宮の器具の管理、安息日にパンを用意する

2021年2月23日ディボーション

旧約聖書:1歴代誌8章 「ベニヤミンの系図」 ●ベニヤミンはヤコブ(イスラエル)の12番目に生まれた末っ子です。 その子孫の名がこの8章では述べられています。 ベニヤミン族はサウル王の家系でもあります。 しかもベニヤミン族はサウル王の不始末により、消滅しかかりました。(2サムエル記9章) しかしユダ族の王、ダビデの寛容によりわずかな人たちが残り、イスラエルが分裂した時には、南ユダ王国側に統合され、

2021年2月22日 ディボーション

歴代誌 第一 7章 『ヌンの子ヨシュア』 ●語られたこと: 第7章もヤコブの12人の子供達のうちの一部の家系が登場する。その中でも11男ヨセフの子供達の話に心引き寄せられた。なぜならエゼルとエルアデは家畜を奪おうとして殺されている。(21節)しかし、その後に続く人々の中からヌンの子ヨシュアが登場する(27節) ここで二つの事を考えた。まず一つ目。ヤコブの家族は主に祝福されていて、家畜を奪わなければ

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com