• HCCnichigo

2021年2月12日ディボーション

ペテロの手紙第一 5章


『御手の下にへりくだる』


6節「ですから、あなたがたは神の力強い御手の下にへりくだりなさい。神は、ちょうど良い時に、あなたがたを高く上げてくださいます。」


 「御手の下にへりくだりなさい。」という箇所から、新たに語られた。「謙遜」イコール「へるくだること」なのは、漠然と理解していた。しかし、何故にここでペテロは「神の力強い御手の下に…」とピンポイントで招いているのだろうか。

 それを実践するのには、まず私自身の何か…を全て置いて、神様ご自身とその力強い御手を認めるところから始まる。


 ハワイ発のクリスチャンブランドに、“HE>i”(He is greater than I)があるが、まさに「偉大な神様>私」(>は大小関係を示す不等号を表している)を認めて、この偉大なお方の前にひれ伏すことから、この聖句にある謙遜は始まると思った。


 そして、今回恵みとして語られたのは、次のことである。


 このお方なしには何もできない自分を知って、このお方の前に歩み出る時、私たちは不思議にも神様の力強い御手を体験するという恵みだ。それは御手の下にあって守られている自分、力強い御手にしっかり覆われている自分であり、この恵みはそれだけでは終わらない。

 私ではなく、神様にとってちょうど良い時(神様のベストタイミングに)に、私をその力強い御手で引き上げてくださるのだ。

天のお父様、

あなたの愛を感謝します。あなたの力強い御手の下に歩み出る、へりくだる心と信仰を私にお与えください。いつも、そして、これからもずっと、あなたの力強い御手のうちを歩めますように。アーメン。

12回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年2月28日ディボーション

1歴代誌13章 この章には、衝撃的な事件が記されている。 ダビデが、その王位を確立した時に、真っ先にしたことが神の契約の箱を運び上ることだった。ここにダビデの信仰者としての姿勢が現れている。彼にとって大切なことは、何よりも神の臨在なのだ。 契約の箱は、神の臨在の象徴であり、その箱の存在を通して、神が私たちの神であり、私たちは神の民であることを確認するのである。そう考えると、この契約の箱がなおざりに

2021年2月27日ディボーション

歴代誌一 12章 『一心不乱の信仰』 ●学んだこと: 12章には、ダビデを王とするために決起した人々のリストが挙げられている。時系列で。サウル王に迫害を受けて逃亡していた頃、ペリシテに隠れていた頃、ヘブロンを統治していた頃・・・サムエル記や列王記の記憶がぽつりぽつりと蘇る。 国をあげてダビデ討伐の命令が出されていた最中でさえ、ダビデに味方した民は少なくなかった。国王を裏切るのだから、死刑覚悟、命が

2021年2月26日ディボーション

歴代誌 第一 11章 「万軍の主はわれらとともにおられる」 歴代誌はここで、全イスラエルの王ダビデが登場する。サウルに続く王様として、その繁栄と勢いには目を見張る。ダビデの町までできた。(この町は、イスラエルはエルサレムの旧市街に遺跡が発掘されて、今や多くの人々が訪れる場所になっている) そのようなダビデ王について記されている11章で、この度、私の心にとても響いたのは9節のみことばだ。 「ダビデは