• HCCnichigo

2021年2月13日ディボーション

ペテロの手紙第二 1章

『好好爺ペテロからのラブレター』

●学んだこと:

 前章でペテロは、「私は簡潔に書き送り、勧めをし、これが神のまことの恵みであることを証ししました。」(Ⅰペテ5:12)と語っている。

 確かにペテロの手紙は簡潔、コンパクトだ。短いながらもイエスさまの公生涯と復活と再臨を、ていねいに言葉を吟味しながら書き記している。マタイやマルコなど、福音の総まとめ的な存在ともいえる。さすがイエスさまの一番弟子!(筆者はペテロではないとする見方もあるようですが)

 手紙の宛先は、”ペテロと同じ尊い信仰を受けた方々へ”。私のことをペテロと同じ信仰の兄弟と認めてくれているというわけだ。

 そして「神のご性質にあずかる者となるために」、霊的な成長に励みなさい、現状維持では後退しますよ、と親身に忠告する。「あなたがたは与えられた真理に堅く立っている」(1:12)とリスペクトしてくれた上で、ペテロの残された人生は「あなたがたを奮い立たせること」、信仰の応援団長としてエールを送り続けることだと、遺言めいた思いも吐露している。

 純情で、直裁で、血気盛んだったペテロも齢を重ね、好好爺になった。

「だからこそ、あなた方はあらゆる熱意を傾けて、信仰には徳を、徳には知識を、知識には自制を、自制には忍耐を、忍耐には敬虔を、敬虔には兄弟愛を、兄弟愛には愛を加えなさい」(1:5~7)

 このアドバイスは、ペテロの信仰の歩みそのものだったのだろう。イエスさまの似姿になるための体現の証し。そしてお爺さんになっても、熱い霊的成長を続けた生涯。

 なんて温かな励まし、そして何度でも読みたい、味わいたいと思わせてくれる優しくわかりやすい文体。その深さと永遠性。ハレルヤ! 私も簡潔な祈りと交わりを心がけよう。

 ローマで殉教したといわれるペテロは、初代ローマ教皇としてヴァチカンのサン・ピエトロ大聖堂の墓で眠っている。

●祈り:

 信仰は私が獲得したのではなく、神さまから授かったものです。いただいた恵みが健やかに育ちますよう、みことばを正しく理解できる目を養ってください。みことばを感謝できる心を養ってください。みことばを分かちあえる愛を養ってください。

27回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年2月24日 ディボーション

歴代誌 第一  9章 ●語られたこと: バビロン捕囚から解放されて70年後に帰還して、それぞれの所有地に最初に住み着いたのは、イスラエルの人々、祭司たち、レビ人および宮のしもべたちであった。エルサレムには、ユダ族、ベニヤミン族、エフライムおよびマナセ続の者が住んだ。その系図が述べられている。そして、彼らのそれぞれの働きがここに詳細にのべられている。 門衛、主の宮の器具の管理、安息日にパンを用意する

2021年2月23日ディボーション

旧約聖書:1歴代誌8章 「ベニヤミンの系図」 ●ベニヤミンはヤコブ(イスラエル)の12番目に生まれた末っ子です。 その子孫の名がこの8章では述べられています。 ベニヤミン族はサウル王の家系でもあります。 しかもベニヤミン族はサウル王の不始末により、消滅しかかりました。(2サムエル記9章) しかしユダ族の王、ダビデの寛容によりわずかな人たちが残り、イスラエルが分裂した時には、南ユダ王国側に統合され、

2021年2月22日 ディボーション

歴代誌 第一 7章 『ヌンの子ヨシュア』 ●語られたこと: 第7章もヤコブの12人の子供達のうちの一部の家系が登場する。その中でも11男ヨセフの子供達の話に心引き寄せられた。なぜならエゼルとエルアデは家畜を奪おうとして殺されている。(21節)しかし、その後に続く人々の中からヌンの子ヨシュアが登場する(27節) ここで二つの事を考えた。まず一つ目。ヤコブの家族は主に祝福されていて、家畜を奪わなければ

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com